屋根工事

明日からまた雨みたいだけど

2006年11月25日

「薄井さん 屋根からなんか落っこてきたんだけど、ちょっと視てくれる?」
と温和な声でリピーター顧客の神田様から電話がありました。

翌日調査に伺いました。

大屋根を上がって視てみたら、頂点のトタン板が全部吹っ飛んで
無い状態でございました。先日の大風でトタン板が剥がれ落ちたのです。

トタン板剥がれ1

しかし枚数が足りないことと、その前から外れて無い所もあり
結局全部無くなってこのような状態でございました。

トタン板剥がれ2

この写真を神田ご夫妻に見ていただき、工事を依頼されました。

ご主人様から親戚に塗料屋がいるんだけれど、その材料を使って塗装は
どうかと尋ねられました。
弊社も塗装は専門なのでありがたいことなのですが
現状を視て、既存のコロニアルが老朽化しており、前に塗り返した塗装も
剥がれが著しいので塗装はお勧めしませんでした。

屋根汚れ

写真左側の北面部分はご覧の通り、コケとホコリのオンパレードでございました。

神田様には3年前室内が夏になると暑くて居られないということで
天井・壁・床に断熱材を敷き詰めたリホーム工事を賜りました。

そのこともあったので断熱効果も高めるためコロニアル重ね葺きを提案
させていただき、今日工事に取り掛かりました。

断熱効果も高めるためコロニアル重ね葺き

先ず、下地骨組み垂木の構造を調べてレベルをとり、
下地コンパネを張る位置を確認します。

 

 

下地骨組み垂木の構造を調べてレベルをとり

12ミリの厚手のコンパネを打ち付け

確認できたところで、12ミリの厚手のコンパネを打ち付けていきます。

コンパネを打ち付けます

その後はババババーンと流れ作業でございます。

コンパネを敷き詰めます

 

ルーフィング材を敷きます

コンパネを全面に打ち付けたら、次にルーフィング材を敷きます。

コロニアル材の敷き詰め

そして仕上げにコロニアルを下から重ねて張りつけていきます。

コロニアル材敷き詰め風景

今頃は雨も降らないから工事はいつでもいいよと奥様から言われていましたが
雨が続いて一昨日の夜雨も降ってきたので、早速今日工事を行ないました。
明日の午後からまた雨が続く予報だと奥様が心配していましたが、もう大丈夫。

午後4時過ぎ。半面仕上がり、残りの部分は日曜日の明日午前中で仕上がります。
雨よその日まで降らないで・・・・お願い。

しかし今日は風も無く穏やかな一日でしたね。

まずはLINEで無料相談!
友だち追加
気になるところの写真を送信して簡単お見積り

人気の記事

-屋根工事
-, , , ,

© 2020 ナイガイセルフ