屋根工事

屋根風の力

2007年5月18日

五月晴れの今日。

下の写真をご覧ください。

少し釘が頭を出しております。

屋根釘緩み

これは大屋根棟の部分で、打ち付けてある釘が
長年の風などで瓦が動き浮いたりを重ねて釘が
緩みだした光景です。

屋根釘浮き

ちょっとしたこのような現状が瓦が外れたり、浮いた釘の穴から
雨が進入していくのです。

釘埋め込み

釘を元に戻し、透明のコーキングで水漏れしないように釘頭を
固めました。

釘頭打ち付け

現状の釘を打ちつけましたが、この釘も外れて無くなって
しまたら新しい釘を打ちつけます。しかしその釘が長すぎたりしたら
下地材を貫通してそこから雨漏りになることもありますので、
安心して施工してくれる業者に頼みましょう。

屋根釘コーキング

けっして突然の飛び込みで、無料で点検しますという言葉に乗っては
いけません。
素人のお客様はそう簡単に屋根に登ることができません。
確認することができない場所をどこの馬の骨かも分からない
業者に委ねるのは大変危険でございます。

 

屋根釘コーキング2

一番大切なことは工事を終えた後にメンテナンスに来てくれる
お付き合いのできる業者を独自で作り上げるのが必要と感じます。

屋根釘コーキング3

まずはLINEで無料相談!
友だち追加
気になるところの写真を送信して簡単お見積り

人気の記事

-屋根工事
-, , ,

© 2020 ナイガイセルフ