2006年10月アーカイブ

№229 心情

| コメント(0)

札幌が歓喜に沸いた! 北海道日本ハムが札幌で行われた中日との日本シリーズ第5戦に4対1と勝利して、前身の東映が1962年に優勝して以来44年ぶり、東京から北海道に拠点を移して3年目で日本一に輝いた


日本ハムの新庄は27日、札幌ドームで会見し、引退後は野球関係以外の仕事をしていく考えを明らかにした。

今日はこの新庄剛志選手についてお話をさせていただきます。


※写真は全てインターネット引用。


20061027-00000002-maip-spo-view-000[1].jpg

「私は今シーズンをもって引退します」

ドーーーーっと観客からどよめきの歓声が鳴り響きました。

その後、禿げ上がり、昔名をはせた名選手だった解説者がこの会見
を聞いて

「けしからん、シーズンも始まったばかりで、終わってもいないのに
チームのことも考えないで、なにを考えているんだ。チームの影響は
かなり思わしくないね」

と、テレビで渇を入れていたのを見ました。

また、ある若い人の考えは、これはなかなか演出が上手い。引退をする
新庄見たさに興業収入はすごくなるだろうと言っておりました。
まさにこの考えが的中したのでございます。

なにをもって常識と捉えるか・・・

野球一筋に生きてきた昔の人の考えは、新庄選手の発言によって球団が
最下位になれば、それが常識正論となったかも知れません。しかし
引退すると発言した独りの男は日本一と言う手土産を置いて引退
していきました。

勝負の世界は勝ってなんぼ。結果オーライとまでは言いたくありませんが
勝負に勝ったのでございます。

その後のその解説者のコメントは聞いておりませんが、たぶん手のひらを
変えて新庄選手を高く評価しているのではないでしょうか。

所詮、世間とはそんなものかもしれません。

そういう私はと申しますと、勿論勝ったから、こうして話題として取り上げて
いますが、はっきり言って新庄選手は好きではありませんし、プロ野球にも
全く興味がございません。その私が新庄選手を話題にさせていただいたのは

「有言実行の男」であるからでございます。

何時何時まで期限を決めて、後は成果を結果で現していく。
やってから結果がよければ、なんとでも評価されてしまうものでございます。

新庄選手のような有名人になれば、結果が悪ければ、ぼろくそもんです。

勝てば官軍。負ければ棺桶でございます。


20061023-00000000-maip-spo-view-000[1].jpg

アメリカに旅発ったマツイ選手 【 3/28日 エントリー ヒデキマツイ 参照 】
イチロー選手 【 10/1日 エントリー №209 記録 参照 】
そしてシンジョー選手は平成野球人の三羽カラスであり、
徳川のヤッさんをマツイ選手とするならば、織田のノブちゃんはイチロー選手であり
豊臣のヒデちゃんはこのシンジョー選手に私は譬えたいと思います。


20061028k0000m050021000p_size6[1].jpg

人にどう思われようと自分に正直に生きている人間の素晴らしさに
私は高く評価させていただきたいし、私もそういう生き方をしていき
たいと思うのでございます。

体力の限界で泣く泣く去っていくのも偉大な人のできることであり
人に惜しまれて去っていくのもその人の器の大きさなのかもしれません。

人情 愛情 友情 同情 心情 全て兼ね備えているのがこの新庄選手
なのかもしれません。

20061027-00000513-yom-spo-thum-001[1].jpg

今日で10月も終わり、明日から今年も2ヶ月。皆様 楽しく張り切って
参りましょう。ご拝読誠にありがとうございました。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい

№228 ブロック解体・フェンス取り付け工事

| コメント(0)

ブロック塀を解体して、フェンスの設置を工事を行ないました。

お客様は古くなったブロック塀が地震で崩壊して通学中の児童に
ケガでもさせてはいけないという要望で弊社に依頼されました。


【施行前】
llP1010525.JPG


ブロック塀解体工事  これが今回の重労働
llP1010542.JPG


レベル調整をして基礎造り
llP1010543.JPG


【施工後】
llP1010546.JPG


下の写真は、3年前の弊社のブロック塀でございます。
写真でも分かると思いますが奥の方は人が入れない状態でございました。
ブロック塀の高さも2メートル以上ありました。

234.JPG

皆様は家の家相というものをどう捉えていらっしゃいますか?
関係ないとお考えの方は参考までと聞き流してくださいませ。

私は家相というものを意識しております。それ以上に人相の方を良くするよう
意識しています。

P63.JPG

整形して顔を美しくする男女が後を絶ちませんが、脳を鍛えれば顔が
変わることをご存知でしょうか?

話が反れましたが、家相 家にも人相と同じく家の相があるのでございます。

私も今の弊社を購入した後、人からあーでもない。こーでもないと言われて
一時期建物のことで悩んだことがあります。
そのときから、家相に付いて書物を紐解き、勉強まではいきませんが知識を
身に着けました。

しかし家の形や向きをおいそれと変えることなどできません。
ある鑑定士に観てもらったら、ここは良くないから一日も早く移転した方が言いと
耳元で囁きました。

おいおい、何千万もした建物をすんなりと引き払うなどできますか?

冗談じゃない。人に進められていやいや購入したらいざ知らず、私自身が
気に入って買ったのでございます。
今では、ここで人生が落ちぶれても本望だと思っていますし、ましてや
そんなことにさせわしないのでございます。

264.JPG

その中で、私が納得した家相のことがありました。それが、この塀のことです。

自分の敷地と他の境界線をはっきりさせ、ベルリンの壁のような無言の一線が
はたして意味があるのか・・・

プライバシーを守るのも大切ですが、ブロックのような風を通さない物で囲ったと
しても、家の建物にはよくないのでございます。風は大気であり、家にとって
必要なことは、換気を良くして気の流れを妨げないことが重要なのでございます。

運気もそこから流れてくるものなのです。


275.JPG

私もブロック解体に参加して、いい運動になりました。
翌日は筋肉痛でございました。

しかし、どうですか? すっきりしましたよね。
工事をさせていただいたお客様も大変喜んでいただきました。


ご拝読誠にありがとうございました。

012.jpg

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

No.227 外が駄目なら内

| コメント(0)

昨日から降り続く雨。良く降りますね。
建築現場は外工事が多いため、雨が降ると職人は
刃物よりも怖いと言います。意味が分かりますか?

お陰さまで、現場が詰まっていて、外工事は空けられる
理由が付きます。

今日も日曜日から工事を始めている内装工事を行ないました。

今日は内装パテ処理の作業の様子を紹介します。

RENAME_AUTO_20061024_89.jpg

この現場の内装はクロスではなく天然素材の土壁塗装仕上げになります。

石膏ボードのジョイント部分・ビス穴部分を平らにするためパテを埋めていきます。
ジョイント部分にはひび割れ防止と肉厚を固定するため、網のついたテープを
張ります。

RENAME_AUTO_20061024_90.jpg


テープを張った後、砂パテという粒子の荒い下地パテを埋めていきます。
一回埋めただけでは、平らにならないので ( やせる ) 粒子の
細かいパテを重ねて仕上げていきます。

このパテ処理が全ての工事仕上がりの重要ポイントになります。

塗装工事のパテ処理はとても繊細でございます。


RENAME_AUTO_20061024_91.jpg


下の写真はキッチンのタイル目地を埋めていく作業の様子です。
全面に塗りつぶした後に、丁寧にふき取って仕上げていきます。

RENAME_AUTO_20061024_92.jpg


ホルムアルデヒロ、化学物質によるアトピー皮膚炎など現代人の
深刻な病気が住宅環境から発生しています。

木のぬくもりから、匂いと色彩感覚によって自然塗料の素晴らしさを
お客様に喜んでもらえることが弊社の想いでございます。

ナイガイセルフのナイガイとは内と外を意味しております。

全ての物事に対しても片方だけに囚われることなく、両面に対して
対処していき、弊社独自のセルフサービスをお客様に提供していく
工事を心がけております。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

№226 二つ目の年

| コメント(0)

中越地震2年・黙とうする参列者
皆川優太ちゃんが奇跡的に救出された長岡市のがけ崩れ現場では「追悼と復興への誓い」が行われ、地震による犠牲者67人の冥福を祈り、67本のキャンドルに明かりをともした(23日、新潟県長岡市の土砂崩落現場)(時事通信社)20時33分

20061023-04790367-jijp-soci-view-001[1].jpg


雨が泣いている・・・ 雨が泣いている・・・

忘れなければならない悲しみと 忘れてはいけない想いが涙になる

雪国の人は強いから笑顔で心に明かりを照らす

それでもこらえきれない無念が心を過ぎる

そんな時、私に何ができるだろう、何をしてやれるだろう

何もできない 何もしてやれない できることがあるとするならば

そっとしてあげることと祈ることくらい

忘れはしない 忘れてはいけない 今日という日を・・・・

雨が泣いている・・・ 雨が泣いている・・・ 僕の所で雨が・・・


                  作詞  薄井宣正

No.225 調子ニノルト

| コメント(0)

調子にのると、物事全て上手くいきますよね。

調子が良いと気分も体も軽やかでございます。

調子が上がると業績も上がりますよね。

そんな感じで皆様もいい調子でお過ごしのことと存じます。

えっ? 私ですか? 勿論、あいも変わらず絶好調でございます。

皆様の中にも調子が良すぎて笑いが止まらない方もいらっしゃると
思いますが、今日はそんな方と私自身にお話させていただきます
ので、ご拝読の程お願い申し上げます。


それでは、調子の良い方、下の字はなんと呼びますか?


RENAME_AUTO_20061021_35.jpg


「 く ち 」 そうですね。 仰る通りでございます。

では次はなんと呼びますか?

RENAME_AUTO_20061021_115.jpg


「 ひ 」そうですね。 仰る通りでございます。


では次はなんと呼びますか?


RENAME_AUTO_20061021_116.jpg


「 し ろ 」 素晴らしい。仰る通りでございます。

では次はなんと呼びますか?


RENAME_AUTO_20061021_117.jpg


「 ひ ゃ く 」 またまた素晴らしい。仰る通りでございます。


では次はなんと呼びますか?


RENAME_AUTO_20061021_118.jpg

「 く び 」 ソウですね、あなたが弊社の社員なら望み通り

「 く び 」にしてさしあげます。

こんな字は な い ざ ん す ! !

これはある手品師のネタ話でございます。この手品師はコミカルな
ショーを行い、人生についても語ってくれたのでございます。
このブログの写真だとテンポが遅いので、すぐ判ってしまいがちですが
一枚一枚テンポ良く出されれば、「く び」と言ってしまうでしょう。

ここに落とし穴があるのでございます。
調子が良すぎて、度が過ぎ、調子に乗り過ぎたのでございます。

次の字も分かる、その次の字も分かる、その次の字も簡単に答えが
出てくる。そうすると先が見えてくる。見えてきたものに調子に乗り過ぎて
判断を怠り、過ちを犯してしまう・・・・

手品師は順調に行っているときが一番危険だよと諭してくれたのです。

素晴らしいと思いました。よく考えたなーと感心させられます。

調子が良すぎて周りが見えなくなってしまう前に常に危機感をもって
仕事に遊びに精進していきたいと思います。

考えて見ますと今年も残り2ヶ月弱となりました。

健康第一、安全第一で日々過ごしていきましょう。

ご拝読誠にありがとうございました。

№224 灯光器

| コメント(0)

昨日、トイレの上水層の汲み取り式を本下水本管つなぎにする
工事をおこないました。
一昨日汲み取りを済ませ、2日間、工事でお客様に水の使用が
できないことを伝えました。
朝、職人さんと打ち合わせをして、小平市の現場に私は向かいました。


日が沈むのがすっかり早くなり、工事もせわしなくなる時期でございます。
18時過ぎ、現場確認に来ましたら、職人さんが汗を流して、まだ
作業をしてくれていました。

fg画像cxx 040.jpg

明日も水が使用できないと、お客様がかわいそうだということで
水道職人さんの心意気でこの日で終わらすことにしたのでございます。
一旦私は会社に戻りましたが、遅くまで頑張ってくれている職人さん達の
ことが気になり、20時過ぎ、温かい缶コーヒーを持って現場に向かいました。
応援の職人さんも駆けつけ、総勢4名で作業をしていただきました。
お客様のために働いてくれる職人魂に感謝でございます。


灯光器から照らされる、職人さん達の姿が格好良かったです。
発明王エジソンは本当に素晴らしい物を作ってくれました。
電気が無ければ、暗闇の中で、作業はできません。
明かりを灯し、作業ができたとしても、近隣の皆様のご理解が
無ければ、この日に終わることもできませんでした。
近隣の皆様、ご協力誠にありがとうございました。

夜中の22時までかかり、無事工事完了となりました。


そして、今日の午後、確認でお客様にご挨拶に伺いました。
奥様が万遍の笑顔で出向いてくれまして、明日集金のはずのお金を
今日、集金させていただくことができました。

今後ともよろしくお願いいたします。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

No.223 We`re All Alone

| コメント(0)

青山表参道にありますライブハウス ブルーノート東京におきまして
10/9日〜10/14日 ボス・スキャッグスのステージがありました。
2年前にも来日しましたがその時はソウルドアウトで現実になりませんでした。
今回、運よく予約が取れまして11日(水)セカンドステージ21時30分に
現実となったのでございます。

RENAME_AUTO_20061018_85.jpg

ブルノート東京には若い時、よくジャズを聴きに来たものです。
本場ニューヨークブルーノートではレイ・チャールズを目の前で聴かせて
いただきました。すいません自慢しちゃってます。
年を重ねるごとに来る回数も減ってきているかもしれません。
移転したお店は前よりもかなり広くなり、居心地がとてもいい感じです。

RENAME_AUTO_20061018_86.jpg

RENAME_AUTO_20061018_84.jpg


ドライマティーニでほろ酔い気分になり始めた時、歓声と拍手が会場を包み、
入り口の門からバンドメンバーの後に少し福与かになったと思われるボズが
ゆっくり物静かに登場したのでございます。

とにかく来て良かったです。60歳を越したおじいちゃんには決して見えません。
なんともいえない大人の色気を感じさせていただきました。

今回勉強になったのは、ボズの無理をしない姿でございます。
お誘いした知人は、前回もボズのステージを見に来ていて、話に花を
咲かせました。

「 前回のボズの声のキーよりかなり低くなっていたけど、前より全然良かった
自分を全面に出していない。けっして無理をしないでほんと自然体でいた。
ワンマンショーじゃなく、バンドメンバーとのコラボレーションのひとつのなかに
いて、俺が俺がじゃなく、みんなとひとつになる余裕を感じた 」と知人が感動
しながら語ってくれました。

私も、俺が俺がとしゃしゃりでない、こころに余裕と豊かさを兼ね備えた男に
なるよう、自分を磨いていきたいと思います。まだまだではございますが・・・

興奮冷め止まぬアンコールの拍手に応えて、最後のファイナルソングが
We`re All Aloneでした。くーーーーーーーー最高でした。

帰りに、このCD 「フェイド・イントゥ・ライト」を買いました。
これまた最高でございます。一度聞いてみてください。
もちろん知人にもこのCD、付き合ってくれたお礼にプレゼントさせて
いただきました。

RENAME_AUTO_20061018_119.jpg


1944年米国オハイオ州生まれ。テキサスでスティーヴ・ミラーと出会い、マークスメンというバンドを59年に結成。その後、65年単独でスウェーデンで活動し『Boz』でソロ・デビュー。67年カリフォルニアでスティーヴ・ミラー・バンドに参加。翌年、再びソロとなり、以後白人R&B歌手として作品を発表。76年発表の『シルク・ディグリーズ』からハスキーな声とモダンでホットな作品でAOR歌手として人気浮上。代表曲「リド・シャッフル」など。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

No.222 雨樋・板金工事

| コメント(0)

玄関上のトタン屋根部分から水漏れが玄関室内に浸透しているとの
お客様の依頼でトタン屋根の構造を変えた板金工事と雨樋交換工事
を行ないました。

【施工前】
RENAME_AUTO_20061017_46.jpg

雨樋も外れているような状態でしたが、トタン屋根の既存の造りが
あまり芳しくなく、吹き風に煽られた雨水の流れるはけ口が無いため
室内に雨漏りしたと考えられます。

【施工後】
RENAME_AUTO_20061017_37.jpg

よって破風板部分からこうばいをつけたトタン板金で新しく屋根を造りました。

下の写真が工事前の玄関上のトタン屋根の様子です。

RENAME_AUTO_20061017_47.jpg

RENAME_AUTO_20061017_48.jpg

既存の雨樋を全部撤去して、破風板と軒下の全部を塗装いたしました。

RENAME_AUTO_20061017_49.jpg

塗装が終わり、次に横樋を支える金物を取り付けます。雨水の流れを
良くするために熟年の腕の見せどころです。

RENAME_AUTO_20061017_50.jpg

RENAME_AUTO_20061017_51.jpg

最後に縦樋を取り付けて、工事完了です。

RENAME_AUTO_20061017_36.jpg

お客様からいらなくなったアンテナを外して欲しいと頼まれたので
喜んで取り外しました。抜けるような青空が、無事工事完了したことを
見守ってくれました。お客様も大満足でした。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

No.221 電話からの知らせ

| コメント(0)

夕方、電話が入りました。電話の声は、(株)レッドサンダイヤモンド重富社長の奥様
からでした。

【 2/15日 エントリー 永遠の輝き 参照 】

「もしもし薄井さーん お元気?  あのー知らなかったらと思ってね
今日 夜の10時から一時間番組で テレビ東京の『カンブリア宮殿』に京セラの
稲盛さんが出演するみたいで、前に薄井さんから頂いた稲盛さんと一緒に写っている
おはがきを思い出して、知らせようと思ったの 知ってた?」

「あーーありがとうございます。知っていましたが、今日だとはすっかり忘れていました
知らせてくれて嬉しいです。お元気ですか」

「元気ですよーーー。用はそのことだけよ元気でね またねーー」

と、いつも元気で明るいお方でございます。

私は一流の経営者とは何ぞやと、稲盛和夫塾長のフィロソフィーを学ぶ
べく盛和塾の門を叩きました。

【 2/2日 エントリー 盛和塾 参照 】

その塾生の私が、それとは関係のない一般の方から知らせてもらい
忘れていたとは、お粗末で、お恥ずかしい限りでございます。

しかし、塾生でもない一般の方たちにも意識が向いていることは
とても嬉しいことでございます。

ある人の中には、哲学を持った人物に集まる団体や組織を見ると
あれは新興宗教だと宗教の意味を知らない、低級なものの中に
宗教というひとつの言葉の枠の中に押し込めようとしますが、悲しい
限りでございます。

ここでは善悪を論じようとは思っていませんので、ご理解をいただき
ご拝読の程お願い申し上げます。

RENAME_AUTO_20061016_25.jpg


上の写真は、3年前、長崎で亀山社中を興したあの坂本竜馬がよく遊びに来た
有名な料亭で稲盛塾長とお会いしていただいた時の写真でございます。

人間は、未知のもの、新しい出会いに臆病になり今の環境から外に出ようとしません。
そして外部からきた人間も受け入れようとしない輩もたくさんいらっしゃいます。

良いとか悪いとかではなく、私は常に自分よりもレベルの高い方たちと
出会うことを卑屈になりがちですが強く意識しながら生きようとしてます。

偉いお方と会うことが良い事だとはけっして思っていません。この私の考えを
人様に押し付けるなどとも思っておりません。

ここに私の我の強さがあると思うのですが、自分よりもレベルの高い人と
接することにより、いつかは自分らしい自分になるんだと思い続けているので
ございます。

偉い人間になりたいのではなく、自分らしい生き方をしたいのでございます。

時間も21時を過ぎましたので、家に帰り、今日のテレビ拝見とさせていただきます。

重ね重ね重富の奥様、電話で知らせていただき、本当にありがとうございました。

No.220 名刺のこだわり

| コメント(0)

10/8日(日)に来ました目黒雅叙園百段階段見学について
10/10日〜昨日まで特集でブログに記載させていただきましたが、

【 10/10日 エントリー No.216 百段階段 参照 】

【 10/12日 エントリー No.217 床柱 参照 】

【 10/13日 エントリー No.218 節句 参照 】

【 10/14日 エントリー No.219 日本画 参照 】

10/14日(土)またも目黒雅叙園に来ました。

今回は新しい私の名刺のデザインの打ち合わせでございます。
今日はデザインを担当していただく企画会社ドアーズの
大竹様と小笠原様を紹介させていただきます。

RENAME_AUTO_20061015_10.jpg
   【左 私         中央 大竹様       右 小笠原様    】


【 4/5日 エントリー 名刺 参照 】をクリックしていただきたいのですが
このときはこの時で自分なりの考えを持って名刺デザインを作成しました。
下の写真がその時作成した名刺でございます。
この名刺ができ始めた当初、経営者交流会で大竹様とお会いし、名刺交換
させていただき、大竹様がデザイン関係の仕事をしていることをお聞きしました。
この名刺ではなく新しい名刺をつくりたいと思ったので大竹様を思い出し
仕事依頼の電話をかけて名前を伝えたのですが記憶をたどるのに時間が
かかりましたので、名刺交換で日の丸の・・・と言ったら、すぐ判っていただきました。
1ヶ月前に小笠原様を紹介していただき、今回が2回目の打ち合わせとなりました。


今回どうして名刺を変えたいかと申しますと、単刀直入に先ず品がないことに
気づきました。確かに、目立つしインパクトもあります。誰が見ても普通の名刺を
渡されるより記憶に残るかもしれません。しかしそれは私が印象に残るのでは
なく名刺なのでございます。名刺を見てそこから映し出される人物像が大切
なのです。名刺だけが浮き出て、その人物の考え、生き方、どんな仕事に携わって
いるのかが相手に伝わらなければ意味がない事も気づいたのでございます。

それと何人かの人に 「あなた右翼?」と言われた事が多々ありました。今では
それを逆手にとって私から 「私は右翼ではございません」と笑いのネタにして
いました。しかし政治結社か、はたまた右翼か、私はそうでないと心で思っていても
渡された相手様はどう取ることでしょう。目立つことばかりに頭がとらわれ、
肝心の相手様に対する紹介の気配りに欠けているのではないかと感じるように
なったのでございます。

これもやってみて気づくことができ、日本を重んじ、祖国日の丸に重ねた弊社の
ホームページを主に置いたアイデアは今も素晴らしいアイデアと自負しております。
後悔するのではなく、行動して改善することを気づかせてもらえたのだから、今は
今以上の名刺を作ることが大切だと思うのでございます。

RIMG0785.JPG

前回の打ち合わせで伝えた私のイメージを今回はサンプルと提案書を持って来てもらい
新しい名刺のコンセプトをより具体的に形にしていく話し会いを行いました。

�@表は日本をテーマにした世界にも通用する国際的名刺にする。

 弊社のホームページドメインアドレスを前面に押し出す。
 
 紙の色は金にする。字は黒でローマ字。日の丸にこだわらなくていいから
 日本の象徴を加える。インパクトがありながらも決して品を落とさないデザインに
 する。


�A裏は弊社の携わる仕事を文字によって伝えるデザインにする。
 ( デザインアートディレクター H氏 デザイン依頼内定 )

 裏面は漢字で名前・住所・電話番号を入れる。

�B両面とも祖国日本をテーマに、日本人であることを誇りとし、全世界に
 弊社を知らしめるという高い志の下、地域、日本、世界、地球に貢献
 していく名刺に負けない人格を相手様に伝える作品にする。

このコンセプトの私のイメージ以上の提案書を見せていただき、心躍りました。
大竹様も小笠原様もこの仕事を楽しんでくれているみたいで
お互い出来上がるのを楽しみにしている現状でございます。


RENAME_AUTO_20061015_9.jpg

どうして目黒雅叙園で打ち合わせしたかのこだわり

�@先日、雅叙園百段階段見学に来て、ここには日本文化の歴史があるので
 その息吹を大竹様、小笠原様に触れて欲しかった。

�A初めてここに連れて来てくれた、とある社長様から商談・契約をするなら
 結婚と言うめでたい運気が充満しているここですると良いと教えてくれた。

�B二人の事務所が目黒で近いということ

以上でございます。ご拝読誠にありがとうございました。

No.219 日本画

| コメント(0)

10/8日、目黒雅叙園、百段階段を見学に行ってきました。日本美術の素晴らしさを
目のあたりにして、西洋被れしていた私にとって日本の文化の高さを感じる
良い体験をさせていただきました。
今日は欄間や天井・壁に描かれた日本画について紹介させていただきます。

日本画は薄い絹や品質のいい和紙に描かれることがほとんどであり、
これらは発色のよさにかけては当時一流の画材でありました。
その特長を生かすため日本の絵の具にはさまざまな原料が使われていました。

西洋のような油絵で隅から隅まで実物とリアルに表現した技法ではなく
現実とはかけ離れた人物画はまるで現代の漫画のような気もいたします。

影の無い立体感の薄い日本画はどこか空想画のようで、日本人というのは
ロマンチックで想像力の長けた人種なのかもしれません。

RENAME_AUTO_20061014_39.jpg

草丘の間この部屋の天井絵・欄間絵はすべて磯部草丘の揮毫です。草丘は明治三十年に群馬県佐渡郡宮郷村に生まれました。ことに郷里上州の風景画を多く描いています。代表作には「夏の山」「秋立つ浦」「東海の冬」「白砂青松」「国敗れて山河あり」「ふるさとの山河」など叙情的作品を多く描いています。昭和四十二年、七十歳で亡くなられました。


RENAME_AUTO_20061014_40.jpg

静水の間。この部屋は、現在、揮毫作品数が一番多い橋本静水「静水の間」と呼ばれています。欄間四方は小山大月の金箔押地秋草です。次の間の床柱は槇出節、天井及欄間は橋本静水ほかの画伯によるものです。

RENAME_AUTO_20061014_41.jpg

RENAME_AUTO_20061014_42.jpg

星光の間この部屋の絵画を揮毫された板倉星光は、明治二十八年に京都市に生まれ、京都市立絵画専門学校を卒業後菊池契月に師事しました。日展では委嘱作家として実力のある中堅作家として知られ、美人画や花鳥画を得意としました。代表作に「舞妓」「蛾」「月に出る」「夕映」「良夜」などがあり、昭和三十九年六十九歳で亡くなりました。

RENAME_AUTO_20061014_43.jpg

RENAME_AUTO_20061014_44.jpg

RENAME_AUTO_20061014_45.jpg

清方の間昭、和四十七年、九十四オで歿した鏑木清方が愛着をもって造られた落着いた静かな茶室風の室です。欄間の四季風俗美人画ともに清方の筆によるものです。廻り廊下の天井は北山丸太をあつかった化粧軒、障子建具、組子など細心の造りです。

日本に生まれて良かったですね。
イヤー日本画って本当に素晴らしいですねー。それでは皆様サイナラサイナラ。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい

No.218 節句

| コメント(0)

昨日のつづきでございます。百段階段を登って二つ目の部屋漁樵の間
でございます。入った瞬間圧巻でございます。
この部屋の室内はすべて純金箔、純金泥、純金砂子で仕上げられ、彩色木彫と日本画に囲まれた美しさは息を呑むほどの絢爛豪華さです。部屋名は床柱に彫刻された中国の漁樵問答に由来します。

RENAME_AUTO_20061013_93.jpg

欄間には檜厚板に尾竹竹坡揮毫の五節句が彫刻され、四季折々の情緒が感じられます。五節句とは一月七日 人日、三月三日 桃の節句、五月五日 端午の節句、七月七日 七夕、九月九日 重陽の節句がそれにあたり、この部屋の欄間では藤原時代の貴族の様子が彫刻されています。

◆五節句

・五節供は「五節句」とも書きます。
江戸幕府がこれらの五節句を式日と定めたのは、従来の宮廷の伝統的節会を踏襲する意味がありました。
しかしそれ以上に、武士社会と密接な関係がある農村地帯の民俗的な節日を受容し、
これに中国式の解釈を施して形成されたと考えられています。

・五節句には、3月3日、5月5日のように奇数の重なる日が選ばれていますが、
これも中国の考え方の影響です。
ただし1月だけは1日(元旦)を別格とし、7日の人日(じんじつ)を五節句の中に取り入れています。 

・「五節句」の制度は明治6年に廃止されましたが、民間行事として定着しています。

五節句は季節の草や木に関連していますが、季節に応じた植物を食することで邪気を払うのが目的でした。

・人日(じんじつ)  正月7日 お正月の七草・・・(七草粥)

・上巳(じょうし)   3月3日 3月の上巳の桃・よもぎ・・・(桃花酒→江戸時代以降は白酒)

・端午(たんご)   5月5日  5月の端午の菖蒲・・・(ちまき→江戸時代以降は柏餅)

・七夕(しちせき)  7月7日 7月の七夕の竹・瓜・・・(さくげ→江戸時代以降はそうめん)

・重陽(ちょうよう)  9月9日 9月の重陽の菊・・・(菊酒)


RENAME_AUTO_20061013_33.jpg

この本床の両側に据えられた床柱は直径60cm余りの米檜で樹齢約280〜300年、尾竹竹坡原図、盛鳳嶺の精巧な彫刻で極彩色が施されています。

RENAME_AUTO_20061013_34.jpg

RENAME_AUTO_20061013_32.jpg

床天井は小組格天井金箔張りで仕上げてあります。天井は二重廻り縁で六尺(約180cm)の格天井造り、天井板はラワン厚板に四季花鳥図を円型に彫刻したものが嵌められています。

目黒雅叙園にあります百段階段の六つの間の中で、派手好きの私にとってこの漁樵の間は、江戸時代の日光東照宮の色鮮やかさがございます。

が・・・東照宮を見に行きましたが、私自身この東照宮のつくりには感動も無くつくりとして素人考えで申し訳ございませんが、あまり好きではありません。この漁樵の間はそれをイメージして作られたそうです。

また五節句の意味を学べせていただき、合理的を重視してきた現代に
おいて、手間隙をかけた伝統慣わし、風習、諺をもう一度、重んじていく
べきではないかと思うのでございます。

奇数にまつわるこのような節句を大切にしていきたいと思いました。
この奇数には深い深いふかーーい意味が隠されているのでございます。

ちなみに私の誕生日は5月7日でございます。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

No.217 床柱

| コメント(0)

10/8日(日)目黒区雅叙園にございます「美と匠の祭典」百段階段見学
を日本建築に興味のあるお客様をお連れして来ました。
【 10/10日 エントリー No.216 百段階段 参照 】
今日はその中でいくつかの床柱を紹介させていただきます。

価値ある一品を未来に受け継ぐ家の品として、何年も生き続ける床柱は、
素晴らしいものですね。

室内のリホームとして仏間・茶室・寝室に和室をもう一度再認識しては
いかがでしょうか・・・

�@十畝の間の床柱

RENAME_AUTO_20061012_28.jpg

十畝の間名は、格天井の絵を揮毫した荒木十畝画伯の名前から取ったものです。晩年の作品は黒色に意を用いた作風が多くなりましたが、雅叙園の十畝の間にもその特色がうかがえます。
 本床は、間口二間(約3m60cm)の大床で左の床柱は、樹齢約200年の「一位(あららぎ)」直径一尺五寸(約50cm)の大樹で、加工面に見る年輪も非常に緻密で美しい木が使用されています。

RENAME_AUTO_20061012_29.jpg

上写真の右床柱は南米材パオ・ブラジル(Pau brajil:豆科)で帯紅黒色の肌面の油脂光沢が特徴の柱材です。創設者細川力蔵は木の材質を見る目をもっていて、船の底の中心部の重量バランスをとるのに
使用された固くて重いこの大木を二束三文で手に入れ、当事不況下にあった大工職人達に競って腕を振るわせた珍しい作品として残っています。


�A草丘の間の床柱

RENAME_AUTO_20061012_30.jpg

草丘の間の床柱は、直径一尺の槐(北海道産)丸太洗いに剣彫り加工が施されています。木床の落掛は黒檀で、床脇の天袋と一文棚と地板は蹴込床風に蹴込板の上に地板をのせて二段となっています。

�B清方の間の床柱
RENAME_AUTO_20061012_31.jpg

昭和四十七年、九十四オで歿した鏑木清方が愛着をもって造られた落着いた静かな茶室風の室です。特に奥の間の床柱は径一尺五寸の北山杉天然総絞丸太でこの様な逸材は今日、市場でもなかなか見出せないものです。次の間は水屋をしつらえ、床柱はパープルハート(輸入材、極珍品)です。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

No.216 百段階段

| コメント(0)

10/8日(日)目黒区雅叙園にございます「美と匠の祭典」百段階段見学
を日本建築に興味のあるお客様をお連れして、食事も兼ねて来ました。

【 9/9日 エントリー 美とはトイレから 参照 】でとある社長様と雅叙園に来て、
この企画を知りました。お客様にも大変喜んでいただきましたので
この百段階段の美について私なりに紹介させていただきます。

最初にお断りさせていただきますが、今回この見学で説明を
していただいたガイド様から見学に際して撮影はご遠慮していただき
たいとの旨、インターネットによる苦情の問い合わせが大変多く
対応しきれないためと説明されました。しかしそのガイド様は大変
粋な方でございまして、私の見えないところではご配慮できませんので
あしからずと笑顔で話していただきました。

【 3/7日 エントリー ブログ 参照 】でも書かせていただきましたが
誹謗・中傷を書き立てるために私はブログを使用しているわけでは
ございません。今回は日本建築の素晴らしさを改めて知ることができた
感動を皆様にも知っていただき、直に触れてもらい日本の美を感じて
いただければという私の切なる思いでございます。
そのところをどうぞご理解いただき、ご拝読のほどお願い申し上げます。

RENAME_AUTO_20061010_24.jpg


目黒雅叙園 百段階段に接する6部屋は、登録有形文化財(保存建築)
に認定されております。通常は一般公開のない、
絢爛豪華な美しい保存建築 百段階段を解説付きで見学させていただきました。

その6部屋とは
�@十畝の間 �A漁樵の間 �B清水の間 �C星光の間 �D清方の間 �E草丘の間
に区分けされており、昭和の初期に贅の限りを尽くした和風建築でございます。

直に触れることにより、大変勉強になりました。
日本も捨てたもんじゃないと再確認もさせていただきました。

6部屋については、つづきとして次のエントリーでまた・・・

RENAME_AUTO_20061010_23.jpg


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

No.215 幸せを運ぶお客様

| コメント(0)

降り続いた雨で、日曜、祝日関係なしで営業を行い遅れている
現場工事を完了するため職人さんたちに働いてもらいました。
穏やかな秋晴れに恵まれ2箇所の塗装現場が終了いたしました。

朝7時社員と共に一斉清掃していますが、昨日、一昨日と大風が
吹き荒れ枯葉がたくさん、会社の周りで寝そべっていました。
祝日のせいか車の流れも少なく、竹箒の履く音が心地よく私の
耳に響きました。最後の水撒きをしていたら、素敵なお客様が
訪れました。


RENAME_AUTO_20061009_38.jpg

蝶でございます。【 9/3日 エントリー ハイビスカス 参照 】
をご覧になっていただきたいのですが
ここで、花とウンコの違いについて書かせていただきましたが、ウンコはハエが寄り付き
美しい花には蝶のような美しい生き物が寄り添う。花とウンコが自分なら、美しい花になり
美しいものを引き寄せて生きていこうという内容でございます。

会社の周りを美しい花で包み、美しく手を加える掃除という演出によって
その場の運気を良い方向に変えていく。

幸せを運ぶ一凛の蝶がマリーゴールドに口付け交わしているのを観て
弊社の運気が良い方向に変わっていくこと強く感じたのでございます。

このブログを通して弊社及び私の考えに共感していただく素敵なお客様が
足を運んでくださり、弊社の玄関をノックして「薄井さん 仕事頼みます」とソファーに
腰掛、コーヒーを飲んでいただく。そんな会社、お店にしていくのが私の
願いでございます。
ご拝読誠にありがとうございました。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。
RENAME_AUTO_20061009_101.jpg

№214 才能あるゆえに

| コメント(0)

昨日の祈りが天に通じたのか秋雨からすがすがしい秋晴れとなりました。
現場周りで一日が終わってしまいましたが、昨日の雨で仕事が延びたことを
思いますと、晴れて何事も無く仕事ができることは、感謝の念にたえません。

愛車の軽ちゃんを飛ばしながら、あまりにも透き通った青の空と綿菓子のような
白の雲を眺め、カーラジオから流れる音楽を聴いていました。

ttttt.jpg

その時、昨日の【 10/6日 エントリー №213 I`m A Fool To Want You 参照 】話の中でビリーホリデーの話をしましたが、今日はその続きで 【才能あるゆえに】 と題しまして話をさせていただきたいと思いますので、ご拝読の程よろしくお願い申し上げます。

先日テレビを見ていて、画家の名前を忘れてしまいましたが、現代アーティストで30代前半でお亡くなりになった画家の才能を感じたコメンテイターがこう述べました。

「この画家はとてつもなく繊細で感受性に飛び、それゆえに現実の人間関係の矛盾にとてつもなく苦しみ悩み葛藤していたと思う。そう思うと私なんかちゃらんぽらんだからそこまでの視線で物事を感じてこれなかったことに逆にちゃらんぽらんでいられたことにほっとしている。その苦しみを全部この画家が背負ってくれたような気がするんだ」と言っていました。テレビの画面からのことですので上手く伝わらないかと思いますが、何を言いたいかと申しますと、本物一流を追求する才能を持つということは、他人からは賞賛されたり尊敬されたりしますが、そこには悩みと絶望感からくる苦しみを背負って生きていかなければ
いけないのかもしれないということです。

erewfdfg.jpg


私も若いとき、才能があれば人に注目を浴びて、女の子にももてて言うことないだろう
と思っていました。この歳になって、私は才能が無いことのほうが良い様に思っています。

人を感動させる絵も書けない。

人を気持ちよくさせる曲も書けない。

人に納得させる気のきいた文字も書けない私がここにいますが、

才能ある画家の描いた絵を観て強く感動するし

才能ある作曲家の曲を聴いて涙を流すこともできる

才能ある作家の文章を読んで希望を感じることができる私は
才能ある人間と対等であることに気づきました。

本当の幸せとは苦しくもがきながら生きていく中から感じていく
ものかもしれません。

世間では楽しさを求めて、暗さを意味嫌います。
今日のような晴天で光を何不自由無く浴びていられれば、一本の
マッチの火は目立たないかもしれません。
しかしこれから寒くなる冬の夜、外灯もなく 人の姿も無く
真っ暗闇の中から現れる一本のマッチの光はなんともいえない
温かさを感じさせてくれると思うのでございます。
感じることが私であり、一本のマッチの火が才能なのかも知れません。

ビリーホリデーも亡くなった若き画家も才能あるゆえに、悲しみと苦しみ
を天から授かりそれを体験することにより自分の悲しみ苦しみを唄に変え、
アートに変えて後世の私たちには、同じ体験をさせなくても文化に触れることによって
生きることの素晴らしさと絶望感を気づかせようとしてくれたのかもしれません。

才能あるゆえに・・・・・

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

No.213 I`m A Fool To Want You

| コメント(0)

秋雨というよりもなにか季節感が崩れていく環境の嘆きのような雨の雫が昨日からかなりの量で降り続いています。外仕事の多い建築関係の私たちにとってこの雨は仕事も進まない嘆きの雨でもあります。
全て水に流して生きていければなんてことはありませんが、そうもいかないのが外現場の運命でございます。今年は本当に雨が多いとおもいませんか?

RENAME_AUTO_20061006_99.jpg


恵みの雨ならありがたさも感じますが、こうも降り続くと憂鬱になるのは私だけではないと思います。溜まった財務処理と見積もりをパソコンで睨めっこしている私の机の窓から激しい雨が叩きつけています。弊社の窓は全部インプラスというガラスが2枚重ねの防音になっていますので室内はかなり静かでございます。事務処理をするなら集中して仕事ができるので私にとって最高の環境でございます。ですが今日は
誠にもって憂鬱でございます。こんな時は気分転換に徹底的に憂鬱に落ちるとこまで落ちようと決めたのでございます。CDコンポにスイッチをいれ、流れてきた最高に暗くなるお気に入りの私のナンバー曲が事務所を包み込みました。
 
ジャズの女王ビリーホリデーのアルバム 「Lady in Satin」から1曲目の
I`m a fool to want you でございます。

降り続く雨音の今日はビリーホリデーについて紹介させていただきます。

RENAME_AUTO_20061006_98.jpg


ビリー・ホリデーは1915年4月7日フィラデルフィアで生まれたと言われています。母親は未婚の母として彼女を生みますが、結局彼女は養護施設で育てられることになります。しかし、それもほんのわずかの期間で、15歳になる前には彼女は売春宿で働くようになっていたといいます。その幼少時代のことが
トラウマとなり、また付き合っていた男の暴力と虐待から薬物、アルコールの日々を送り、晩年はかなりの衰退により人々から死の予感を余儀なくされたのです。

ビリーがいつも長袖の服を着たり、長い手袋をしていたのは、注射針の跡を隠すためだったのです。

ビリーはベッシー・スミスのブルースを引き継いだ歌手と言われますが、「ベッシーはブルース歌手、わたしはブルースのスピリットを持ったジャズ歌手」と言っています。

1959年7月17日ニューヨークで死去。44年間の人生でありました。

私は女性ジャズシンガーで好きなのはサラ・ブォーンでございますが、このビリーホリデーは別格でございます。今の私と4つ年上であの世にいかれましたが、かなりの老廃を感じます。そのしわがれた声からは本当の絶望感から漂う哀愁がひしひしと伝わってくるのでございます。日本で最高の歌姫はやはり昭和という時代が生んだ美空ひばりと思います。悲しい酒を歌う頬を流れる涙の跡は女の悲しみを情緒にかもし出しておりますが、生意気なことを言わせていただくと半分は唄方としての役に徹した演じる美空ひばりがいるのでございます。しかしビリーホリデーはまさしく現実の生き方から悲しみとはどんなものかをリアルに唄で後世に残していったと思うのでございます。

個人的な趣味で恐縮ですが、音楽の好きな方は是非聞いていただきたいと思います。このアルバムは
時代を超えて新鮮さを感じていただけると思います。本物はやはり不変的なものを兼ね備えているのかもしれません。

この曲を聴きながら再度窓から見える雨を見て、切なさを感じる雨もよーござんすねー。明日は晴れることを願いながら・・・・

No.212 木こりのジレンマ

| コメント(0)

降りしきる雨の中、午後14時から16時まで大宮で
(株)システムジャパン社長亀井様の掃除道について学ばせていただきました。
亀井様は知る人ぞ知る(株)イエローハット相談役鍵山秀三郎様を師と仰ぎ
掃除から人間としてのあるべき姿を学ばれたそうです。

RENAME_Manual_20061005_6.jpg


今日のエントリー題名であります木こりのジレンマについて亀井様から
聞かされたお話を紹介させていただきます。
ある木こりがそれはそれは大変優れた切れの良い斧を手に入れました。
最初に10本切り、性能が優れていることにたいそう喜び、来る日も来る日も
仕事にせいを出しました。しかし10本が9本になり、次の日は8本、7本と
本数が減っていきました。

理由は仕事にかまけて日々の忙しさから道具の手入れをしなかったのです。
忙しさを美とする考えの結果、効率の悪さの無駄を大きくさせていったのです。
よって木こりはそのことに気づかずジレンマに落ちたのでした。

【 3/28日 エントリー ヒデキマツイ 参照 】もご覧になって下さい。

RENAME_Manual_20061005_2.jpg


掃除とはきれいにすることだけが目的ではございません。
次につなげる手段。気持ちよくさせ、やる気を起こさせ、相手を喜ばせ
何より己自身に物事の気づきをいち早く察することができるということです。

グレイチングの清掃で
穴の中まで覗き込みながら寝そべっているおじさんがいますが
この方が掃除の神様鍵山秀三郎様でございます。
私はまだお会いしたことがありませんので、お会いできる日を楽しみに
しています。


鍵山様は掃除の中でもこのトイレ掃除を重要視されております。
他人様の用をたした便器を素手で掃除を行い、きれいにするのです。
汚いものいやなものを身近に引き寄せる。それが一番の問題解決に
つながるそうです。

私もある本を読み様式のトイレの蓋は使用したら閉じるということを知り、
若いときは知らずに生きてきたので、できませんでしたが意識して実践を繰り返し
今では無意識にできるようになりました。

この蓋を閉めることは女性に対しての気配りであり、エチケットマナーでございます。
それと蓋の開けっ放しは財いわゆるお金が逃げていくといわれております。

【 9/9日 エントリー 美とはトイレから 参照 】でも述べていますが、今後このトイレの概念が
変わっていくことは間違いないと思われます。トイレの空間が今までの常識を
変えた いわゆるトイレ文化とも言われる新しい価値観の到来でございます。

【 3/11日 エントリー 富士山とゴミ山 参照 】もご覧になっていただきたいと思います。
亀井様がニューヨークでの掃除会で治安の悪いニューヨークを治安の良い街に
変えていったことと同じことを書かせていただいております。

014.jpg

亀井様から最後に本物とそうでない人の違いを教えていただきました。
本物・一流とは後味の良いものだと、そして本物の人は言っていることと
行動が伴っている人だと仰り、終了時間をオーバーしたことを詫びられ
そうなったのも皆さんの聞いてくださる熱意が視線から強く感じられたと
お礼の言葉を投げかけ、滞りなく終了いたしました。

人は強いもの成功した人に憧れ、好意を抱き、度が過ぎると崇拝してしまい
その人がやることは全て正しく、有無も言わずに賛同してしまう。
私は人物崇拝の危険を感じておりますし、誰が正しいかではなく。
何が正しいかを見極めていきたいと意識しております。

今の私は人の話しを聞くだけのセミナーお宅にはならないよう心がけております。
講演を聞いてただ感動することだけではなく、即実践していこうと決心しました。


RENAME_Manual_20061005_7.jpg


RENAME_Manual_20061005_8.jpg


というわけで、知人と夕食を交わし21時過ぎ会社に戻り、ご覧の通りの
机の散らかりようでございます。私の場合机がある程度散らかっているほうが
落ち着くのですが・・・・いやいやこれは言い訳でございます。
疲れた体を鞭打って、整理整頓でございます。整ったところで、今日のブログ
作成でございます。あーーー後数分で午前0時になってしまう。
ご拝読誠にありがとうございました。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

№211 床に穴が開いた原因

| コメント(0)

台所の床を直して欲しいとお客様から以来がありまして
現場を拝見に伺いました。

RIMG0266.JPG


もうすでにキッチン台の床に穴が開いていて、板を惹いて落ちないように
している状態でした。
見積もりをする前に、こうなった原因を見つけることを先ず
させていただきました。

RIMG0335.JPG


排水溝の流れが悪いのかと下水の蓋を開けてみましたら、かなりの
油が浮いておりました。

チラシ ⑨の一_006.jpg


バケツに汲んだ水を流してみましたが外の配管には流れましたので
穴の開いた床を潜って、外れかかっているパイプを取ってみたら
なんと料理で使用するサラダ油の塊がこびり付いていたのでございます。

原因が分かりました。油の塊が水の流れを留めて、外れかかった
パイプから少しずつ水が溢れ出し、床下に溜まった水の水蒸気が湿気
を発生させて年数を重ねて床を腐らせてしまったのです

チラシ ⑨の一_007.jpg


恐ろしいですね。お客様にこの原因究明を説明させていただいたら
すぐ直して欲しいということで、工事をさせていただくことになりました。

水の恐ろしさは家の大敵でございます。皆様もお気をつけ下さいませ。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

No.210 老人のつぶやき

| コメント(0)

9/18日〜9/21日まで京都に行ってきました。今回の目的は

�@第14回盛和塾全国大会に参加させていただき経営の勉学に努める。

�A4年振りに祇園町にあるお店のマスターに会いに行く。

�Bそのお店に京都に住む伯父を連れてお酒を飲む。

この三つを目的にそして現実となった20日(水)勉強会を終えて、そのお店
「 ひ い き 」の暖簾を潜りました。
【 9/26日 エントリー No.206 ひいき 参照 】の続きを話したいと思います。

吉田の伯父さんは私の母方の親戚でございます。83歳という高齢でございます。
4年前もお会いしましたが、確かにあの時と今とでは老いが増したことを感じます。
そんなことも考えもせず私は飲みに行くことを誘ったのでございます。
二つ返事で私の酒の席に付き合っていただいたのです。

RENAME_AUTO_20061003_121.jpg


「伯父さん。4年前に会って昼飯食べて、一緒にお祭り行ったの覚えてる?」

「覚えてるで ちゃーんと覚えてるがな」

「そうか。そうしたらまだ呆けてないね。耳もよく聞こえてるみたいだし
 お酒は毎晩晩酌するの?」

「全然せーへん。 飲んだとしてもコップ一杯や」

10年位前に最愛の姉さん女房の伯母さんを亡くして今は一人で
暮らしています。

一人暮らしの寂しさの影は微塵も私には感じられませんでした。
寂しくないといえば嘘になると思いますがひとりで自炊をしている
伯父は立派です。昔の人は強いですね。

そんな伯父もこの時、ここでは話せませんが私に打ち明けたいことが
あると言い、話始めました。少し深刻な話でしたので、私は

「伯父さん この話僕にできることがあるのかな」

「いやいや そうじゃないねん なにもしてくれと頼んでるじゃないねん
あんたが話し易いと思ったさかい聞いてくれるだけでええねん
わしももう先があらへんさかいな、わしの今の生きた証をしってもらいたい
ただそれだけなんや この話をしたのはわしの兄貴とあんただけや
妹のあんたの母さんには照れくさくて言えんさかい こんど会ったら
この話を伝えて欲しいねん」

普段酒を飲まないと言っていたのに、80歳を越えた老人がビールを
何杯もお変わりして、悪酔いするわけでもなく、ほろ酔い気分で常に
笑っている私の伯父がそこにいたのでございます。

少子高齢化社会はこれからいろいろな問題がこの日本では
生じてくると思います。今は若年層の事件が多発しております。
このような原因をないがしろにしていくつけは団塊の世代を過ぎて
私と同じ年齢の親御様達が高齢になった時に悲しい結果として
現れないことを切に願います。

私もいずれ生きていれば、隣で酒を交わしている伯父のように
老いていきます。孤独が寂しさとして感じているのなら、私は
それは違うと言いつづけて死んでいく孤独な男でいたいと思います。
老人のつぶやきとして今の私のような若い誰かが隣で私の
話を聴いてくれて、私も若い人の話を聴けるそんな老人でありたいと思います。

下の写真は知り合いのお店 「ひいき」の岡本店主との3人の記念写真です
自慢させていただき恐縮ですが、この写真本当に素晴らしい写真でございます。
5年後このブログを続けていけるのなら、エントリー作品ベスト10の5本の指の
上位にあると思います。それくらい3人とも笑顔が素晴らしいです。

自分で言うなーーーと言うことでご拝読誠にありがとうございました。

おじさん.jpg


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい

№209 記録

| コメント(0)

2004年10月1日(現地時間)ジョージ・シスラーのメジャーリーグ年間最多安打記録(257安打)を84年ぶりに更新する258安打を達成。国内だけでなくCNN・Yahoo!・USAtodayなど多数のニュースのトップスポーツ記事に。

※写真は全てインターネットより記載

record_04[1].jpg

ichiro_29_b[1].jpg


1991年、その打撃センスをかわれドラフト4位指名を受け、外野手としてオリックス・ブルーウェーブ(現:オリックス・バファローズ)に入団した。
入団後は2軍で首位打者を獲得しながらも、土井監督や小川亨コーチから独自性を否定された事に対し我流を貫き続け,「若いくせに結果ばかり求める」という理由で、当時豪腕の名をほしいままにしていた野茂英雄投手からプロ初本塁打を放ったもののその日に2軍降格を言い渡されるなど、1軍に定着することはなかった。
2軍生活を余儀なくされていたイチローは、2年目の秋に当時,土井監督が今季限りという噂があり,従う必要性もなかったので河村健一郎2軍打撃コーチと二人三脚で振り子打法を鍛え上げ後日の飛躍にそなえた。
1994年、監督に招聘された仰木彬はイチローの天才的な打撃センスを見抜くと、登録名を当初の鈴木から「イチロー」に変更させて1軍の2番バッターに抜擢する(その後1番に定着する)。イチローは1軍打撃コーチの新井宏昌にも理解されレギュラーとして活躍、その年210安打(日本記録)の偉業を達成し首位打者を獲得,またこの年から打撃の正式タイトルとなった最多安打の初代獲得者となった。

record_08[1].jpg

【 3/28日 エントリー ヒデキマツイ 参照 】でNYヤンキースの松井選手について触れましたが、
このイチロー選手もまさしく日本を代表する時のスーパースターでございます。
昔の長島・王選手にはない、世界に通用する容姿と品格を備え
自信を内に秘め打席に入る姿はスポットを浴びたエンターテナーを
演出しているかのような風貌を感じさせます。

今は亡き仰木監督はじめ、イチローの才能を見抜き、評価してくれる
関係者の支援によってここまでの世界記録を達成できました。
人との縁、指導者、上司に恵まれなければ、素晴らしい才能の種も
芽は出なかったかもしれません。あくまでも結果でございます。
ここまでの人物はいかような環境であってもこの10月1日に到達
していたかもしれません。

生意気と疎んじられ、結果をだしてもトップリーダーが気に入らなければ
二軍落ちを余儀なくされました。
それでもイチローは自分の考え、我流を貫きとおしたのでございます。

record_07[1].jpg

結果が全ての世界であり、人に評価されていきます。
イチローのような本物は結果にいたる経路の中で言い知れぬ努力を
重ねた当然の成果でございます。努力もせず世渡り上手
で結果をだした輩はいずれ衰退の幕を自分で下ろす結果となるでしょう。

そう思うとこの私はどうなのか、頭をかきむしります。
日々努力をしているだろうか、自分らしく生きているだろうか
信念の弱さに心が揺れ動きます。
といいますのも昨日とある社長様と酒を飲んでおりまして、その時の
会話で気づかせてもらったことがありました。

ichiro_25_b[1].jpg

「薄井君。私もちょくちょく君のブログを読ませてもらっているけど
何を考え、何を人に訴え発信し、どんな人に見てもらいたいのか
よく分からないことに気づいた。これではそこらのブログとなんら
変わらない。日記では見てもらう人には興味は引かないと思う。
私もゴルフを始めてきづかせてもらったんだが、上手い人というのは
下手は相手にしないし、かつ中途半端で練習もしない努力をしない
人間には興味を惹かないんだな。だから物事をなにかひとつ極める
ことだよ。それがあるならば人に批判されようが関係ないんだ
薄井君にはそれが今は無いな。それを掴んだら、きっと薄井君の
ブログもかなり面白いものになって共感を呼ぶ人たちが集まって
くると思うよ・・・・なにしょげた顔してるんだ。ほら飲みなさい。ハハハハ」

ichiro_26_b[1].jpg

ご指導いただいた感謝と自分ではこのブログを自己満足にしないように
思い考え作成してきましたが、まだまだのようです。
早いものでブログを始めて10ヶ月目に入ることができました。こんな感じで
ブログを展開していきたい、もっとこうすれば面白くなるかもしれない
と試行錯誤しながらつづけてきた半面。これでいいのか、こんなことしてて
なんになるんだろうかと疑心暗鬼に陥ることも多々ありました。

このホームページのブログを創めた時は、これを営業の一環として
取り入れていこうと固く決心し、もう一人の自分もこのブログはきっと上手くいくと
確信を持っているのでございます。
しかしその確信もまだまだ上っ面なものなのかもしれません。
いまはそれを謙虚に受け止め、なんとか本物の確信を掴むようにこのブログを
続けていきたいと思うのでございます。


ichiro_27_b[1].jpg

人は成功という結果でしか評価しませんし認めてはくれません。
しかし本物の成功とは結果ではなくそこまでのプロセスを段階を踏んで
形として自分らしい生き方をしていくことだと思うのです。

ほら吹きでも、やってからではなくやってやるんだと自分に言い続ける。
その証が日々のこのブログであり、記録として残していく継続なのです。
その確信が人に感動を与え共感を呼ぶのだと改めて奮起いたしました。

今日から10月。これからもよろしくお願い申し上げます。
ご拝読誠にありがとうございました。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

工務店・一戸建て・防犯住宅ならマネジメントホーム

一戸建て・工務店をお探しなら、マネジメントホームで防犯住宅の家づくり。一戸建て・注文住宅は家族が安心に暮らせる住宅を建てませんか?

MTBlog42c2BetaInner

2012年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ナイガイセルフ社長


ナイガイセルフ
代表取締役 薄井宣正
住宅リフォームや内外壁塗装など、自然塗料の施工リフォームを提供している会社社長
by Nobumasa-Usui


ナイガイセルフホームページへ!"
ナイガイセルフホームページへGo!
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ
投票お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ


にほんブログ村 ビジネスブログへ

のサイトを登録! by BlogPeople
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.261