アステックペイントの最近のブログ記事

NO683 太陽光発電と遮熱塗料

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 

今晩は薄井宣正です。

今日は遮熱防水塗料と今年経営革新として取り入れた

太陽光発電についてお話していきます。

fdksljrto5.JPG

弊社は遮熱塗料を強く推奨しています。

中でもオーストラリア産のトップメーカーアステックペイントの代理店として

弊社も施工しています。

fjslrl;ky555.JPG

省エネ塗料として最も注目を集めているエナジースター認定の水性塗料です。

過去 施工として塗りづらい点がありましたが、アステック日本支社で新たに

改良を加え、かなり日本の風土に適した塗料になってきました。

今回、前回もブログで紹介いたしましたが、知り合いの建設会社の自社ビル

屋上を前面遮熱防水塗料で施工させていただきました。

色は一番反射率の高い白で施工しました。

汚れが目立つ欠点はありますが、陸屋根ですので外から見えないこともあり

見栄えよりも遮熱効力を重視した色にしました。

これにより室内温度を下げ、冷房効果と省エネに貢献していきます。

 

kerlpp3.JPG

まぶしすぎるほどの反射です。

表面温度は半減されます。裸足でも暑くはありません。

 

 

kslr4.JPG

また、こちらのオーナー様は何年も前からこの太陽光発電を取り入れ

データーを集めながらお客様により良い提案をするため研究を重ねています。

今太陽光発電も注目を集めていますが、新築と既存の後付けには

いろいろ課題も出てくると思います。

また、地球温暖化は人工的なエネルギー排出の原因とされていますが

私はそれだけが原因ではないと思います。

たかが産業革命から100年位の時間の流れの中で地球の温度が

異常に変動するとは考えられません。

太陽です。太陽の温度が上昇していることにも目を向けていかなければ

いけないのではないでしょうか?

マスコミや政府の情報だけを鵜呑みにするのではなく

これからの地球を考えていこうではありませんか。

そのために太陽と関連した事業に取り組んでいこうと思います。

 

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック してください。

 

 

No618 食わず嫌い

| コメント(0)

今晩は薄井宣正です。
今夜福田総理が辞意を表明しました。
驚きです。

あなたは食べ物の好き嫌いはありますか?

私はお蔭様でありません。ゲテモノ以外は・・・・

ではその他のことではどうでしょう?

人間関係では? 物事の選択では?

RIMG8072.JPG

この現場は先日ブログで紹介したアステック遮熱塗装試験現場である。

【 2008/8/5日 エントリー No616 モニター試験遮熱塗装 参照 】

RIMG8073.JPG

今回はアステックペイント東京支社営業の中島様に動向
してもらい、ビルオーナーに遮熱防水の詳しい説明を協力
していただいた。

色々な質問が飛び交い、それに対して精神誠意対応させて
もらった。

そんな熱心なビルオーナーから

「私は、必ず自分の目で確かめ とにかく気に掛けたら
つまんでみる 食べてみる 食べて 食べて 不味ければ
捨ててしまえばいいし 美味ければ食べ続ける
決して食べず嫌いでは物事はわからない」 と 語ってくれた。


RIMG8074.JPG

上の写真は屋上にある太陽ソーラーのデーター取りのメーター
である。 データー収集してよければこの商品を商売として
お客様に勧めていくらしい。

一つ一つ丁寧に説明をしていただいた。

素晴らしいお方だ。

遮熱塗装にもかなりの興味を抱いてくれた。

食べず嫌いでは物事の真髄は見えてこない。
固定観念・先入観は自分を狭めてしまう。

つまみ食いもいけないという固定観念があるが
咀嚼していくことで健康な心体を作ることができるのでは
ないだろうか・・・・・

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい

No616 モニター試験遮熱塗装

| コメント(0)

今晩は薄井宣正です。

今日はすごい豪雨で都心では大きな被害と
亡くなられた方の犠牲がでてしまった。

そんな中今日は東村山市のとある社長様の会社ビル
のシート防水の上にアステックペイントの遮熱塗料の
試験塗装をおこなった。

オーナー様とは5年前に知り合い、暑中見舞いの手紙に
この遮熱塗料の広告チラシも添えて送らせてもらった。

この遮熱塗装に興味を示してくれたが、いまいち信用していない
様子でしたので、今回無料で一部を試験塗装をさせていただいた。

それだけ弊社としては自信があり、このアステックペイントを多くの方
に認知してもらいたい一念もある。


RIMG8020.JPG

先ずは下塗として水性2液のエピテックプライマーを塗装していく。

RIMG8024.JPG

午前11時ごろ、蒸し暑いこのときの既存シート防水の
表面温度は70.6度。

RIMG8025.JPG

下塗を終え、中塗アステックEC-100ダートガードを塗装。
乾燥させ昼食を済ませ12時45分の温度は36.8度。

RIMG8039.JPG

ご覧になって手前の下塗塗装次に中塗塗装そして
緑のテープから奥が2度塗りした状況です。

RIMG8034.JPG
RIMG8052.JPG


オーナー社長からマイセンサー温度計を渡され
これで測って報告してくれということで
その温度計でも測ってみた。

RIMG8046.JPG

既存シート防水午後12時50分気温は50.5度。
ところがこのとき曇りで空模様は突然どす黒い色に
様変わりしてきたのである。
これが今日のすざましい豪雨の前兆だったのだ。

RIMG8047.JPG

2度塗が完了した部分の気温は同時刻28.5度。
なんと22度の差となった。
それも曇りでこの差だ。

表面が乾いたのを確認して小平の現場に向かう途中
激しい雨が降ってきた。
雨が止んだ午後3時過ぎ、もう一度戻って現場を確認
しに伺った。

乾きの速乾性も改めて確認できた。
2cm四方くらいが激しい雨に打たれて2度塗り部分が
溶けてしまった箇所が1箇所目に付いたが
後は全然問題なかった。

後日日を改めて手直しに伺うことにする。

後日改めて試験の結果を報告させてもらいます。

この日に亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に
私のまわりでこのような災難に遭わなかったことに
心より感謝するしだいだ。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

No 614 温度差

| コメント(0)

今晩は薄井宣正です。
毎日暑いですね。

暑いといえばあなたの部屋の中はどんな感じですか。
クーラーが効いているから大丈夫ですか?

体感気温が1度違うとどのくらい違うか考え感じたことは
ありますか?

RENAME_Manual_20080728_19.jpg


今回は前回の続き、弊社推奨の遮熱塗料 アステックペイントIRグロス
の紹介をいたします。
そして、今日は温度差について紹介させていただきたいと思います。


RIMG7622.JPG

RIMG7716.JPG

既存のコロニアル屋根の温度。
センサー付き温度計で計りました。
平成20年7月1日 午後1時 気温61.8度


RENAME_Manual_20080728_21.jpg

下塗プライマーをした後、中塗アステックペイントIRグロスを塗りました。

RIMG7725.JPG

乾燥させて午後3時25分。
西日が照り返す熱い屋根の気温は、49.6度。

RENAME_Manual_20080728_20.jpg

明けて7月2日快晴。
この日上塗アステックペイントIRグロスを塗りました。

RIMG7748.JPG

気温45.9度。
施工前との温度差が同じ時刻の午後1時 約15.9度の差がありました。

これはすごいことだと思います。

ただ先日法人様にこの資料を持って説明させていただいたら

「同じ日に何故やらないの 次の日が曇りだとか 温度が違うんじゃ
ないの 俺だったらそこをつつくよ」

とアドバイスを戴きました。
私としては、同じ場所で同時刻の比較を見てもらいたいと思って
いましたし、翌日のほうが快晴でありましたので、問題ないと
思っていましたが、いろんな考え見方があるのだなーと
参考にさせていただきました。

これからの課題です。

室内の温度か1度違うだけで、クーラーの消費電力はかなり
減少できます。

電気代もかなり違います。

G7820.JPG

遮熱塗料はこれからの塗料であり、
紫外線が日本の3倍ふりそそぐオーストラリア産アステックペイント
で弊社は次世代に貢献していきます。

No613 屋根遮熱アステックIRグロス

| コメント(0)

今晩は薄井宣正です。
今日は遮熱塗料アステックペイントIRグロスの紹介をいたします。


RIMG7684.JPG

これから夏本番。今塗装業界で、この遮熱塗料が
じわじわとお客様の評価を得ています。

今回のお客様も遮熱塗料に興味を抱き、施工させて
いただくことになりました。

弊社はオーストラリア産のこのアステックペイントを推奨しており
高品質な商品として、お客様に提案させていただいています。

RIMG7714.JPG

ただローラー施工のときに普通の日本製の塗料より仕上がりのかぶり
( 1回目の塗装と2回目の塗装の重ねるときの仕上がりの状態 )
が悪いので、弊社はエアレスという機械で施工しています。
エアレス吹きつけ工法では、この材料の場合ローラー工法よりきれいに
仕上がります。

RIMG7721.JPG

洗浄を行い。下塗エピテックWEプライマーの塗装後、1回目の
遮熱塗装の様子です。

アステックWEエピテックプライマーについては こちらをクリック
して下さい。

RIMG7722.JPG

エアレス吹きつけの場合、近隣に飛散しないように
養生をするのが大変です。

RIMG7727.JPG

続きまして、2回目の吹きつけ施工の様子です。

RIMG7732.JPG


RIMG7735.JPG

次回は実際の表面温度の差異を紹介していきますので
よろしくお願いいたします。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

No610 アステック・WEエピテックプライマー

| コメント(0)

今晩は薄井宣正です。

先日の屋根洗浄の続きで、今回は遮熱塗料を使用していただいた
お客様の現場をシリーズとして繰り広げていきたいと思います。


RIMG7683.JPG

弊社は、この遮熱塗料に力を入れており、中でもオーストラリア産の
アステックペイントを推奨しています。

日本の3倍以上の紫外線に耐えるこの塗料は、これからの画期的な
塗料になるでしょう。
今日はアステックペイントの下塗材エピテックフWEプライマーの施工を
紹介いたします。

RIMG7693.JPG

エピテックWEプライマーは水性の2液性です。

RIMG7703.JPG

最初は白色ですが、乾いてくると透明になっていきます。
密着力は抜群です。

RIMG7712.JPG

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

No593 フォロー

| コメント(0)

五月晴れの今日いかがお過ごしでしょうか?

今晩は薄井宣正です。

今日午後2時弊社に㈱アステックペイントジャパン
東京支社の営業倉茂様がお見えになった。

新しい商品カタログと情報を持ってきてくれた。

今施工しているふじみ野市大井武蔵野でアステックペイントを
使用しており、また次の現場(めちゃくちゃ近所)もアステックペイント
アーマフレックスを使用させていただくので、下地現場検査に
動向してもらった。

弊社はこのオーストラリアの遮熱塗料専門アステックペイントを
推奨している。

お客様もこの塗料を高く評価していただき、じわじわと浸透している。

そのような評価は商品もさることながら、このメーカー企業の
施工代理店に対するフォローがどこの塗料メーカーよりグンをぬいている。

RIMG7060.JPG
【アステックペイントジャパン東京支社の倉茂様】

東京支社の青山からわざわざ足を運んでもらい
埼玉の僻地までこうしてきてくれることに感謝している。

倉茂様は新しく埼玉担当者になられ、あいさつも兼ねて来てくれた。

初めてお会いしたが、話をしてみるとなかなか面白い経歴の
持ち主で、以前は農家を営んでいたそうだ。

その話で盛り上がってしまったが、良く塗料の勉強をしていらっしゃる。

このアステックペイントに入社したきっかけは、なんと私のこのブログ
が検索に引っかかり、アステックの紹介を詳しく書いてあることを
きっかけにこの塗料の価値を感じたと、ほんとかどうかわからないが
そうおっしゃってくれた。うれしい限りだ。

お世辞でも快くその言葉を紳士に受け止めたいと思う。

口八丁手八丁で営業する輩には解らないと思うが、本当の営業とは
仕事をした後のフォローのクオリティーの高さだと私は思っている。

最良のお客様に対してお客様を超えたお付き合いをさせていただき
万全のフォローに努めていきたい。

そのためには利益をいただき存続していく会社でなければならないのだ。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

№567 遮熱塗料

| コメント(0)

RIMG5560.JPG

今年の1月に私は、今弊社が推進している遮熱塗装の専門塗料メーカー
アステックペイント本社があるオーストラリアに行き、この目で現場視察を
してきました。

これから地球はますます温暖化になり、地上の表面温度は高温になっていく
ことは明らかです。

日本政府も国際政治もまだ本気になって環境改善に取り組んではいません。

再度言っていますが、この地球が何事も無く宇宙に存在しているからこそ
私達人類は安心して生活して暮らしていけるのです。

災害や不慮の事故に異常気象、はたまた灼熱の亜熱帯地域に地球全体が
成ったとしたら、仕事や生活どころの話ではなくなっていくと思うのです。

そこで弊社は遮熱塗装によって室内の温度を下げ、クーラーの温度を
下げることにより省エネ対策に貢献していきたいと考えています。

RIMG5576.JPG
【下塗シーラー塗装】

室温が1度下がれば、光熱費が10%消滅できると言われています。

地球温暖化対策やエアコン代などの光熱費削減に貢献できます。

RIMG6043.JPG
【中塗終了後 上塗2回 アステックIRグロス仕上げ】

RIMG6046.JPG

アステックペイントは、上昇する温度を20℃~30℃落とすことができます。
よって一般的な塗料に比べて屋根の温度を著しく下げることが可能です。

RIMG6044.JPG

冬は春となり、春は熱い夏がやってくるのです。

その熱さに備えこの遮熱塗料をお勧めします。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

№501 アステック勉強会

| コメント(0)

秋雨。東京八重洲で月一回のアステックペイントジャパーン主催の
代理店合同勉強会が執り行われた。

今回で4回目。顔ぶれもなじみになり、意気投合の雰囲気であった。

RIMG5351.JPG

これから塗装業界も商品を吟味していかなければいけない。

より良い性能の商品を適正価格で、適正施工していくことが
お客様の声だと自負している。

悪徳リホーム業者が蔓延る現代だか、それは氷山の一角に過ぎない。

もっとも最悪の業者は正しい施工のできない無知な集団のことをいう。

無知はコスト。

常に勉強である。

正しい施工技術を情報発信していくことが正しい施工会社なのである。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

№496 太陽熱

| コメント(0)

RIMG5266.JPG

暑い夏。太陽熱を利用したソーラーを移動して、隠れた部分の
屋根塗装をおこなった。

環境問題として自然の力を活用した太陽エネルギーはこれから
大切な資源となるだろう。

晴れた日には太陽エネルギー。

雨の日には雨水を利用した地下水エネルギー。

嵐の日には風を利用した風力エネルギー。

自然の恵みには決して無駄はない。


RIMG5272.JPG

太陽ソーラーを移動した部分の埃、ゴミを丹念にデッキブラシで清掃。

RIMG5274.JPG

今回の屋根塗料は弊社がお勧めするアステックペイントの遮熱塗料。

遮熱塗装はこれから注目される地球の環境に貢献する商品です。

RIMG5277.JPG

アステックペイント・タイルシーラーで下塗をおこないます。

RIMG5281.JPG

屋根棟のトタン部分はアステックペイント・AC-31Rプライマーで
下塗をおこないます。

RIMG5283.JPG

優れた商品を使用するのは大切なことです。

しかしそれ以上に大切なことは、適正施工ができる高い技術力なのです。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい

工務店・一戸建て・防犯住宅ならマネジメントホーム

一戸建て・工務店をお探しなら、マネジメントホームで防犯住宅の家づくり。一戸建て・注文住宅は家族が安心に暮らせる住宅を建てませんか?

MTBlog42c2BetaInner

2012年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ナイガイセルフ社長


ナイガイセルフ
代表取締役 薄井宣正
住宅リフォームや内外壁塗装など、自然塗料の施工リフォームを提供している会社社長
by Nobumasa-Usui


ナイガイセルフホームページへ!"
ナイガイセルフホームページへGo!
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ
投票お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ


にほんブログ村 ビジネスブログへ

のサイトを登録! by BlogPeople
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.261