塗装工事

インドのペンキ屋さん

2007年1月22日

今月はインド特集です。

今日はインドのペンキ屋さんを紹介いたします。

とあるホテルのカフェテラスでビールを飲みながら
ニラジ (旅の相方インド人)と人生を語っていました。
ほろ酔い気分になってしまったので、外の空気を
吸いたくなり庭先に足を踏み入れたら、若者が数人
刷毛を持って作業をしていました。

インドで出会ったペンキ屋さん

海外の建築施工現場を拝見できるのも絶好のチャンスと思い
職人の和の中に入っていきました。

「 アイム ペインター 」と私が自己紹介したら

「 ユー アー ライア (嘘つき)」と言われてしまいました。

インドのペンキ屋さんの屋根塗装風景

インドの塗装業の社会的地位はかなり低いものがあります。
日本も塗装職人のイメージはあまりよくありません。

これから日本の職人の社会的地位もインドと同じことになる
確立は高いし、そうではなく技術者としてイメージアップ
していくのもこれからの日本建築職人の課題となるでしょう。

ぼろは着てても心は錦という時代はこれからはありえません。

常に格好いい態度振る舞い・マナーが必要になってくるのです。

インドのペンキ屋さん命がけの屋根塗装。インドでは足場を架けないんですね。

安全性の低い綱を握り締めながら、作業をしているのは
熟年の職人ではなく、バイトのような兄ちゃんが塗装しているのです。

 

インドのペンキ屋さんと記念写真。右側がふじみ野市でリフォーム・塗装業を提供しているナイガイセルフ代表薄井です。

 

危険な作業をこうして笑顔で仕事をしているのです。
日本の若者はこの先こうした汚い仕事はしなくなり
建築職人の人手不足がそう遠くない将来やってきます。

インドの貧しい若者に今足りないものは教育だけですので
知識を身につけたら、優秀な労働者が現れると思います。

日本の青年よ、うかうかしていると居場所がなくなる
ざんすよ。明日はわが身ざんす。

まずはLINEで無料相談!
友だち追加
気になるところの写真を送信して簡単お見積り

人気の記事

-塗装工事
-, , ,

© 2020 ナイガイセルフ