2006年12月アーカイブ

№275 良いお年を・・・

| コメント(0)

皆様。今年ももうすぐ終わりですね。

そして皆様お変わりございませんか?

日ごと寒さが募ります。着てはもらえぬセーターを
涙こらえて編んでない私ですが、今年一年大変
お世話になりました。

来年も一層のお引き立てを賜りますようお願い
申し上げます。

どうぞ皆様良いお年を・・・


冬期休暇は、12/27日~1/8日まででございます。


-------------------------------------------------

              ~お知らせ~


私は冬期休暇を見聞を広めるため、これから注目される
であろうインドに行ってまいります。

12/28日~1/4日まででございます。

ブログも1/8日から繰り広げていきたいと思いますので、
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

最後に素敵な歌詞を紹介させていただき、本年2006
のブログを最後とさせていただきます。

ご拝読誠にありがとうございました。


art_image1[1].jpg


ガンジス    作詞 長渕 剛


4本の火柱がめらめらと燃えさかり煙が立ち昇る

俺は今 揺れる小舟の上ガンジス河を下ってる

細い路地裏には死を待つ老人の群れ

座ったまんまで動かない

やせこけた右手を道行く人に出し小銭を手のひらに掴む

俺は船を降り 3時間近く焼け崩れる真っ黒い人間を見た

「神様はどこにいるのか」と尋ねたら

老婆は自分の胸を指した 笑いながら自分の胸を指した


  Bye Bye ガンジス 大いなる河よ

  Bye Bye ガンジス 何も教えてくれない

  鮮やかな色に包まれた女たちは

  今日も明日も この河で乳房を洗う

  今日も明日も この河で乳房を洗う


やがて跡形もなく白い灰になり黄土色のガンジスに

流された わかっちゃいたけど 人間って奴が

確かに目の前で灰になった

裸足で櫓をこぐ老人が憂い顔で俺に笑いかけた

深いしわを顔中に刻んで

「死んだら灰になるだけさ」と笑った

旅をするのは帰る家があるからだ

さすらいの旅ほど淋しいものはない

ふと虚しさに突き落とされそうになったけど

「死んだら灰になるだけさ」と笑ってみた

「死んだら灰になるだけさ」と笑ってみた


  Bye Bye ガンジス もっと生きようと

  Bye Bye ガンジス 俺の命が叫ぶ

  さよなら 名も知らない死人たちよ

  あなたのように強く死ぬまで生きようと

  あなたのように強く死ぬまで生きようと


ベナレスの川岸に並ぶヒンズー寺院

ひと群れの牛を引く少年 大きな瞳で手をあげたとき

なぜに俺は目をそらしたんだろう

俺はふたたび小舟に乗り ポッケトのハモニカを吹いた

悠々と時にまかせて音を飛ばしたら

生まれてきて ほんとによかったと思った

ガンジスは 何故よどんでいるのか

なぜ 「聖なる河」と人は呼ぶんだろう

考えながら仰向けにひっくり返ったら

やけに空は高く青かった やけに空は高く青かった


  Bye Bye ガンジス お前は黙ったまんま

  Bye Bye ガンジス 答えなど初めからない

  あるのは今 確かに「俺」ここにいる

  そして明日東京へ帰る そして明日東京へ帰る

TajMahal1[1].jpg

№274 ゆく年を省みて

| コメント(0)

雨の日本列島。事務所の窓を雨が打ち続けます。

今日で弊社は仕事おさめ。昨日大掃除を済ませたので、
一安心で新しい年を気分良く迎えそうです。

しかし毎回雨が降るごとに私は異常気象を訴えてまいりました。
今年は本当に雨がよく降り過去に起きた悲しい出来事の命日
には、雨が必ず降ったような気がいたします。

今日は【 ゆく年を省みて 】と題しまして、ブログを進めたいと
思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

今年の変化といたしましては、やはりこのホームページでの
新しい営業活動に力を注いだことに他ありません。

そして平行して、今年からはじめた私のブログによる新しい
試みも大きな変化として私なりに受け止めております。

毎年毎年、変化もないような年を積みかせねてきて、この先も
同じように年を重ねていくならば、自分のそのときの想いを
文字として、写真として、歌として、色として、形として、残していければ
自ずと変化していないようでいて、かなりの変化があることに気づく
ことと私は思うのでございます。

それが今回このわたしのブログを1年間続けてきて感じた
ことでございます。

昨日よりも今日。今日よりも明日。確かに今の私は、変化している。
成長している自分を感じています。

本当の幸せとは人様に見せ付けるものではないことも知っています。

自分が幸せと思えばそれでいいのでございます。

しかし、普通の人間が、5年後に明らかに変化していることを
記していくことも、素敵な生き方と思うのでございます。

私はその生き方を選んだのでございます。

「ゆく年を省みて」まー私なりに良かったと思いたいし、欲を言えば
きりがございません。良い年でございました。

eee 022.jpg


話は変わりますが、皆様、昨日のクリスマス、サンタさんからプレゼント
いただきましたか?

えっ? わたし?

いやいや実は私。昨日。今日雨が降ると言っていましたので、
玄関先に長靴を置いて置きました。

するとサンタさんが玄関の戸をノックして訪れたのです。
そして私に言いました。

「 薄井さんメリークリスマス! インドがあなたを呼んでいますが
 ここに航空券があります。どうしますか? 行きますか?」

私は二返事で「行きます」と答えました。

「 うれしいです。素敵なプレゼントどうもありがとう 」

「 いいえ薄井さん お礼を言うならインドのとある場所に
 行きなさい きっとそこで素敵なことがおきるでしょう」

と言って自転車に乗って去っていきました。見送ったとき
ズボンのお尻がやぶれていて白いパンツが見えていました。

私に似てどこか抜けているサンタさんでございました。

と言うことで、12/28日から1/4日までインドに行ってきます。

来年はインド特集を記載していきますので、楽しみにしてくださいね。

さーーーこれから今年最後の忘年会で楽しいお酒を飲んでまいります。

明日は今年最後のブログですのでよろしくお願いします。

ご拝読誠にありがとうございました。

№273 クリスマスに大掃除

| コメント(0)

ww 009.jpg


皆様。メリークリスマスでございます。

今日はどのような一日を過ごすのでしょうか?

大きなお世話ですよね。

明日は雨ということで、弊社は今日大掃除をしました。

順調に1日で終わりました。

 
ww 013.jpg


弊社は明日で仕事おさめでございます。

冬季休暇は12/27日~翌年1/8日まででございます。

忘年会シーズンで、飲み疲れになっている方もいらっしゃると

思いますが、弊社は今年一年いろいろありましたが、

どうにかこうにか新しい年を迎えそうでございます。

これもひとえに蔭ながら支えてくれた社員。そしてお客様の

おかげでございます。心より感謝申し上げます。


ww 014.jpg

明日は、【ゆく年を省みて】ど題しまして、今年の反省をブログに

認めたいと思いますので、ご拝読の程をお願い申し上げます。

素敵なメリークリスマスを・・・・・

No.272 第1位 私が選んだブログベストテン2006

| コメント(0)

晴れやかなクリスマス・イブの日曜日。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

なんと私が選んだブログベストテンも今日最後と相成りました。

早いもので今年もあと一週間でございます。

それではまいります。私が選んだ今年のブログベストテン
第1位はーーーーーーーー。

【 9/26日 エントリー No.206 ひいき 参照 】

【 10/3日 エントリー No.210 老人のつぶやき 参照 】

の2作品でございまーーーーーす。

この作品を選んだ理由を話すと前置きが長くなりますので、
書いたものそのものでございます。

ただ一言。どんな小さな夢も、願えばかなうものだと
感じていただければうれしく思います。

今宵クリスマスのように、星に願いを込めて・・・

それではどうぞーーーーーーーーーーーーーー。

----------------------------------------------------

第1位  【 ひいき 】

9/18日〜9/21日まで京都に行ってきました。今回の目的は

�@第14回盛和塾全国大会に参加させていただき経営の勉学に努める。

�A4年振りに祇園町にあるお店のマスターに会いに行く。

�Bそのお店に京都に住む伯父を連れてお酒を飲む。

この三つを目的にそして現実となった20日(水)勉強会を終えて、そのお店
「 ひ い き 」の暖簾を潜りました。

八坂神社に近い祇園町南側如月小路にあります「 ひ い き 」のマスター
岡本様を紹介させていただきます。

RENAME_AUTO_20061224_57.jpg


岡本様と知り合ったのは4年前。
知人にこのお店を紹介していただきました。
岡本様に連絡して今日と同じように暖簾を潜りました。
立派なカウンターに通されて、お互い笑顔で挨拶を交わしました。
しかし私一人の席だけでお客も入ってきません。

「マスター 少し早く来すぎちゃいました?」と探りをいれ問いかけました。

「そんなことはありません。実は今日定休日なんですよ」

「えっ そうしたらひょっとして僕のためにお店を開けていてくれたんですか?」

「まっ そんなところです。よろしくお願いいたします。」

感動ものでございます。恐縮と嬉しさで、貸切状態の中、岡本様と私。
そして言葉すくなに裏方で働いている弟子の職人さん3人の空間が
そこにあったのでございます。

そして4年振りの再会でございます。

「薄井さん 2年ぶりですかね」

「いやいや4年ぶりですよ」

「そんな経ちますか いつもいつもはがきを頂いて活躍なされている写真
を拝見しているのでそんな気がありませんね」

RENAME_AUTO_20061224_55.jpg

私は幼い時テレビドラマで芸者舞い踊る舞妓さんと加茂川流るる祇園の町を背景に
大人の男が酒を飲むシーンを見て憧れ、私も何時かはこんな風韻でお酒を飲みたい
と夢見ておりました。それが気が付いたら現実になっていたのでございます。
それも私という存在を知っていてくれる店主のいるお店でございます。

なんて素敵なんだろうと改めて出会いに感謝でございます。

「 ひ い き 」というお店の名前もきっとお客様、人とのご縁によってお引き立てを
賜り今があり御ひいきくださるお客様のお陰で店があることを意味しているものだと
岡本様が私に

「薄井さん ここまでこれたのも人との繋がりです」

というひと言で感じました。そしてこの日も満席状態でお客様の層もすこぶる
いい方たちばかりでございます。ほとんど50代以上の年配の方たちばかりで
私が一番若かったと思います。大人のお店でございます。

しかし今年5年目を迎えるお店も初めて私が来た4年前が一番大変苦しい時だった
ことをこの日私に打ち明けてくれました。
私も当時、離婚して精神的に苦しい時でございました。
お互いそういう状況の中で知り合い、その時二人で約束を交わしたのです。

「マスター 4年前の約束覚えてくれてますか」

「薄井さん ちゃんと覚えておりますよ」

二人はあの時・・・・・

私は離婚して娘と別れ離れになってしまったけれどいつか必ず会いに来る日が
くる。娘が大人の女性になった時この古都の町京都を二人でデートしてこのお店に
出向いたら、マスターから過去の私の思いを娘に語ってもらう。それまでマスター
はこのお店を続けていくこと・・・・・

そして20日(水)の9月の夜。京都に住む伯父と酒を交わしたのでございます。

話が長くなりましたので続きはまたと言うことで
ご拝読誠にありがとうございました。


RENAME_AUTO_20061224_56.jpg


------------------------------------------------------

   【 老人のつぶやき 】


9/18日〜9/21日まで京都に行ってきました。今回の目的は

�@第14回盛和塾全国大会に参加させていただき経営の勉学に努める。

�A4年振りに祇園町にあるお店のマスターに会いに行く。

�Bそのお店に京都に住む伯父を連れてお酒を飲む。

この三つを目的にそして現実となった20日(水)勉強会を終えて、そのお店
「 ひ い き 」の暖簾を潜りました。
【 9/26日 エントリー No.206 ひいき 参照 】の続きを話したいと思います。

吉田の伯父さんは私の母方の親戚でございます。83歳という高齢でございます。
4年前もお会いしましたが、確かにあの時と今とでは老いが増したことを感じます。
そんなことも考えもせず私は飲みに行くことを誘ったのでございます。
二つ返事で私の酒の席に付き合っていただいたのです。

「伯父さん。4年前に会って昼飯食べて、一緒にお祭り行ったの覚えてる?」

「覚えてるで ちゃーんと覚えてるがな」

「そうか。そうしたらまだ呆けてないね。耳もよく聞こえてるみたいだし
 お酒は毎晩晩酌するの?」

「全然せーへん。 飲んだとしてもコップ一杯や」

10年位前に最愛の姉さん女房の伯母さんを亡くして今は一人で
暮らしています。

一人暮らしの寂しさの影は微塵も私には感じられませんでした。
寂しくないといえば嘘になると思いますがひとりで自炊をしている
伯父は立派です。昔の人は強いですね。

そんな伯父もこの時、ここでは話せませんが私に打ち明けたいことが
あると言い、話始めました。少し深刻な話でしたので、私は

「伯父さん この話僕にできることがあるのかな」

「いやいや そうじゃないねん なにもしてくれと頼んでるじゃないねん
あんたが話し易いと思ったさかい聞いてくれるだけでええねん
わしももう先があらへんさかいな、わしの今の生きた証をしってもらいたい
ただそれだけなんや この話をしたのはわしの兄貴とあんただけや
妹のあんたの母さんには照れくさくて言えんさかい こんど会ったら
この話を伝えて欲しいねん」

普段酒を飲まないと言っていたのに、80歳を越えた老人がビールを
何杯もお変わりして、悪酔いするわけでもなく、ほろ酔い気分で常に
笑っている私の伯父がそこにいたのでございます。

少子高齢化社会はこれからいろいろな問題がこの日本では
生じてくると思います。今は若年層の事件が多発しております。
このような原因をないがしろにしていくつけは団塊の世代を過ぎて
私と同じ年齢の親御様達が高齢になった時に悲しい結果として
現れないことを切に願います。

私もいずれ生きていれば、隣で酒を交わしている伯父のように
老いていきます。孤独が寂しさとして感じているのなら、私は
それは違うと言いつづけて死んでいく孤独な男でいたいと思います。
老人のつぶやきとして今の私のような若い誰かが隣で私の
話を聴いてくれて、私も若い人の話を聴けるそんな老人でありたいと思います。

下の写真は知り合いのお店 「ひいき」の岡本店主との3人の記念写真です
自慢させていただき恐縮ですが、この写真本当に素晴らしい写真でございます。
5年後このブログを続けていけるのなら、エントリー作品ベスト10の5本の指の
上位にあると思います。それくらい3人とも笑顔が素晴らしいです。

自分で言うなーーーと言うことでご拝読誠にありがとうございました。


  皆様素敵なクリスマスの夜を・・・・・


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

№271 クリスマスまでに

| コメント(0)

せわしなくあわただしいこの時期、現場も最終の追い込みに
なってまいりました。

今日。外壁・屋根塗装工事のひとつの現場が終了いたしました。

今回のお客様は、30代の若いご夫婦様でございまして、お子様2人
の4人家族でございます。

お子様のためにクリスマス前に工事を終わらせてほしいと要望が
ございました。

今週の月曜日から塗装工事をさせていただき、天気にもどうにか
雨にも遭わずにここまできました。

44 011.jpg
【施工前】


44 053.jpg
【施工後】


ただ、今まで曇りがちの気温も低くないときが続いたのですが、
今日の朝は晴天で、気温が低く、屋根が一部凍っていました。

これは、足場をばらしてから、はしごで後から塗装しようか
迷いましたが、お日様が味方してくれたみたいで、温度もどんどん
上がってまいりまして、上塗り仕上げが出来ました。

44 041.jpg


44 042.jpg


44 023.jpg

塗装前は、北面のサイディング部分にコケが付着しておりましたが、
水洗いで念入りにコケを落としたので、仕上がりも完璧でございます。


44 039.jpg

無事工事終了と相成りました。

家族で奇麗になったマイホームに包まれて、クリスマスケーキに
ロウソクを灯す様子が目に浮かびます。

明日はクリスマス・イブ。皆様もどうか素敵なイブをお過ごしくださいませ。


※さてイブの明日のブログは、お待たせしました。えっ?別に待ってない・・・?
それはそれは失礼致しました。まーそう言わずしばしお付き合いを・・・

私が選んだ今年のブログベスト・テン2006と題して、最後になりました
ベスト1位を発表させていただきますので、ご拝読の
ほどお願い申し上げます。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

№270 私だけの警備員

| コメント(0)

ニューヨークの知人から昨日のブログ【12/20日 №269 みかん 参照
結構泣けると批評していただいたメールが届きました。

その時の話の中でおばあちゃんが、わたしに

「先祖供養は忘れなさんなよ」と言ってくれまして、私も単純な
男でございますので、思い立ったら吉日。
今日の予定を変更させて、静岡富士にある先祖の墓参りに行って
まいりました。

暮れのあいさつ回りでご先祖様にあいさつしないのは後ろ髪を
引かれるおもいでございました。

中央高速を西に車を走らせ、往復5時間で墓参りはたったの10分。
考えて見ますと、たった10分のためにすごい労力だと思います。

【 8/11日 エントリー お盆の意味 参照 】

でも書きましたが、この墓参りは私にとってとても大切であり重要と考えて
おります。また、その重要なことが思ったらすぐできることに感謝の気持ちと
驚きを感じております。

今日は天気が良くないと言われていましたが、ご覧の通り、素晴らしい
天気でございました。


墓参りを済ませ、そのまま都内の私の友人が経営している
美容院の改装工事見積もりを頼まれた現地視察に向かいました。

相変わらず首都高は混んでおりました。

このお店は来たことがありませんので、地図を見ながら
現地の近くまで来て辺りをキョロキョロしていたら
突然フロントガラスの向こうから、ヘルメットをかぶったおじさんが
両手を広げて車を誘導し始めたのでございます。

今回の場所は駅の目の前でありまして、商店街が立ち並ぶ
車も置けられない狭い所でございました。

「ここに置いてもいいの?」

「この辺止めるとこないよ 用があるんだろ? ここに停めとけば
安全だよ」

「安全だよって すぐ目の前に交番があるじゃない」

「5分くらいと言っとけば大丈夫だよ 俺が見ていてあげるから」

と違う場所で工事をしている警備員のおじさんが笑顔で話しかけて
くれたのです。

普通は逆で邪魔だから置くなと警告するのが普通だし、
警察に何か言われたら話をしてくれるなんてことはありえない
と思いました。

お言葉に甘えて、足早にお店に向かいました。

iii 022.jpg

改装工事の内容をスタッフの方と打ち合わせをしました。

5分どころか40分くらい打ち合わせが掛かってしまいました。


iii 023.jpg

気にかけて車に戻りました。無事何もありませんでした。

これもものの考え方ですが、別に警備員がいなくても事すんだかも
しれません。

だけど私はそうとらないのでございます。少なからず警備員さんの
ひと言で安心して打ち合わせができたと思っていたのでございます。

別れ際、お礼の気持ちで温かい缶コーヒーをプレゼントしました。

警備員のおじさんは軽く会釈して何気なく帰りのわかり易い道を
教えてくれたのでございます。

私だけを警備してくれたかのような、なんともいえない嬉しい冬の
寒い夜でございました。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

№269 みかん

| コメント(0)

今日も穏やかな一日でございました。

暮れのあいさつ回りも終盤にさしかかり、カレンダーが
足りるか心配になってまいりました。

写真のおばあちゃんは、前の事務所の近所の方でございます。
かれこれ10年お付き合いさせていただいております。

新しい今の事務所に引っ越して依頼、カレンダーを持って
元気でいるか伺っています。


004.jpg

昔、老人を騙してのビジネスが多発して、去年は悪徳リホーム
などの訪問販売。振込み詐欺などで大勢の老人様が被害に
遭われました。

また老人や子供とのふれあいでイメージを過大にする広告宣伝も
多く見受けられます。お尻の穴がむづ痒くなります。

私が今回、佐藤のおばあちゃんを紹介するのは、この方の生き方
でございます。

もうすぐ80歳になろうとしているこの方はひとりで生活しているので
ございます。息子様、娘様も健在なのですが、
一緒には暮らしていません。仲が悪いわけではありません。
週に何回かは顔を出して、お孫さんを連れて遊びに来ています。

平屋の昔の貸家で、大家さんの家と弊社が借りていた建物が
あるだけで、後は林に囲まれた淋しいところでございます。

いつも元気で自転車で走り回っていて、隣町になった今の
弊社の近くでもよく見かけます。

かーーーー。おばあちゃん頑張ってるなーーーー。
車ですれ違い、バックミラーから小さくなっていく
おばあちゃんの背を後に感心しております。

今の会社に移転したその年の暮れ、ちょうど今日のような
陽だまりのなか、おばあちゃんのこの縁側でお茶をご馳走に
なりました。その時の会話でございます。

「薄井さん。お子さん元気かい?」

「 おばあちゃん。今まで黙っていたけど、俺 離婚したんだよ
  娘も向こうに行ってしまった。隠してたわけじゃないけど
  言いづらくて、ごめんね 」

「・・・・・ そうかい 可愛いおじょうちゃんでひとなつかったよね 」

しばらく間・・・・・

「 だけど薄井さん心配することはないよ。あの子なら大丈夫。
 あとはあんたしだいだよ 自分の足元固めて生きていりゃーね
 娘さんに伝わるよ そして必ず会いに来るから心配いらないよ
 あとは新しい嫁さんもらうこっちゃな ハハハハハハハ 」

そのあとの私・・・口元が歪んできました。

言葉が出てこない私に

「これ 食べなさい」とみかんを差し出しました。

くーーーーー。刑事ドラマのカツ丼の世界でございます。

おばあちゃんの洗濯機はその時のまま、乾燥機も全自動でも
ない外にある昔の洗濯機を大切に使っています。

安物の建具で下のほうはささくれ、隙間風も
通る玄関の扉。

何も変わらない風景が今日もそこに存在していたのでございます。

一人で生きているのです。孤立とは違います。自立でございます。

誰にも依存していない、凛とした老人の生き方でございます。

あの世に物は持っていけません。死んだ時、周りの人が

「あの人金持ちだったよねーーー」と言うでしょうか?

お返しに飴をいただきました。そして

「薄井さん 先祖供養は忘れなさんなよ 」と言って見送ってくれました。

とある隣町のおばあちゃんとの会話でございました。

№268 第2位 私が選んだブログベスト・テン2006

| コメント(0)

今年も2週間ありません。せわしないこの時期いかが
お過ごしでしょうか?

私が選んだ年間ブログベストテン第2位の発表でございます。

第2位 !!!!!!!

【 3/21日 エントリー お客様メールでの生の声 参照 】

でございまーーーーーーーす。

ホームページによる営業活動、ブログによる私自身のものの考え
出来事を記録として残しながら信用を築いていくエントリー作品の作成。

これらを今年からの新しい試みとして行ってまいりました。

飛び込み営業をしていない弊社は、チラシによる反響での地道な
活動をしてきました。そのチラシで仕事を賜りましたお客様から
リピート工事をさせていただき、新たなホームページ公開のご案内文
を送らせていただきました。

そしてそのお客様からメールをいただいたのでございます。

うれしかったです。

今回このエントリーを選んだのは、弊社は今までに素晴らしい
お客様と知り合うことが出来ました。

ブログカテゴリーから 【 お客様の声 】をご覧くださいませ。

個人的な紹介というよりも、だれそれではなく、このメールという
文字だけによるお客様との関係を嘘偽りない形で顕れている
ところに高い評価を自分なりに感じ、選ばせていただきました。

他のホームページを見る中で、お客様の声といいながら、何か
胡散臭い匂いのするページもございます。

ですので、私はどうしてもブログなどの活字だけの信憑性を疑って
しまいます。

ただ逆に活字だけで相手に意思表示が伝われば、これは本当に
素晴らしいことでございます。

このメールの中に、私のブログを見るのが楽しみで、夫婦の
会話も増えたと書いていただきました。弊社にとってこれからの励みになり、
私にとりましては大きな財産でございます。

来年も、このような素敵なお客様とお会いできますよう
弊社自身向上していきたいと思います。

そんな想いを込めて紹介させていただきます。

どうぞーーーーーーーーーーーーーーーーー。

------------------------------------------------

第2位 【 お客様メールでの生の声 】


3/17日(金)午前9時、大渕様のガスコンロ交換工事に来ました。
今回ゴキブリ駆除消毒工事をやらさせていただき、その追加工事でございます。

3/1日 エントリー 心 参照
3/8日 エントリー ご縁 参照
3/8日 エントリー シロアリ・ゴキブリ駆除消毒 参照

 そして今回、ご主人様からの生きた暖かいメールメッセージを
紹介させていただきます。
 私のわがままなブログに公開するお願いをきいていただき感謝の気持ちで一杯です。

 一人のお客様を大切にしていく弊社の考え方に賛同していただき
こころよりお礼申し上げます。 

 写真は事実を映し出します。文字はそれに比べ信憑性が落ちますが、お互いの信頼性の
魂が皆様に映し出されればこんなに嬉しいことはございません。

----- Original Message -----
From: 大淵 敬治
To: ナイガイセルフ
Sent: Friday, March 03, 2006 6:58 AM
Subject: 感謝とお礼そして縁

* ふじみ野市大井武蔵野 1348-20 *
大渕 敬治
Keiji Ohbuchi

〒187-0031
東京都小平市小川東町5-20-30
たちばなグレイト
TEL:042-348-0670 FAX:042-348-0675
ohbuchi@trust-g.co.jp
*寒い寒いと言いながらも日一日と春の気配を感じるこの頃、先日は余寒見舞いを頂き
有難う御座いました。
ホームページを立ち上げれたとの事、早速拝見させて頂き、社長のお人柄がとても良く
出ているページだと思いました。
いつも気にかけて頂き、家内も感謝しておりますが、細かい事ばかりをお願いしている様で
申し訳なく思っております。
昨夜もそんな話しを聞き、お礼方々メールをさせて頂きました。
今後とも宜しくお願い致します。
お体に十分お気をつけてご尽力下さる様、お祈り申し上げます。


大渕様メールありがとうございます。

お客様から感謝の返事をいただき、
こんなにうれしいことはありません。

奥様に許可をいただいたのですが
私のホームページのブログに大渕様の
紹介をさせていただきたとおもいますので
よろしくお願い申し上げます。

なにかありましたらご連絡くださいませ。

RIMG0441.JPG


大渕 敬治
Keiji Ohbuchi

〒187-0031
東京都小平市小川東町5-20-30
たちばなグレイト
TEL:042-348-0670 FAX:042-348-0675
ohbuchi@trust-g.co.jp
*おはよう御座います。早速プログを拝見させて頂きました。
 大河原会長の今じゃないよ、のお言葉は、営業畑を歩んで来た私も、今更乍ら感銘を受け
 同感に思いました。
 日々の全ての積み重ねが会社の将来であり、社暦と実績を育むものだと思います。
 今回もゴキブリ駆除と言う細かい仕事を受けて頂き、申し訳なく思っておりますが、その辺に
 免じて、どうぞ宜しくお願い致します。


お世話になります。今日、ゴキブリ駆除
消毒工事、無事完了いたしました。

今日の出来事をまたブログに記載させていただきました。
ご覧になって下さい。

それと、恐縮なのですが、ご迷惑でなければ
大渕様のこの生きた言葉のメールを
事実のまま、記載させていただきたいのですが
いかかでしょうか?
ご返答のほどよろしくお願い申し上げます

RIMG0498.JPG


大渕 敬治
Keiji Ohbuchi

〒187-0031
東京都小平市小川東町5-20-30
たちばなグレイト
TEL:042-348-0670 FAX:042-348-0675
ohbuchi@trust-g.co.jp
おはよう御座います。昨日はお世話様でした。
家内も喜んでおりました。
社長のプログに私のメッセージとの件ですが、今後何か機会があって
その中で、社長がこれはというものがあれば、お任せ致します。
長いお付き合いをさせて頂きたいと思いますので宜しくお願い致します。
どうぞお体をご自愛下さい。

RIMG0445.JPG
RIMG0578.JPG

大渕 敬治
Keiji Ohbuchi

〒187-0031
東京都小平市小川東町5-20-30
たちばなグレイト
TEL:042-348-0670 FAX:042-348-0675
ohbuchi@trust-g.co.jp
*おはようございます。
昨日はキッチンの件でお世話になりました。
家内がとても喜んでおりました。
感謝致しますと共にこれからも宜しくお願い致します。

メールありがとうございます。
大変うれしいです。
こちらこそ今後ともよろしくお願い
申し上げます。

またブログに大渕様のこと記載しだいのですが、
この間の大渕様のメール記載確認ですが、
活字だけだと信憑性に
かけるので、このままの全体のメール
すなわち大渕様の名前から発信先まで
記載させていただきたいのですが
いかがでしょうか?
ご返答のほどお願い申し上げます。

大渕 敬治
Keiji Ohbuchi

〒187-0031
東京都小平市小川東町5-20-30
たちばなグレイト
TEL:042-348-0670 FAX:042-348-0675
ohbuchi@trust-g.co.jp
* おはよう御座います。
いつも、仕事を一段落させてから薄井社長のプログを拝見するのが
とても楽しみです。
忙しい中でも状況写真、そしてコメント、自分にはとてもとても真似の
出来る事ではありません。
私は大井町に住んで30年あまりになりますが、町の事は殆んど知りません。
これからも、薄井さんのプログを見ながら勉強したいと思います。
プログのお陰で夫婦の会話が多くなりました。
最後になりましたが、問い合わせの件はお任せ致します。
まだまだ朝夕は冷たい風の時があります。
お体に気を付けて・・・

RIMG0501.JPG

№267 暮れのあいさつ回り

| コメント(0)

【 12/14日 エントリー №263 ありがとうが奏でる12月 参照 】

でお見せしました弊社のカレンダーを持って、施行させていただいた
お客様のところにあいさつ回りに伺っています。

留守のお宅も多くて、お会いすることができないまま、このカレンダーを
置いてきたところもございましたが、

カレンダーの題名ではありませんが、弊社の「 ありがとう 」が伝われば
なによりでございます。

笑顔で受け入れてくれるお客様に感謝でございます。

下の写真は先日、外壁塗装と屋根塗装を賜りましたE様邸です。

今日ご挨拶に行ったら

「いやいや社長自らご挨拶とは恐縮ですねーーーー」

とちょっと大げさに笑って対応していただきました。

ありがたいのひと言でございます。

まだまだごあいさつ回りは続きそうでございます。

uuu 035.jpg

【施行前】

uuu038.jpg

【工事中の様子】

uuu 016.jpg

【施工後】

※さて明日のブログは、お待たせしました。えっ?別に待ってない・・・?
それはそれは失礼致しました。まーそう言わずしばしお付き合いを・・・

私が選んだ今年のブログベスト・テン2006と題して、
ベスト2位を発表させていただきますので、ご拝読の
ほどお願い申し上げます。

※報告

| コメント(0)

昨日のブログ【12/16日 エントリー №265 冤罪 】を書き終えて

人を許すことを意識しはじめて参りました。

罪を憎んで、人を憎まず・・・・・・・ということで

11/7日 エントリー №233 指名手配 】の中で

この時に登場している犯人がすでに逮捕されていますので、
公開捜査の顔写真を今日の日付をもちまして削除いたしましたので
ここにご報告申し上げます。

ご協力のほど誠にありがとうございました。

№266 第3位 私が選んだブログベスト・テン2006

| コメント(0)

今日は、午前中曇りがちでしたが、午後から穏やかな日差しの
日曜日となりました。

弊社は現場が詰まっておりますので休みなく仕事をさせて
いただきました。

さて今日は、プログベスト・テンも残すところ3つとなりました。
10位から5位くらいまでは、その日の気分で選別させてもらいましたが
3位から1位は変えることない不動のベストエントリーでございます。

それでは発表いたしまーーーーーす。
自己満足で選んだ今年のブログベスト・テン 第3位はーーーーーー。

 5/15日 エントリー 紳士 参照 】でございまーーーーす。

今年の4月25日~4月29日まで、とある社長様のお誘いの下、
アメリカ・ニューヨークへ行ってまいりました。

約10年ぶりのニューヨーク。この長い期間の中で私にもまた、ニューヨーク
にもいろいろなことが起きました。

カテゴリーからの【 ニューヨーク特集 】をご覧になってみてください。

今回この「 紳士 」を選んだ理由としまして、題名がよーござんす。
男ならジェントルマンを意識したいものでございます。

これはとあるニューヨークの床屋を題材に物語を私なりに作った
エントリーでございます。

本文の中に

※私が思う紳士とは腕力だけの男を超越した、美しさを秘めた大人の振る舞いを意識できる
男性だと思うのでございます。

と書きましたが、自分で言うのも何なんですが、結構気に入っております。

そんなところをチェックしながら、読んでみてくださいませ。

しかし今考えますと、このときの写真って、勝手にお店の中を撮影して
盗撮になってしまうのでしょうか?

あれあれ、もしかして犯罪かしら? そうだとしたら笑って許してくださいね。

それでは第3位 【 紳士 】どうぞーーーーーーーーーーー。


---------------------------------------------------------------------

第3位  【 紳士 】

4/28日早いものでニューヨーク最後の1日とあいなりました。4/29日は日本に帰ります。
貴重な一日の新しい朝、昨日の懇親会での二日酔いもなんのその。午前5時30分起床。
老化現象なのでしょうか体はだるいのですが目覚めだけはおじいちゃんモードでございます。
シャワーを浴びて散歩に出かけました。日本ではこの週は天気が悪かったみたいですが
日ごろの行いが良いのか、こちらは快晴続きでこざいました。

行き交う異国の人たちの足取りは時間に追われ早足の靴音がアスファルトの上を異国の
人たちのリズムで刻んでいきます。
私が3歩進むと、通り過ぎていく人は私の20歩先を歩いていました。

気にすることも無く、今日で最後という思いに、煙草を吸わない私は朝焼けの空気を吸い
ため息をひとつ吐きました。

帰りたくない。もう少しこの街にいたい思いが窓ガラスから自分の寂しい後ろ姿を映し出して
いるのに気づきました。
その時、その窓ガラスの向こうに私ではない人間が現れたのでございます。

RIMG0992.JPG

床屋の青年とお客の老人様が二人で楽しげに会話をしている風景でございます。
ロマンスグレーのお客様は70代ぐらいのとても素敵な紳士に私は見えました。
言葉は聞こえません。ただ二人の言葉のやり取りが楽しさをかもし出しているのでございます。

この老人はこの床屋に来ることを日課にしていると私は感じます。週に一度、3日に一度、
毎日それは分かりません。ただ積み重ねてきた年輪が私に素敵な紳士と思わせるので
ございます。

私が思う紳士とは腕力だけの男を超越した、美しさを秘めた大人の振る舞いを意識できる
男性だと思うのでございます。あーーーーまた生意気なことを言ってしまいました。

とある床屋の朝の物語でございました。

№265 冤罪 

| コメント(0)

暖かな日差しの今日。新宿で、とある出版会社の主催する
講演会に行ってまいりました。

今日の話をブログにするのはいかがなものかなと思い悩みましたが
書くことにいたしました。

今の私には話すネタ切れということがないくらい、書きたいことが
湯水のごとく出てきます。

今回の講演会はだれそれの紹介とか付き合いで来たのではなく、
ましてや出版会社の招待でもございません。自分の意思で
ございます。

想い描いていた私の夢がひとつかなったのでございます。

それが講演されるお方と出会うことでした。

誰もが知るお方だと思います。ある事件の殺人犯に仕立てられ
冤罪という経験をした人しか味わえない地獄を余儀なくされました。

8年くらい前にこの方の書籍を読ませていただきました。

本に目を通してから、この方の素晴らしさを知ったのではなく、

テレビのブラウン管から発する言葉、しぐさ、態度になんとも
いえない大人の人物を感じておりました。

本を読み終えた8年前、この人に会いたい。自宅に行ってみたいと
心に秘めていました。秘めているだけで、住所を調べたり
会うための努力はせず、ただ漠然と思っていただけでございました。

それが、先月の終わりごろ、とあるホテルのラウンジで、出版
会社の雑誌をぱらぱらとめくっていたら、この方の講演があることが
記載していたのでございます。

さっそく予約の電話を入れました。取れた。行ける。OKやっと会える
師走の忙しいときに仕事も大事ですが、私にとって大切なことでした。

なぜそこまでして会いたいの?

普通の会社員の方でございます。ましてや一時は殺人犯と名指しされ
大衆にひどい仕打ちをされてきたお方です。

私がお会いしたいのは、まさにこのお方の考え方なのでございます。

大衆から賞賛された成功者と、大衆から罵倒されながら、
ならくの底に突き落とされても自分の無罪を訴え続け、家族を
支えつづけてきた被害者。

どちらが真の人生の成功者でしょうか?

人がどう思われようと私は、後者に心を引き付けられるのでございます。

淡々とした話し方。やさしい静かな声。声を荒立てることもなく
冷静沈着でありながら、人に語る説得力は知的な頭の持ち主
だと伺えます。

そして報道陣が詰め寄るこのお方の自宅がテレビで放映されました。

私は目を疑いました。古い和風建築の外壁はきれいに塗り替えられて
おり、周りの庭先は美しく手入れされていたのでございます。

これを拝見して、このお方は犯人じゃないと確信したし、この時に、
自宅に行って見たいと思ったのでございます。

ですから、この方との夢の実現は、まだ達成していないのでございます。

しかし、本人自らと名刺交換させていただき、自宅の住所を
知ることが出来たのです。3歩前進でございます。

講演の中で

①言葉によって打ちのめされた反面、言葉によって救われた。それだけ
 言葉の持つ力を知った。

②大衆から嫌がらせの電話、手紙がきても、逃げてはいけない。
 逃げたら自分が家族が潰れてしまう。もっと高い目線で相手を
 見て許す心を意識してきた。

③自分の知らないところで、思ってもいない人たちの支えがあることを
 知った。

このようなお話をなされ、講演のときは、口癖のように

「考えてみてください・・・・ 」

と、事あるごとに言っておりましたが、私自身
いかに物事を注意深く観ていないかを感じさせていただきました。

話がまた長くなってしまいました。このお方との夢が
現実になったら、また報告させていただきます。

今回は写真を載せていません。写真を記載していないブログは
このエントリーが初めてでございます。

理由は、言葉だけで、どれだけ相手に伝わるか試みてみました。

ご拝読誠にありがとうございました。


※さて明日のブログは、お待たせしました。えっ?別に待ってない・・・?
それはそれは失礼致しました。まーそう言わずしばしお付き合いを・・・

私が選んだ今年のブログベスト・テン2006と題して、
ベスト3位を発表させていただきますので、ご拝読の
ほどお願い申し上げます。

№264 第4位 私が選んだブログベスト・テン2006

| コメント(0)

今日で今月も半分が過ぎ去ろうとしています。
雨も上がり、平成18年が少しずつ終わりに近づいて参りました。

さて、私が選んだブログベストテン 第4位を発表いたしまーーーーす。

【 10/19日 エントリー № 224 灯光器 参照 】

でございまーーーす。

ブログカテゴリーの【 リフォーム現場 】の中で傑作と言っても過言では
ございません。

ブログエントリーの題名を決めるのにも私なりにいろいろ考えています。

今回の「 灯光器 」は、エントリーの水道工事と何の関係性があるのか
興味を引かせる題名にしたところに高い評価をさせてもらいました。

建築関係のホームページともなるとビフォー・アフターの写真が定番
でございます。これもお客様に工事の内容・実績を紹介するには
うってつけでございます。

しかしいつまでも同じことをやっていたら面白みにかけてくると私は思うのです。

たとえて言えば、行った事もない異国の国。例えばニューヨーク
のタイムズスクエアーに初めて訪れれば、記念写真もばしばし撮ると
思いますが、行きなれた祖国新宿歌舞伎町あたりでばしばし記念
写真は撮りたいとは思わないと勝手に私は思っていますが、皆様は
いかがでしょうか?

それと同じように建物だけの移り変わりを載せただけでは、その会社の
工夫というものが感じられません。

21世紀は力と大きいものが勝ち続けていく時代ではなくなっていくと
私は考えています。

これから必要となるものは感性だと感じております。

工事現場のできた完成度は当たり前のことですが、そこにいたるまでには
いろいろな出来ことが現れてくるのです。

お客様や弊社のようないわゆる元請会社は仕事が仕上がっていくことを
簡単に出来ると考えがちになりますが、その工事を全うしていく職人さんの
気持ち考えは表に出てきません。

出てこないというよりも、それを表現する術が出来ていなかったと思うのです。
ここで感性のあることにより、今までにない表現でわかり易くお客様に提案
することができ、仕事に対する興味も見方も変わっていただけると私は
思うのでございます。

そういった意味でこの作品は、職人たちの熱いお客様に対する思いが文章
として表現されていると自己満足で思っているしだいです。

ぜひご拝読のほどをお願いします。それではどうぞーーーーーーーーー。


------------------------------------------------------


第4位  【 灯光器 】

昨日、トイレの上水層の汲み取り式を本下水本管つなぎにする
工事をおこないました。
一昨日汲み取りを済ませ、2日間、工事でお客様に水の使用が
できないことを伝えました。
朝、職人さんと打ち合わせをして、小平市の現場に私は向かいました。

日が沈むのがすっかり早くなり、工事もせわしなくなる時期でございます。
18時過ぎ、現場確認に来ましたら、職人さんが汗を流して、まだ
作業をしてくれていました。

fg画像cxx 040.jpg

明日も水が使用できないと、お客様がかわいそうだということで
水道職人さんの心意気でこの日で終わらすことにしたのでございます。
一旦私は会社に戻りましたが、遅くまで頑張ってくれている職人さん達の
ことが気になり、20時過ぎ、温かい缶コーヒーを持って現場に向かいました。
応援の職人さんも駆けつけ、総勢4名で作業をしていただきました。
お客様のために働いてくれる職人魂に感謝でございます。


灯光器から照らされる、職人さん達の姿が格好良かったです。
発明王エジソンは本当に素晴らしい物を作ってくれました。
電気が無ければ、暗闇の中で、作業はできません。
明かりを灯し、作業ができたとしても、近隣の皆様のご理解が
無ければ、この日に終わることもできませんでした。
近隣の皆様、ご協力誠にありがとうございました。

夜中の22時までかかり、無事工事完了となりました。

そして、今日の午後、確認でお客様にご挨拶に伺いました。
奥様が万遍の笑顔で出向いてくれまして、明日集金のはずのお金を
今日、集金させていただくことができました。

今後ともよろしくお願いいたします。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

№263 ありがとうが奏でる12月

| コメント(0)

遅場せながら、弊社の来年のカレンダーが出来上がって参りました。

早いところでは、11月始めに配っているところもあると聞きましたが
早い者勝ちも判らないでもないですが、タイミングも必要だと思われます。

今年、そして既存のお客様たちにお世話になったお礼を込めて
御自宅にこのカレンダーを持って伺う予定でございます。

題名は「 ありがとう 」でございます。

いい言葉ですね。毎年弊社はこの日本語をテーマにしたデザインで、
結構好評でございます。カレンダーもセンスのないものでは家に
飾ってはもらえないし、私も面白くないデザインのものは飾りたいとも
思いません。

カレンダーの意味は常にお客様の家の目立つところに飾られ、常に会社の
名前と電話番号が目に留まり、記憶に焼きつくためのものなのです。

何気ない広告宣伝なのでございます。

ここにも神経を使い品質の高いものを提供することが大切なのでございます。

ただ配るだけでは、ゴミ箱行きでございます。


yy 002.jpg

何処もかしこも人の悪口と噂話で花を咲かせている世間の現実の中で
この「 ありがとう 」という言葉が常に現れたらストレス社会はなくなる
のではないでしょうか?

例えば

「 今日上司に頭ごなしに怒鳴られたぜ ありがとう 」

「 家の人、仕事から帰ってきても全然私の話を聞いてくれないのよ
  ありがとう 」

「 今日通勤中 足を踏まれて頭に来たぜ ありがとう 」

話しの語尾に必ずありがとうを言う。 できるわけないですよねーーー。

しかしですよ皆様。せめてせわしない師走の12月。今年最後の月として
今までにない ありがとうの言葉を多く使うことで心がハッピーに
なれるんじゃないかと思うのです、それだけこの 「 ありがとう 」には
大きな力があるのでございます。

お引き立て賜りましたお客様この1年大変お世話になりました。
これからも御支援のほどよろしくお願い申し上げると共に

ありがとうございました。

ty 004.jpg


※さて明日のブログは、お待たせしました。えっ?別に待ってない・・・?
それはそれは失礼致しました。まーそう言わずしばしお付き合いを・・・

私が選んだ今年のブログベスト・テン2006と題して、
ベスト4位を発表させていただきますので、ご拝読の
ほどお願い申し上げます。

№262 第5位 私が選ぶブログベスト・テン2006

| コメント(0)

今日は午前中、天気は晴れていましたが、午後から雨が降り出し、
外部仕事が詰まって、せわしない時期と重なり、時間があっという間に
過ぎていきました。

午後16時30分には、あたりは真っ暗になってきました。

さーーーーーーて、今夜もいってみましょう!

私が自己満足で選んだ今年のブログベスト・テン 第5位はーーーーーー。


【 9/1日 エントリー フラメンコ 参照 】でございます。

このエントリーを選んだ理由は、基本的に私は音楽が好きなので
ございます。

※カテゴリー 【音楽コーナー】もご覧になってみてくださいね。

その中でも生演奏、ライブは私を夢の世界へいざなってくれます。

ドームや大ホールなどはあまり好きでありません。

やはりライブハウスなどの狭い空間で演奏者と観客がひとつになる
ところが好きでございます。

また自分で撮ったこの写真が、とても気に入ったのも理由の
ひとつでございます。

個人保護法とやらなんか、しちめんどぐ臭い法律で好き勝手にブログ
公開できませんが、ちょうどピントのずれた撮影でステージの躍動感が
伝わり、個人的に気に入っております。

なかでも、最後の踊り子の写真はデジカメでズームしたのですが
素晴らしい絵になっております。結構自慢しております。

女性の笑顔と愛嬌もいいのですがそうではなくジプシーの踊りは、
少し済ました顔で集中してステップを刻み、ほんの一瞬、上目遣いで
前方をみつめ、みつめるまなざしは相手を挑発する表情で口元だけで
笑みを浮かべるところに、なんともいえない色気を感じるのは私だけ
でしょうか・・・・・

そんな躍動感と皆様にもフラメンコの素晴らしさが伝わればと作った
エントリーでございます。

それでは御拝読の程を・・・・・・


-------------------------------------------------------


第5位  【 フラメンコ 】

8/25日(金) 西日暮里にありますスペイン料理店「アルハムブラ」
に行ってまいりました。
とある異業種の経営者の方たちとスペイン料理とフラメンコ・ショー
を見ながら交流を深め情報交換をさせていただきました。
情熱の国スペイン・マドリードの文化を異国の日本人の方たちが
熱いステージで披露してくれたのです。
ジプシーの血を受け継いでない異国の踊り子に本場のフラメンコを
踊れるわけがないと思っていましたが、なんのなんの素晴らしかったです。

v 022.jpg


v 023.jpg

ブルーのドレスを着た踊り子はなんと12歳の小学6年生の女の子です。
歳を聞いて驚きましたが、それにもまして踊る時の凛とした姿勢と踊り終わった
あどけない笑顔に同じ年頃の別れた娘を持つ私は、娘とダブってしまい目頭が
熱くなってしまいました。
伸び伸びと笑いながら踊る彼女はけっして強制的でも義務的に踊っているわけ
でもなく本当にフラメンコが好きで踊っていることを強く感じました。

第一部のステージが終了してトイレに行こうとしたら、彼女がジュースを
飲んでいました。「素敵な踊りをありがとう」と握手を交わしたら
その時は普通のあどけない小学生で照れくさそうに頷いてくれたのです。
こういう環境を彼女に与えている親御様に敬意を称します。

v 032.jpg

フラメンコとはジプシーによってもたらされ、南スペインで開花した芸能です。
歌と踊りとギターの構成が最もポピュラーですが、フラメンコの花形は
意外と踊りではないのです。

始めに歌があったとされています。これにギターがつき、
踊りは一番最後に発展したというのが通説です。
左端の赤いドレスを着た方がボーカリストでこの声が実に素晴らしい。
本場スペインの唄方にひけをとらない声でございました。
楽器が無くても心の叫びと魂の手拍子だけで音楽は表現
できるものだと改めて感じました。

v 038.jpg

ギターを弾いている男性の方がリーダー。演奏の合間のMCでは
フラメンコの歴史や説明をしていただき、この何気ない手拍子の難しさを
熱く語っていただきました。
そしてギターのテクも素晴らしい。演奏は手拍子とこのギター一本でございます。

v 048.jpg


v 053.jpg

今年の夏も大変暑うございました。
9月に入り秋が訪れ、寒い冬が体を冷たくさせますが、心だけは
フラメンコのように情熱を持って仕事と遊びに取り組んでいきたいと思います。

今日は雨の一日でしたが体調などを崩さないようお過ごしください。
今月はセプテンバー・ドリームと題しましてブログを進めて
いきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

№261 札束以上の価値

| コメント(0)

今月も三分の一が過ぎ、今年も残り少なくなってまいりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

年賀はがきもほぼ書き終わり、後はポストに入れるだけと相成りました。

約400枚強。積み上げてみると、これが札束だったらなーーーと、
下世話な話、ふと思っちゃたりなんかして、しばらく眺めていました。

一枚1万円×400枚=400万円。かーーすげぇなーでございます。


だけど、これだけの人と出会い、お世話になっていると思ったら
それ以上の価値があると思うのです。

一枚のお札は1万円の価値で終わってしまいます。ですが人脈は
その一人の価値が無限なのでございます。

もしかしたら、このはがきを喜んで受け取ってくれない人もいるかも
知れません。人の心の中までは入っていけません。そのほんの少しの
隙間にはがきを通して、意思表示を伝えたいと思う好意を土足で入って
くるなと思われても、致し方ありません。

まーそこまでへそ曲がりの人には、私も送りたいとは思いませんが、
一年にたった1回、元気で生きている証を年賀はがきという素晴らしい
便りで相手を思う気持ちってとても素敵なことだと思うのでございます。

ss 001.jpg


【 11/28日 エントリー №247 年賀はがき進行状況~その2~ 参照 】
で書きました秘密の玉手箱の正体は・・・・・「印」でございました。

黒で認めた字の葉書を朱い印が引き締め、風格をかもし出してくれます。 

これぞスパイシーの効いた手作り和風料理でございます。

ff 004.jpg


※さて明日のブログは、お待たせしました。えっ?別に待ってない・・・?
それはそれは失礼致しました。まーそう言わずしばしお付き合いを・・・

私が選んだ今年のブログベスト・テン2006と題して、
ベスト5位を発表させていただきますので、ご拝読の
ほどお願い申し上げます。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

№260 第6位 私が選んだブログベスト・テン2006

| コメント(0)

昨日の日曜日は、自治会大井中央町会におきまして、
第3回まごころ交流会が行なわれ、餅つき大会、和太鼓、
生バンド演奏で子供達はじめたくさんの町内外の人たちが
楽しく過ごしました。

土曜日は雨でしたので、天候が気になりましたが、
天気にも恵まれ助かりました。


ss 003.jpg

私もこの会の役員として運営に参加しました。

第1回と2回は天気が悪く、12月ですから寒さに凍え、雪が
ちらついたりして大変でございました。

しかし今年は、ぽかぽか陽気で穏やかな1日でした。


ss 004.jpg

【 フリーマーケットで安い買い物ができました 】


ss 008.jpg

【 餅つきでは、つきたてのお持ちが完売になりました 】


ss 002.jpg

【 開催にあたり挨拶を述べる町会会長の星 様 】


というわけで、私が選んだブログベスト・テン2006 第6位は!!!!!!!!!!!!!

【 4/3日 エントリー 亀久保記念公園清掃会議 参照 】
でございまーーーーーーーーーーーす。

選んだ理由は、今年私はこの分担の自治会会長になってしまい、
町の役員会に参加することになりました。
しかし、町のこのような企画を運営していくのは、なかなか大変だと
やってみてつくづく感じました。

星 会長様はすごいなと改めて頭が下がる思いでございます。

4月の任期まで、私なりに協力させていただくと共に町の会に
参加する私の考えがこのエントリーに書いてあます。

それではご拝読のほどお願い申し上げます。

-------------------------------------------------

第6位 【 亀久保記念公園清掃会議  】


19時。大風吹き荒れるこの日。大井中央自冶会大亀会会長として、初の会議参加でございます。

今までこういう町の参加には積極的ではありませんでしたので、幾分緊張しておりました。
今回の議題は18年度ふじみ野市亀久保区画整理記念公園清掃分担の打ち合わせで
ございます。星会長の進行のもと1時間の会議で無事終了いたしました。

RIMG0776.JPG

会社の会議と町の住民様の会議では、内容も感じ方もぜんぜん違ってきます。
会社の場合は多分にトップの権限、進行で方向性が定まります。ところが
住民の方たちにはトップはいません。会長というリーダーはいたとしても権限は
ございません。だから会社の会議よりまとめるのに大変だと感じました。

意思の伝達・決定・連絡・報告これを末端の住民の方に理解してもらうには、
お互いの町を良くしていこうという意識がなければ意思の疎通は図れません。

若いときは、こういうことに無関心でございました。しかし現在の事件をみても
殺人・強盗・窃盗・誘拐・幼女虐待とおぞましい事件が多発しております。

RIMG0701.JPG

弊社の隣がその亀久保記念公園でございます。午後の陽ざしを浴びてはしゃぐ子供たちの
笑い声が絶えません。私にとってとても喜ばしいことです。

ニューヨークのセントラルパークでレイプ連続殺人事件がおこり、また一人の女性が狙われる
瞬間に警察に取り押さえ逮捕されました。犯人はその時奇妙なことを言ったのです。

「確かに襲うとしたが、彼女は一人じゃなかった だから襲うとは考えなかった」と、
しかし、彼女は一人で歩いていたのです。

お化けでしょうか。そうかもしれません。それでも犯人に一人ではないということで助かった
のです。彼女自身、強運の持ち主かもしれません。それもあると思いますが
私は、何かに守られたと思うのです。守護霊というものかもしれませんが、その時の自然の
流れかもしれません。
私にも別れた娘がおります。今どんな暮らしをしているのかも分かりません。いつも幸せ
でいるように願っています。そして身近にいる名前も知らないここで遊んでいる子供たちが
安全で安心した環境で過ごせるよう、少しでもお役に立つことが回りまわって私の娘も地域の人もしくは、縁した方たちから助けられて生きていけると強く信じているのでございます。

きれい事抜かすなと言われる方もおられると思います。生意気ついでに言わせて貰うと
一文字足りません。きれい事ではなくきれいな事を私はやろうとしているのでございます。

自分の子供をみるだけで精一杯。とにかくわが子を守りたい。ならば他の子供に意識を
向ければいい。仕事で精一杯。自分の家庭を守りたい。ならば仕事以外の地域に目を
向けてみればいい。それが偽らない今の私の考えでございます。

あーーーーー。また生意気なことを言ってしまいました。申し訳ございません。

1/29日 エントリー 地域町内の役員さん 参照

3/26日 エントリー 自冶大亀会総会 参照


【下の写真は昨年12月に行われた中央町会もちつき祭りの様子でございます。】
P1010869.JPG

№259 名刺のこだわり~その4~

| コメント(0)

名刺のこだわり~その4~と題しまして、新しい名刺作成の
近況報告をさせていただきます。

昨日、午後20時。名刺企画会社ドアーズの大竹様そして小笠原様とで
名刺作成再度最終打ち合わせをふじみ野駅の喫茶店で
行ないました。

新しい名刺が年内中に出来上がる予定でございます。

今回、名刺裏のデザインを決定することがメインでした。

ss 031.jpg

名刺裏のコンセプトは表も同じですが、和。基本は日本をテーマー
に構成してます。

表を国際バージョン。北斎の絵画で和をイメージさせ

裏を国内バージョン。デザイナー日高聖二氏による文字で和を
表現してみました。

弊社のホームページに目を通してくれた大竹様から、弊社の
会社概要紹介文の中に
 

~「愛妻」「愛車」「愛犬」という固有名詞があるのに、どうして
マイホームを「愛家」と呼ぶ人がいないのでしょうか。~

というこの「愛家」(アイカ)という言葉を気に入ってくれました。

人により見方読み方が違うものだなと思いましたが、私はこの「愛家」を
(アイヤ)と表現していました。しかし(アイカ)のほうが響きが良いし
格好良いと思いました。

愛家職人というアイデアは大竹様の発想でございます。

私が彼女にこの名刺の仕事依頼をさせてもらったのも、
女性の持っている細やかな感性を提案してくれると思ったからです。


ss 032.jpg

日高氏の文字デザインも最初1点だけでしたので、これでは
比較対象になるものが無いので何点か作品を作っていただきました。

その中でこの字を決めたのです。

ss 033.jpg

私の名刺に対するこだわりが大竹様、小笠原様に伝わったのか
表のデザイン色の作り方と仕上がりの時の色の感覚のずれを
事前に説明していただき、同じ色彩を携わる者として大変勉強に
なりました。


ss 034.jpg

その話の中で色彩とは基本的に4つの色から作られていきます。

C =シマン(青) M=マゼンタ(赤) Y=イエロー(黄) K=黒
の4色でございます。

今回の私の表の名刺の色はこの黒が無く、3つの色を調合して
グラデーションさせ、最後にグロスニスを表面に塗っていきます。

そして北斎の絵の窓の部分だけグロスニスを塗らずににそこの
箇所を引き立たせる味付けをすることに決めました。

【 12/2日 エントリー №251 名刺のこだわり~その3~ 参照 】


ss 035.jpg


今度は仕上がった名刺について報告する予定でございます。

出来上がりがとても楽しみでございます。


ss 036.jpg


※さて明日のブログは、お待たせしました。えっ?別に待ってない・・・?
それはそれは失礼致しました。まーそう言わずしばしお付き合いを・・・

私が選んだ今年のブログベスト・テン2006と題して、
ベスト6位を発表させていただきますので、ご拝読の
ほどお願い申し上げます。

№258 第7位 私が選んだブログベスト・テン2006

| コメント(0)

私が選んだブログベスト・テン2006第7位は・・・・・・

【 10/1日 エントリー №209  記録 参照 
でございます。

【 3/28日 エントリー ヒデキマツイ 参照 】では松井選手を

【 10/31日 エントリー №229 心情 参照 】では、
今年日本ハムを引退した新庄剛志様を
テーマにブログ作品として作りました。

アメリカという大海原に飛び立っていった松井・新庄そしてこの
エントリー「記録」の主役イチロー選手は日本を代表するスーパースター
の3羽カラスでございます。

そして、話はそれますが、もう一人忘れてはいけない一匹狼がいます。
野茂英雄選手でございます。来年は彼をテーマにしたブログを作りたい
と思います。

今回何故この「記録」を選んだかと申しますと、大事な出来事、節目、
などには書面を認め、記憶ではなく記録として後世に残していきます。

人は結果が上手くいった成功者のことには耳を傾けますが、
実績も無くほら吹きをまくし立てる人のことは相手にしません。

私は、ほら吹きを言い続けた過去の積み重ねから自分の夢を自分なりに
実現していった大ぼら吹きのコンコンチキ人間の方が格好良いと思います。

わたしもこのブログによって我がヒストリーを築き上げ、共感していただく
方たちのお役に立つことを実現したいと切に思っているしだいです。

そういった意味でこのときの文は、今も変わることはございません。

また、この写真はネットでのプロカメラマンの作品ですが、素晴らしい写真
でございます。

中でもグランドを歩いているイチローの凛としたユニホームの着こなし、
その後ろに見える派手なバックスクリーンはいかにもアメリカのスケールと
センスの良さを映し出しております。

自己満足ですが、この写真を選んだ私もなかなかのものでございます。

それでは長い前置きはこの辺にして・・・・・

どうぞご拝読のほどを・・・・・・


--------------------------------------------------------

第7位 【 記録 】

2004年10月1日(現地時間)ジョージ・シスラーのメジャーリーグ年間最多安打記録(257安打)を84年ぶりに更新する258安打を達成。国内だけでなくCNN・Yahoo!・USAtodayなど多数のニュースのトップスポーツ記事に。

※写真は全てインターネットより記載

record_04[1].jpg

ichiro_29_b[1].jpg


1991年、その打撃センスをかわれドラフト4位指名を受け、外野手としてオリックス・ブルーウェーブ(現:オリックス・バファローズ)に入団した。
入団後は2軍で首位打者を獲得しながらも、土井監督や小川亨コーチから独自性を否定された事に対し我流を貫き続け,「若いくせに結果ばかり求める」という理由で、当時豪腕の名をほしいままにしていた野茂英雄投手からプロ初本塁打を放ったもののその日に2軍降格を言い渡されるなど、1軍に定着することはなかった。
2軍生活を余儀なくされていたイチローは、2年目の秋に当時,土井監督が今季限りという噂があり,従う必要性もなかったので河村健一郎2軍打撃コーチと二人三脚で振り子打法を鍛え上げ後日の飛躍にそなえた。
1994年、監督に招聘された仰木彬はイチローの天才的な打撃センスを見抜くと、登録名を当初の鈴木から「イチロー」に変更させて1軍の2番バッターに抜擢する(その後1番に定着する)。イチローは1軍打撃コーチの新井宏昌にも理解されレギュラーとして活躍、その年210安打(日本記録)の偉業を達成し首位打者を獲得,またこの年から打撃の正式タイトルとなった最多安打の初代獲得者となった。

record_08[1].jpg

【 3/28日 エントリー ヒデキマツイ 参照 】でNYヤンキースの松井選手について触れましたが、
このイチロー選手もまさしく日本を代表する時のスーパースターでございます。
昔の長島・王選手にはない、世界に通用する容姿と品格を備え
自信を内に秘め打席に入る姿はスポットを浴びたエンターテナーを
演出しているかのような風貌を感じさせます。

今は亡き仰木監督はじめ、イチローの才能を見抜き、評価してくれる
関係者の支援によってここまでの世界記録を達成できました。
人との縁、指導者、上司に恵まれなければ、素晴らしい才能の種も
芽は出なかったかもしれません。あくまでも結果でございます。
ここまでの人物はいかような環境であってもこの10月1日に到達
していたかもしれません。

生意気と疎んじられ、結果をだしてもトップリーダーが気に入らなければ
二軍落ちを余儀なくされました。
それでもイチローは自分の考え、我流を貫きとおしたのでございます。

record_07[1].jpg

結果が全ての世界であり、人に評価されていきます。
イチローのような本物は結果にいたる経路の中で言い知れぬ努力を
重ねた当然の成果でございます。努力もせず世渡り上手
で結果をだした輩はいずれ衰退の幕を自分で下ろす結果となるでしょう。

そう思うとこの私はどうなのか、頭をかきむしります。
日々努力をしているだろうか、自分らしく生きているだろうか
信念の弱さに心が揺れ動きます。
といいますのも昨日とある社長様と酒を飲んでおりまして、その時の
会話で気づかせてもらったことがありました。

ichiro_25_b[1].jpg

「薄井君。私もちょくちょく君のブログを読ませてもらっているけど
何を考え、何を人に訴え発信し、どんな人に見てもらいたいのか
よく分からないことに気づいた。これではそこらのブログとなんら
変わらない。日記では見てもらう人には興味は引かないと思う。
私もゴルフを始めてきづかせてもらったんだが、上手い人というのは
下手は相手にしないし、かつ中途半端で練習もしない努力をしない
人間には興味を惹かないんだな。だから物事をなにかひとつ極める
ことだよ。それがあるならば人に批判されようが関係ないんだ
薄井君にはそれが今は無いな。それを掴んだら、きっと薄井君の
ブログもかなり面白いものになって共感を呼ぶ人たちが集まって
くると思うよ・・・・なにしょげた顔してるんだ。ほら飲みなさい。ハハハハ」

ichiro_26_b[1].jpg

ご指導いただいた感謝と自分ではこのブログを自己満足にしないように
思い考え作成してきましたが、まだまだのようです。
早いものでブログを始めて10ヶ月目に入ることができました。こんな感じで
ブログを展開していきたい、もっとこうすれば面白くなるかもしれない
と試行錯誤しながらつづけてきた半面。これでいいのか、こんなことしてて
なんになるんだろうかと疑心暗鬼に陥ることも多々ありました。

このホームページのブログを創めた時は、これを営業の一環として
取り入れていこうと固く決心し、もう一人の自分もこのブログはきっと上手くいくと
確信を持っているのでございます。
しかしその確信もまだまだ上っ面なものなのかもしれません。
いまはそれを謙虚に受け止め、なんとか本物の確信を掴むようにこのブログを
続けていきたいと思うのでございます。


ichiro_27_b[1].jpg

人は成功という結果でしか評価しませんし認めてはくれません。
しかし本物の成功とは結果ではなくそこまでのプロセスを段階を踏んで
形として自分らしい生き方をしていくことだと思うのです。

ほら吹きでも、やってからではなくやってやるんだと自分に言い続ける。
その証が日々のこのブログであり、記録として残していく継続なのです。
その確信が人に感動を与え共感を呼ぶのだと改めて奮起いたしました。

今日から10月。これからもよろしくお願い申し上げます。
ご拝読誠にありがとうございました。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

№257 屋根コロニアル上塗り塗装工事

| コメント(0)

昨日でこの屋根コロニアル塗装工事の全外壁塗装工事が終了しました。
私は今日現場最終点検に来ました。

完璧に仕上げてくれたので、後は足場解体のみと相成りました。

ff 006.jpg

【 11/29日 エントリー №248 屋根コロニアル洗浄工事 参照 】
【 11/30日 エントリー №249 コロニアル屋根下塗シーラー塗装工事 参照 】
【 12/6日 エントリー №255 屋根コロニアル中塗り塗装工事 参照 】

の最後のエントリーとなりますシリーズ 屋根コロニアル上塗り塗装工事について
紹介させていただきます。


ff 008.jpg

上塗りを一回で済ませる工程と2回塗りをする工程の違いは
簡単でございます。仕上がりの質感が全然違います。

ff 011.jpg

ff 014.jpg

写真では上塗りを塗ったばかりなので、色合いの違いがはっきりして
お分かりになると思いますが、極端な話、乾いた後でもここまでとは
いえませんが色合いが明らかに違うのでございます。

勿論、塗料が重なる分、耐久性も違ってきます。

ff 009.jpg

上の写真は今日現場点検で撮った仕上がりの様子でございます。
完璧でございます。

ff 007.jpg

今回のお客様の現場は、一部の外壁部分が隣宅とかなり密接していたので
よく職人さんがこの狭いところを塗れたと感心してしまいました。

まープロですから当然ですよね。

良く塗れています。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。


※さて明日のブログは、お待たせしました。えっ?別に待ってない・・・?
それはそれは失礼致しました。まーそう言わずしばしお付き合いを・・・

私が選んだ今年のブログベスト・テン2006と題して、
ベスト7位を発表させていただきますので、ご拝読の
ほどお願い申し上げます。

№256 第8位 私が選んだブログベスト・テン2006

| コメント(0)

eee 001.jpg

上の写真は、今日撮った玄関の脇に置いてあるハイビスカスでございます。

この寒い日にこうして花を咲かせているのです。

それだけ温暖化なのでしょうか、それとも私の愛情が花を咲かせて
くれているのでしょうか・・・・

今日朝、掃除をしていたら、このハイビスカスが私に囁いたのでございます。

---- 薄井社長、今日のブログには私のこと取り入れてね

と甘い声で言われました。私はきれいなものに弱いのでございます。

ということで私が選んだブログベスト・テン2006の第8位はーーーーーー。

パッパラパーーーーー。

【 9/3日 エントリー ハイビスカス 参照 】でございまーーーーーす。

それではどうぞーーーーーーーーー。

-------------------------------------------

第8位  【 ハイビスカス 】


今日朝、会社の玄関の隣に咲き終わったと思った
ハイビスカスの花が開いておりました。嬉しかったなー。

「ハイビスカス」と題しておりますが
本当は「花とウンコ」と題していきたいと思いました。しかし
あまりにも品がないので表向きを「ハイビスカス」
としたのです。

a 001.jpg

それでは本題「花とウンコ」 ご拝読のほどお願い申し上げます。

昨日、とある社長様と夕食を交わしながら雑談をしておりました。

「薄井君 今悩み事は有るかい?」

「お陰さまで、健康ですし、ライフスタイルも規則正しく暮らせてますし、
社員も文句はあると思いますが良く働いてくれています。
人間関係も上手くいっています。しいて言えば自分のふがいなさと
仕事の向上にいまいち伸び悩んでいる状態ですかね。」

「それはなによりだ。自分の成長はすぐには無理だよ。日々の
積み重ねだ。いずれ君の思うようになる日が来るから焦っちゃいけない。
ただ世の中には、自分のことは棚に上げて、家族、社員、他人の
せいにして腹を立てている人がいるだろ、あれは自分がウンコ
なんだよ。 ウンコ。わかるかい」

「ウンコですか (笑い)」

「そう。ウンコ。ハエは瞬く間に臭いを嗅ぎわけやってくる。そして知らぬ
まに蛆虫が居つくんだよ。それは自分がウンコだからだ。
ウンコはウンコにあたいするものしか近寄らないんだよ」

---ただいま食事中----

「それとは対象に花を見てごらん。穏やかな日を見計らってミツバチや
蝶が寄ってくるだろう。薄井君あんたもウンコじゃなくて花になりなさいよ
それも自分しかない花にね」

私は花が大好きでございます。
【 4/1日 エントリー 花 参照 】をご覧になって下さい。

今日も朝日を浴びながら、花に水を注いでいたら、ウンコ、ウンコと言っていた
社長の顔がハイビスカスの花とダブってひとりでにやけてしまいました。

今日の私のお通じはこれまた最高のウンコでございました。
写真に撮ろうと思いましたが、やっぱりねー・・・・・
その代わり会社に植えた花を撮りました。ウンコより良いですよね。


a 003.jpg

№255 屋根コロニアル中塗り塗装工事

| コメント(0)

【 11/29日 エントリー №248 屋根コロニアル洗浄工事 参照 】
【 11/30日 エントリー №249 コロニアル屋根下塗シーラー塗装工事 参照 】
の続きで今日は屋根コロニアル中塗り塗装工事についてお話をさせていただきます。

今日も穏やかな日でしたが、寒さは日に日に増してますね。

eee 059.jpg

弊社はコロニアル塗装では、水性シリコンを主として使用しています。
溶剤系のほうが耐久性に勝るといわれますが、今は水性塗料の
技術も進歩しております。溶剤系ですと2液型が多く
作業性が非常に面倒でございます。といいますのも
営業だけしか知らない人は作業をする職人の考えをあまり
理解せずに、2液性のほうが性能が良いと思っているのです。
ですが、この2液性塗料は1液と2液の配合を少しでも間違えば
性能は逆に半減されてしまうのでございます。 


eee 062.jpg

また、2液性は使用した材料は翌日には使用できません。
ですから2液配合した材料は一気に仕上げなければいけません。

今の時期などは午前中は気温が低く夜露などで作業ができません。
夏などは急な夕立で作業ができなくなると、その材料は使えなくなり
資源の無駄遣いになるのでございます。

全く持ってナンセンスでございます。ですからメーカーもウレタン系は
2液から1液に移行している状況でございます。

それでも2液が良いというお客様は、優秀な責任感のある職人さんを
吟味することをお勧めいたします。

eee 069.jpg

コロニアルの塗り方ですが、上の段からパーツを決めて横にはしっていきます。
その時、次のパーツにはみ出ないように段を揃えて塗っていきます。

eee 071.jpg

理由は、はみ出た部分が次に塗り重ねする時に重なった部分が
乾きムラとして仕上げが均等に塗れていないように見えてしまうからです。

eee 067.jpg

スプレーガンで吹きつけする時は問題ないのですが、ローラーの場合
コロニアルの重ね部分に塗料がかぶさることがあります。そうすると雨漏りの
原因になる可能性が高いので、えん切りと言って余分な塗料がかぶさら
ないようにします。


eee 070.jpg


eee 063.jpg

大屋根部分の外壁下塗りをして外壁中塗り・上塗りを終えた後
屋根コロニアル上塗り仕上げをしていきます。

上塗り塗装工事については次回のブログで紹介いたします。

eee 003.jpg

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

※さて明日のブログは、お待たせしました。えっ?別に待ってない・・・?
それはそれは失礼致しました。まーそう言わずしばしお付き合いを・・・

私が選んだ今年のブログベスト・テン2006と題して、
ベスト8位を発表させていただきますので、ご拝読の
ほどお願い申し上げます。

№254 9位 私が選んだブログベスト・テン2006

| コメント(0)

今日はめっきり朝晩が寒く、あまりの寒さに朝5時に起きてしまいました。

缶コーヒーを買いに外に出たら北北西の沈みかかる
満月の明かりがほのかに私の瞳に焼きつきました。

夕方は夕方で北東から朝の月の色とは違うオレンジ色の月が
せわしない師走の町を照らしていました。

自己満足で私が選んだ今年のブログベスト・テン10位ではこの月を
テーマの作品を選ばせていただきました。

さて、今日はベスト9位でございます。

それでは始めさせていただきます。

私が選んだ今年のブログベスト9位はーーーーーーーー。

パッパラパーーーーーー。

【 7/25日 エントリー 鼓動 】でございまーーーーーーーーーーす。

今年の6/13日~6/16日まで私は、御ひいきさせていただいております
不動産会社社長のお誘いの下、御社の社員旅行であった沖縄へお供
させて頂きました。また旅費から食事全てを賄って頂き、お返しという
お返しもできないまま、素敵な旅のプレゼントを頂いたのでございます。
五十嵐社長様には感謝の気持ちでいっぱいでございます。

沖縄は始めての地でございまして、見聞をひろめ、異国の日本と感じ
させる南の島でございました。

詳しくはブログカテゴリーにある 沖縄特集 をごらん下さいませ。

このエントリーを選んだ理由はこの写真の若者達の笑顔でございます。

また私は、作家ではございませんので文面はお粗末ですが
演奏する若者達の太鼓を叩く躍動感が自分で言うのもなんですが
バクバクと伝わってくる文章になっているのです。

分かっております。分かっております。そう思うのは私だけでございます。

自己満足ですからーーーーーーーー。

それではどうぞーーーーーーーーー。


---------------------------------------------------------------------------

ベスト9位 【 7/25日 エントリー 鼓動 】


夏といえば祭り。祭りといえば太鼓。日本人のDNAには
この祭り太鼓の鼓動を聞くと自然に心が高ぶるように
なっていると思います。
沖縄琉球村での古来民謡と太鼓演奏を聞かせていただきました。

d 156.jpg

「セイヤー」 「そりゃ」 「ハイ」 掛け声をあわせ若い躍動感が
沖縄の暑さと迸る汗が交じり合い観客の視線を釘付けます。
若い力で叩きつけられる太鼓の鼓動は母親の胎内で聞いた
懐かしい鼓動となり、子宮から飛び出した新しい生命の鼓動が
爆発したかのように私の体全体に電撃が走りました。

d 162.jpg

歓喜と一生懸命さが青年、女子奏者に笑顔をかもしだして観客に
挑戦を挑]むがごとく、これでもかこれでもかと腕、足そして体全体を
使って激しい太鼓を叩きつけます。
プロではありませんのでステージ構成・演出は落ちますが、それ以上に
私なら1分もしたらバテて倒れてしまうくらいの激しい
演奏をつづけていたのです。なんともいえない奏者の顔が
そこにあったのでございます。
苦しいだろう。疲れているだろう。それでも打ち続ける真剣さと
食いしばる口元で笑顔を絶やさないその顔は凛々しさを感じます。
若さの特権は下手でもぶつかっていく可能性の挑戦だと思います。

下の写真は演奏が終了した最後のシーンです。
場内から割れんばかりの拍手喝采です。

太鼓のステージはやはり真夜中の月に照らされて
炎の光をライトにして観たいものでございます。

d 160.jpg


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

№253 あかひげ

| コメント(0)

巨匠黒澤明監督の作品「 赤ひげ 」。

私はまだ見たことがありませんが、三船敏郎演じる町医者
の物語というところまでは存じております。

映画センスがないのか、私には黒沢明の映画はピンときません。
昔の映画より今の邦画のほうが役者の演技に感動するのは
私だけでしょうか?

黒澤映画でむしろ心惹かれるのは、作品の題名でございます。

「七人の侍」 「荒野の用心棒」 「影武者」 「乱」 「まあだだよ」など
面白い題名が多ございます。

話がそれてしまいました。・・・・・今日は映画の話ではございません。

町病院の院内改修工事のお話でございました。


dd 049.jpg

仕事をさせていただく病院の院長先生とはかれこれ4年ぐらいの
お付き合いをさせていただいております。

最初は患者として通院していました。冗談の分かる先生でして
診断中はよく私にたいしてきついジョークを浴びせられたものでした。
でもそのジョークの中に優しさがあるのでございます。


kk 052.jpg

それからちょくちょく私に気を留めていただき、病院から自宅まで
リホームの仕事をさせていただいて下ります。

pp 048.jpg

今回は息子様が後を継がれるということで、既存のパーテーションを撤去。
院長先生との二つの診断室を設けて患者様の問診に円滑に進むよう
工事を賜りました。

pp 015.jpg

工事前はレイアウト・先生のイメージを再度再度打ち合わせをし、
平日は工事ができませんので、土曜の午後から昨日にかけての2日間で、
解体・大工工事を行いました。

2期工事の内装工事は、今月9日・10日で仕上げる予定でございます。


pp 005.jpg

前にもブログで書きましたが、将来顧問弁護士・顧問会計士・顧問ドクター
のパートナーと人生を育む事が私の願いでございます。

その夢も着実に実現しており、私の町の赤ひげ先生とこうしたお付き合いが
できることに私の理想のお客様像があるのです。

oo 004.jpg

1期工事も昨日無事終了しまして、今日様子を伺いに先生に
お会いしたら、大変満足していただき、息子様の先生からは

「薄井さん。ホームページ見させてもらいましたよ」と言っていただき、とても
うれしゅうございました。

院長先生に、

「院長先生。今回の工事、ブログに載せてもらってもいいですか」と尋ねたら

隣にいた看護婦さんが

「勿論良いわよ。アドレス教えてよ。是非見たいから」と言っていただき
先生も横で、縦に首を振ってくれました。

ありがたいことです。

oo 002.jpg

※さて明日のブログは、お待たせしました。えっ?別に待ってない・・・?
それはそれは失礼致しました。まーそう言わずしばしお付き合いを・・・

私が選んだ今年のブログベスト・テン2006と題して、
ベスト9位を発表させていただきますので、ご拝読の
ほどお願い申し上げます。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

今日はとても穏やかな1日でございました。

さて今日は私が選んだ今年のブログベスト・テンと題しまして
10回に分けて展開していきたいと思っております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

午後5時過ぎ、仕事から会社に戻ってきましたら、夜空のお月様が
満月です。一昨日くらいもきれいなお月様が下界を見下ろしていました。

今、ブログを書いているのは午後6時前です。皆様も今宵空を
見てみてください。夜月があなたの瞳をてらすことでしょう。

ということで私が選んだブログランキングベスト10位は・・・・・・

パッパラパーーーー 第10位ーーーーーー!!!!!!

 3/14日 エントリー 月 参照 】でございまーーーーーす。

本当は10位は違うエントリーでしたが、今日の月を見て、
急遽変更いたしました。

何故これを選んだか・・・・。今日もそうですが、いろいろある日々
の中で、嫌なこと、悲しいこと、腹が立つこと、むなしくなることなど
数えればきりがない一日の中でこうして夜空の月がきれいだと
思える自分にまだ心にゆとりがあるのかなーーーと感謝できることが
このエントリーを選んだ理由でございます。

今年も残り少ないですが新しい年もこのような気持ちで過ごせるように
皆様。ご拝読のほどお願い申し上げます。

それではどうぞーーーーーーーーー。


-----------------------------------------------------

第10位  【 月 】


3/13日(月)午後23時ベットに入り、お休みモード熟睡のなか、目が覚めて
よく寝たなと思い時計を見ましたら、なんと丑寅の刻。午前2時30分でございました。

うそー。良く寝たのになー。まっ二度寝できて儲けもんだとおもい目を閉じたのですが
なかなか眠れません。いつもならまた熟睡できるのですが、この日はぜんぜん
駄目でございます。
だんだん体も冷えてきてよけい寝付けません。
こんなときは無理して寝ることはないやと思いまして、お風呂に入ることにいたしました。
朝風呂というにはちと、はようございまして音楽を聴きながら窓ごしに目を留めると
やたら外が明るいのでございます。ここに外灯あったかなとおもい窓を開けましたら
なんとも美しい満月様が私を見ているではございませんか。

RIMG0540.JPG

 すばらしい。本当にすばらしいのでございます。雲ひとつ無くかわりに湯煙が情緒を
かもしだしてくれるのでございます。これぞ温泉気分でこざいます。
写真では、よく撮れなくてこの時の情景を伝えられないのがとても残念でございます。
日本酒でも飲めば露天風呂気分ですが、仕事がありますので2リットルの水をがぶ飲みです。
体も温まってきまして、瞳を閉じてしばらくしてお月様を見ると動いているのが分かるのです。

 静かで、ほんと静かで、この時間を独り占めできていることに感謝となんともいえない
優越感にしったているのでございます。今宵の経験は、初めてでございます。
きっとお月様がこの日を見せるために導いてくれたのだと思うのでございます。
ありがたいことです。

RIMG0542.JPG

2時間くらい風呂場でお月様を眺めていました。このまま朝まで起きていようと決めて
ソファーに腰掛けていたら今度は睡魔に襲われ寝てしまいました。
窓辺から射す朝焼けで目を開けました。今度は朝日の美しさでございます。

なんともいえない3月14日を迎えたのでございます。

RIMG0543.JPG

№251 名刺のこだわり~その3~

| コメント(0)

昨日企画会社のドアーズ 大竹様からメールで前回打ち合わせした
名刺レイアウト確認のサンプルが届きました。

【 11/27日 エントリー №246 名刺のこだわり~その2~ 参照 】

確認した後、電話で私からの注文です。うるさいお客でございます。
そうすんなりとOKをださないのが、薄井という男でございます。

まーしかし再度打ち合わせをしてきましたので、訂正するところは数字の
配置位なもので、後は納得いくデザインになっています。

dd 001.jpg

【 10/15日 エントリー №220 名刺のこだわり 参照 】
をご覧になっていただきたいのですが、ここに最初の私の名刺デザインの
コンセプトが書いてあります。

名前の上に海波の絵がありますが、北斎作 富嶽三十六景 神奈川沖の作品
でございます。

つい最近テレビCMでこの絵画を使った広告がお茶の間に流れ
皆様も記憶に新しいと思いますがいかがでしょうか?

定かではございませんが、吉永小百合様が日本で初めて時を止めたのは
北斎だと・・・このような語りをしたと思うのですが、間違ってたらすいません。

しかしこの言葉すごくいいなと思いました。
当初は、この空間に浮世の黒い着物を着た踊り子が赤い傘を差した
姿を考えていました。ところが小さすぎて見ずらいこととなり
他のものと比較しましたが、どれも静の絵画であり、唯一この北斎の絵画
だけが時を止めた動の部分に私たちは躍動感を感じたのでございます。

この絵なら知っている方も大勢いると思いますので、この名刺を渡した時
話しの種になるかもしれません。

静の中の動。動の中の静を兼ね備えた波の青はバックの色ととてもマッチ
しました。バックの色は当初金。ゴールドをイメージしてましたが、その
紙質を見たら、すこし怒気つい感じでしたので、金に近いカラーを作ってもらいました。


99 080.jpg


88 088.jpg

右側のデザインは、裏面になるものです。表は英語バージョンで裏は
日本語バージョンでございます。文字はデザイナーに依頼しました。
まだ未完成なので何種類か検討中でございます。

この続きはまたのブログで報告させていただきます。


※さて明日のブログは、お待たせしました。えっ?別に待ってない・・・?
それはそれは失礼致しました。まーそう言わずしばしお付き合いを・・・

私が選んだ今年のブログベスト・テン2006と題して、
ベスト10位を発表させていただきますので、ご拝読の
ほどお願い申し上げます。


※北斎の絵画著作権についてですがあまりにも古い時代のもの
  なので法律上問題はございません。

№250 自己満足

| コメント(0)

今日から12月。今年最後の月と相成りました。

歳を重ねると月日が早く感じるのは私だけではないと思います。

早いものでこのブログを始めてから、12ヶ月目に入りました。

計算した訳ではなかったのですが、今日でエントリーナンバーも
250という節目を迎えることができました。

今日はこのブログについて再確認と新たな気持ちで続けていけるよう
お話しをさせていただきたいと思います。

ii 041.jpg

今年の一月。弊社の営業戦略の一環として、このブログそして弊社の
ホームページによるインターネットでの宣伝広告が必要不可欠と感じました。
そして芸能人や一流企業などしか自己PR。コマーシャル等の広告宣伝が
できなかった時代はなくなり、個人または中小企業でもセンスのある感性で
自分たちのホームページという世界をつくる環境をビル・ゲイツから授かった
のでございます。

これはまさに画期的なことであり、新しい時代の到来なのです。

私は弊社の代表としての考えを皆様に知っていただき、人とのつながりの
中から仕事を通してお役にたちたい。自己満足にならないブログで情報提供
していければと、ここまで続けてきました。

しかし、試行錯誤をしながら時にはこんなことしててなんになるんだ・・・
お客様はひょっとしてこんなことを求めていないのではないか・・・
自分をさらけ出して仕事を受注するなんて世の中甘くないのでは・・・・

そんなことを思うと正直嫌になるときも何度かありました。

止めちゃおうか・・・でも間違ってない・・・間違ってない。

俺はこれをやると決めたんだ・・・この思いとそしてこんな私のブログを
見てくださる方たちが毎月増えているというデーター数字でございます。

ここまでこれたのもその数字が励みになり、続けられる原動力となったのです。

自己満足なのです。やはり私のしていることは自己満足なのです。

でも自己満足だけで終わってはいないところに、皆様が見てくださる
なにか感じるものを提供させていただいているのではないかと勝手に思って
いるしだいです。

うぬぼれと思う人もいると思いますが、私の中では、うぬぼれではないのです。

なぜならば、この小さな世界は私のブログであり、マイページであるからです。
日々の積み重ねてきたエントリーはその日の出来事だけを書いた物、または
日記で終わらせるのではなく、私の文化作品と思い創り続けてきました。

甚だしい、生意気なことを抜かすなと思われる人の目を気にしていれば
何時までたってもオンリーワンにはなれないのでございます。
万人に受け入れられるために嘘の虚像に崩れていった人や会社を目の辺りに
してきました。

100人の中で1人でも共感してくれるお客様が現れればゼロではないのです。
そんな出会いを10人欲しければ、2000人の出会いが必要なのでございます。

その不特定多数の人に情報発信することにより共感していただく多くの
人と出会えるのです。まさにインターネットは時間を超越した架け橋で
ございます。

勿論、評論家から見れば文面も構成もお粗末なものかもしれません。

それでいいのです。私の心の中では今年の1月から少しずつ成長している
ブログだと自負しているからです。

完成度ではなく、経験している人は理解していると思いますが
継続こそがまさに成長していくパワーなのでございます。

今月のブログでは、自己満足の企画として、私が選んだ
今年のエントリー作品ベストテンを紹介させていただきます。

過去のエントリー作品から新たな出会いが作れるかもしれません。

楽しみなのは私だけかもしれませんが、楽しみにしてくれる・・そう・・・
その一人の方のために約10日間。面白いものにしていきたいと思います。

ご拝読誠にありがとうございました。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

工務店・一戸建て・防犯住宅ならマネジメントホーム

一戸建て・工務店をお探しなら、マネジメントホームで防犯住宅の家づくり。一戸建て・注文住宅は家族が安心に暮らせる住宅を建てませんか?

MTBlog42c2BetaInner

2012年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ナイガイセルフ社長


ナイガイセルフ
代表取締役 薄井宣正
住宅リフォームや内外壁塗装など、自然塗料の施工リフォームを提供している会社社長
by Nobumasa-Usui


ナイガイセルフホームページへ!"
ナイガイセルフホームページへGo!
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ
投票お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ


にほんブログ村 ビジネスブログへ

のサイトを登録! by BlogPeople
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.261