2006年7月アーカイブ

首里城にて

| コメント(0)

首里城 www.shurijo.com
首里城は、琉球王国の幾多の興亡を伝える歴史の証人。琉球の島々を治め、中国、日本、朝鮮、東南アジアの国々と外交、貿易を展開した首里王府の司令塔として、王とその家族等が住み、華麗な王朝文化に彩られた空間でした。今、琉球の建築文化・美術工芸、そして価値観を訴える『琉球の顔』が蘇りました。
太平洋戦争における日米最後の決戦として戦われた沖縄戦(1945年[昭和20年])によって首里城はアメリカ軍の猛烈な砲撃を受け炎上し、地上からその姿をほぼ完全に消してしまいました。
沖縄戦による焼失から数えると47年ぶりに首里城は蘇りました。
琉球王国とは、 約450年にわたる琉球王国の歴史は、「薩摩の侵略」と「廃藩置県(琉球処分)」という2段階を経て、幕が閉じられました。

c 174.jpg

私は暑中お見舞いのはがきに上の写真をのせて知人様、友人達に送らせていただきました。
あるお方から返事のメールを頂いたときに

「薄井さん。私も首里城に行きました。なんか悲しく切なくなる場所だと感じています。」と・・・
なかなか鋭い感性だと思いました。というのも私は、ひめゆりの塔を見た後にここに来ましたのでそう感じていたのです。
琉球王国全盛のころは南国ののどかな楽園だったと思われます。それが時の権力に憤慨されたのです。昭和の歴史の中で沖縄人はさま様なことを異国の者たちにさせられてここまできました。弱いからではないのです。優しいからこそ迫害され、また迫害に耐えてここまで来たのです。沖縄の文化に触れ、私も果てしなく優しい人間になりたいと首里城にて誓ったのでございます。

i 176.jpg

ひめゆりの塔

| コメント(0)

ひめゆり学徒は沖縄師範学校女子部と第一高等女学校の生徒で構成されていた。 1945年5月25日に撤退命令が出た南風原陸軍病院からなんかしてきたひめゆり学徒は本部、太田、第一、第二、第三の各外科壕に配属された。6月18日ひめゆり学徒の解散命令がでた。翌19日、脱出のため、現在ひめゆりの塔がある第三外科壕に集合したが、ガス弾をぶちこまれ多数の死者を出した。 解散以前は軍とともに行動していたが、解散後は避難民の同じように砲撃の中を逃げ回る事になった。ひめゆり学徒の死者は解散後に多く出ている。

ここに部隊が移動した6月には医薬品や食糧も底をついていた。「ひめゆりの塔」は、この壕の上に建てられている(左上)。壕(右上)の中は傾斜がきつく、この中で泥や雨、砲弾にさらされながら生活していたとは、現在の私たちの想像を絶するものがある。

 生き残った者も、さらに荒崎海岸に追い込まれ自決したりした。「ひめゆり部隊」の犠牲者194人のうち、「解散」後の死者が128人であることが示す通り、軍の無責任さが多くの犠牲者を生んだといえる。


S 028.jpg

悲しく切なくやるせない気持ちにさせる場所です。
私の顔もどことなく暗い顔になっているのは何故でしょう。

z 055.jpg

ここでまた話が長くなりますが私の思いを述べさせていただきますのでよろしくお願い申し上げます。
冒頭にも書きましたが軍の無責任さが多くの犠牲者を生んだといえるとあります。戦後生まれの私は戦争を知りませんので無責任な事は言えませんが、軍人は、特にいつの時代もお山の大将たるリーダたちは好き勝手なことをしてきたのではないでしょうか。
 
美輪明宏様の著書の中の文を引用させていただきます。

---ある少女の悲劇---

 やがて学徒動員が始まり、戦場に行った学生さんもたくさんおりましたが、私たちも竹槍を作らせられたりしました。その時に一人の学生が、監督の男に「おい貴様、前へ出ろ」と言われ前へ出ましたら、「この戦時下においてそんな軟弱な格好をしているとはなにごとだ、けしからんっ 貴様脱げ」と言われ、何事か分からないけれどもセーラー服を脱いだら下から肌着が出てきました。その肌着は、彼女のお母さんが寒かろうと思って編んでくれた毛糸のものでした。戦時中ですから残り毛糸。いろいろな色の残り毛糸で編んだ肌着が、襟のところからちらっと見えたんです。それが赤やピンクや黄色だったものですから、軟弱と叱責され、それも脱げと命じられた。
 今でこそ下着が発達していますが、その当事はキャラコのシュミーズを着ていればいいほうでした。ブラジャーは乳バンドとよばれていましたが、そういう贅沢なものを持っている人はいません。彼女はほとんど素っ裸のままうずくまっていました。男は「ハサミを持って来い」と言って、その毛糸の肌着をじゃきじゃきに切って防火用水に叩き込み、それから地獄が始まりました。その女学生の髪をもって引きずり回す、軍靴ですから顔は腫れ上がり、耳から目から口から血が流れ出て、みるみる腫れ上がり、「許してください、許してください」と。

 彼女が何をしたというんですか。ただお母さんが編んでくれたカラフルな毛糸の肌着が、セーラー服の下からちらっと見えただけなんです。嬉しげに目をキラつかせていた男は、たぶんサディストでもあったのでしょう。性情的にもサディストの嗜虐性を持った人間に権力を持たせてしまった。それを愛の鞭と呼ぶのは詭弁であって、自分の性的嗜好、嗜虐的なものを満足させるために利用してやっている人がものすごく多いということを、私は数多くこの目で見てきたんです。生家の裏が遊廓でしたから。
その女学生が「許してください、許してください」と言っても、だれも止められない。殴られて虫の息になって倒れこんで、ようやく「連れて行け」という声がかかりました。

 結局、一週間後に亡くなりましたけど、殴り殺されたのです。殴り殺された理由がちょっとしたカラフルなものを着ていたというだけなのです。それも服の上からでなくて下にです。戦時中にはそういう理不尽なことは枚挙に暇がないくらいありました。

この文を読んだだけで、なんじゃい、敗戦で米国様に悲劇的状況を訴えてきた祖国日本も酷い事をしてきたではないかと憤りを感じています。 

名誉・地位・権力がこの世にある限り事実を摩り替えることはいとも簡単でございます。だからこそ自分らしさ、生き方をしていくべきだと思うのでございます。

もう少しお話をさせていただきます。すいません。想いの勢いが止まりません。

z 057.jpg

敵軍に追われ自決した女子もきっと、敵軍の性的虐待にあって生き恥をさらすくらいなら、愛おしい大切な我が命を祖国日本そして天皇の為に捧げたのではないでしょうか。生きたくても死んでいく者もいれば、生き恥をさらして体を金に換えていくティーンエイジャー戦後の現代がここにあるのでございます。
夢を抱いて生まれてきたひめゆりの乙女達の若い力は無残にも権力という無脳な大人達の力で朽ち果ててしまいました。そしてまわりまわって現代愛情のない大人たちは愛の意味をしらない股を簡単にひらかせる乙女に赤子を生ませて、カップラーメンで弱った精子を製造している男子に明日の日本を背負わせようとしています。この世に生まれてきたのはお国のためでも誰それのためでもございません。自分のためなのです。自分が幸せでなく人を幸せにすることなどできないのでございます。そして逆も真であり、人の幸せが自分の幸せに繋がるのです。あーーーーーまた生意気を延々と述べさせていただきました。今夜もこれでぐっすり眠れそうでございます。ご拝読誠にありがとうございました。

シーサー

| コメント(0)

沖縄の獅子。家の守り神として左右一対として各自宅の門に
祀られております。玄関は家の顔でございます。そしてシーサーは
守っていただきたいと切に願う施主様の色がそれぞれの
個性あるシーサーで表現されております。
今日はそんなシーサーを紹介します。

c 018.jpg
c 019.jpg

すべての家にこのシーサーが祀られている訳ではございません。
その中でこのように存在している施主様は家を大切に考えていると
第一印象で考えざる終えません。

c 020.jpg

私はそういった意味で家相や風水に興味があり勉強しております。
関係ない人にとってはまったくもって関係ございません。
ただ気になる方はなんなりとご相談いただければと思います。

※私は家相・風水の専門家ではございませんので、人を絶望に
 陥れるようなアドバイスはできません。

c 034.jpg

シーサーを手作りで販売しているお店に立ち寄りました。
気に入った作品との写真です。値段が少し効果でしたので
欲しかったですが我慢して、また来ますと調子よく店を後にしました。

c 039.jpg

住宅リホームという枠に囚われずにイメージデザインをお客様に
提供していきたいと弊社は考えています。
この外壁も他にはない独自のイメージを表現されていて
素敵な作品でございます。ワンポイントその家のデザイン
を加えると希少価値が育まれていきますよね。

c 069.jpg

シェケナベイビー ご拝読ありがとうございました。

静景の中の私

| コメント(0)

石垣島を車で移動中 観光地ガイドには載っていない素敵な場所を
発見しました。車を止めカメラのシャッターを押しました。
曇りというよりは少し陽ざしが顔をのぞかせる空と青々と茂った山と木々。
深く透き通った緑の川。そして肌色に敷き詰められた、ゴミも落ちて
いない砂達が導いてくれたかのように静寂な、
のどかさで私たちを迎えてくれました。

s 103.jpg

私は若い時、エジプトに行き、ルクソールという地で、朝焼けの
ホテルの窓からこれと同じ静景を目の辺りにしました。
感動ものでした。今まさに同じ体験を味あわせていただきました。
ディズニーランドに行かれた方は想像していただきたいのですが
人工的に造られたセットに近い景色に似ていると言えば
感じていただけると思います。意味がわからない方は
笑って許して下さいませ。


s 104.jpg

私は賑やかな場所も好きですがそれ以上に静の場所がとても
好きなのでございます。心が落ち着き、自分が診得てきます。
忙しさにかまけてこの静なるこのような時間さえも疎かに
するようなライフスタイルにはしたくないといつも意識している
私がそこにいたのでございます。
早い話が私はロマンチストなのでございます。
ご拝聴ありがとうございました。

沖縄の食

| コメント(1)

今日は沖縄料理そして食のお話をさせていただきます。
とにかく料理は美味しゅうございました。自然の恵みとお水のせい
かもしれません。
今回写真を撮りませんでしたが名産として「 海ぶどう 」という
海藻を始めて食べました。これは珍味でございます。
形がぶどうに似ていまして口の中で感触を楽しむことが出来ます。

経験はとても大切であり、そこにしかない食を体験できることは
お金をかけて自分の家で食べることでは味得ない美味があるのです。
そういった意味で私が経験させていただいた沖縄の味を紹介します。

t 011.jpg

今回とある会社の社長様の社員旅行に同行させていただき
沖縄から石垣島に無事到着し、みんなで地ビールで乾杯です。
食事はこうしてみんなで語り合いながらするのが、最高の美味でございます。
暑い石垣島を冷たい石垣島地ビールで喉を潤しました。

o 038.jpg

この島国に来て、まずこの沖縄名産ゴーヤが所狭しと目に付きました。
ゴーヤジュース・ゴーヤせんべい・スナック・カップラーメン・・・
嫌というほど食べ物の中に入っています。
そして、これが苦みばしった、男は黙ってサッポロ・・・
いやいや沖縄ゴーヤビールでございます。

t 012.jpg

さとうきびで造られた焼酎 「八重泉」
どんなに飲んでも二日酔いしないのは、消化の良い食事と
この焼酎が私にあっているのでしょう。

t 016.jpg

               石垣島 「八重山ラーメン」 


t 117.jpg

          「ソーキそば」 ちょっと臭みがあると私は思いました。

t 076.jpg

「タコライス」 メキシコ料理のタコスとライスを混ぜ合わせた料理。ピリっと辛く
美味しいです。最初海のたこライスと間違えてしまいました。

t 119.jpg

お土産でたくさん買い占めた 「石垣の塩 ちんすこう」
これを受け取ってくれた人の中に石垣の塩と書いてあるので
漬物と勘違いされましたが、ビスケットのようなもので
甘くてとても好評て゜ございました。

生きている間に高級な贅沢な食事というよりもむしろ素朴な
そこにしかない地方の名物料理を食べれる人生でありたいと
思います。そしてそうなるためには健康でなければと
改めて思い巡らし食べ終わった時には手を合わせていました。

鼓動

| コメント(0)

夏といえば祭り。祭りといえば太鼓。日本人のDNAには
この祭り太鼓の鼓動を聞くと自然に心が高ぶるように
なっていると思います。
沖縄琉球村での古来民謡と太鼓演奏を聞かせていただきました。

d 156.jpg

「セイヤー」 「そりゃ」 「ハイ」 掛け声をあわせ若い躍動感が
沖縄の暑さと迸る汗が交じり合い観客の視線を釘付けます。
若い力で叩きつけられる太鼓の鼓動は母親の胎内で聞いた
懐かしい鼓動となり、子宮から飛び出した新しい生命の鼓動が
爆発したかのように私の体全体に電撃が走りました。

d 162.jpg

歓喜と一生懸命さが青年、女子奏者に笑顔をかもしだして観客に
挑戦を挑みもす。これでもかこれでもかと腕、足そして体全体を
使って激しい太鼓を叩きつけます。
プロではありませんのでステージ構成・演出は落ちますが、それ以上に
私なら1分もしたらバテて倒れてしまうくらいの激しい
演奏をつづけていたのです。なんともいえない奏者の顔が
そこにあったのでございます。
苦しいだろう。疲れているだろう。それでも打ち続ける真剣さと
食いしばる口元で笑顔を絶やさないその顔は凛々しさを感じます。
若さの特権は下手でもぶつかっていく可能性の挑戦だと思います。

下の写真は演奏が終了した最後のシーンです。
場内から割れんばかりの拍手喝采です。
太鼓のステージはやはり真夜中の月に照らされて
炎の光をライトにして観たいものでございます。

d 160.jpg


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

島国の雲の上から

| コメント(0)

梅雨の雨がつづく今日この頃いかがお過ごしでしょうか?
沖縄特集としましてブログを進めさせていただきます。
6/13日(火)午後12時成田から沖縄へ旅たちました。
この時の沖縄諸島は集中豪雨に見まわれ、マンション崩壊
という災難にあい大変な状況でございました。

w 002.jpg

半分今回のツアーは雨ではじまり雨で終わると諦めて
おりましたがなんと晴天とはいえませんが雨にはあわずに
旅を続けることが出来たのでございます。

w 004.jpg

沖縄那覇空港から石垣島へ行く時も前日から激しい雨に襲われ
午前中まで飛行機が動けない状況でありまして、欠航となるまでの
悪天候でございましたが、無事出航でき石垣島は雨ではなかったので
ございます。

w 005.jpg

幼い時、TVアニメ アルプスの少女ハイジの主題歌の場面で
空中ブランコで綿菓子のような雲に乗っかるハイジを見て雲に
乗れるんだと真剣に思っておりました。
そんな厚い雲に覆われた景色を飛行機の窓からみつめておりまして
人生もこの飛行機のようなものかなとふと思いました。
下界が大雨だろうと嵐だろうと上昇気流に乗るまで離陸してから
すごいスピードでかけ昇ることにより安定した飛行ができることを・・・

私の人生の飛行はそう置き換えるとまだまだ発展途上でございます。
離陸どころか滑走路を走っている状況かもしれません。
しかし飛べないわけではございません。
飛ぶ準備段階なのでございます。言い訳がましくなる前に
この辺で終わらせていただきます。ご拝聴ありがとうございました。

w 008.jpg
         【石垣島着陸寸前の大地と海の景色】

THE 沖縄 とくしゅーーう

| コメント(0)

皆様 寒い日が続きますが風邪などこじらせていませんか?
朝は道路が凍って滑りやすくなっております・・・・・

あれ? くだらない空想話をしても涼しくなりませんか?
えっ? 暑い中、心だけか寒くなりました?
誠に申し訳ございません。それでは気持ちを入れ替えて

夏といえば太陽。太陽といえば南。南といえば島国。
島国といえば・・・そうです沖縄でございます。

6/13日~6/16日まで私沖縄へ行かせて頂きました。


r190.jpg

沖縄は初めて行く日本の地でございまして、御ひいきいただいて
おります社長様からこの旅をプレゼントしていただきまして
見聞と異文化に触れ人生の素晴らしい1ページとさせていただきました。
これからお子様達も夏休みに入りまして、夏の旅の情報提供として
お役に立てれば幸いでございます。

それではこれから沖縄特集としてブログを展開していきたいと思いますので
お楽しみ下さいませ。

f191.jpg

ミネラル

| コメント(0)

(有)超ミネラル総研 www.mineral-souken.com
社長鈴木様を紹介させていただきます。
鈴木様は野島尚武医学博士【下の書籍 著者】
と共同でミネラルの研究と全国に代理店を広げ 商品名「泉力 せんりき」
というミネラル水を販売営業しております。

RENAME_AUTO_20060718_70.jpg

今先進国は健康に一番お金をかける時代でございます。
衣・食・住は産業界におきましてなくてはならないものでございます。
その中で先ず食がきて、その次に住、そして衣がくるのではと私の
見解でございます。
食生活が欧米化した平和ボケの祖国日本は憧れに身をまとい
先祖からいただいた体の構造を知る術もなく老若男女子供まで
肥満人大量生産工場を作り上げてまいりました。

私も世帯を持っていたときは幸せボケに胡坐をかき、仕事の後は
健康面に気をかけることもなく、ぶくぶくと贅肉をつけ当事90kgほど
ありました。一人になり今は健康管理に知識を学び、食生活の
改善と適度な運動で79kgまで減量することができました。
今76kgを目標にがんばっております。
鈴木様とはそういった意味でもよきアドバイザーとして、兄貴の
ような存在でございまして、こうして食事をしながら情報交換させて
いただいております。
彼は食生活を改善しても今の農薬に雁字搦めになった野菜には
全くと言って良いほど栄養素がないと唸っております。

q 002.jpg
  【野島尚武先生の著書を知りたい方はここをクリックしてくださいませ】

人間の体の96%は炭素、水素、酸素、窒素の4つの主要元素でできています。
この4つの主要元素を除いた残りの元素がミネラルと呼ばれています。
微量元素も人体にとって重要な必須ミネラルであると考えています。
微量元素は代謝をになう酵素の中にあって微量でも重要でございます。
でも科学のメスが入っていません。ここに人類科学史上の大きな落とし穴が
ありました。

もっと詳しく知りたい方はこの著書かHPで勉強してくださいませ。

そして寝そべりながら楽して知る情報はあまり信憑性がございません。
TYのお昼番組で、みのなんだっけ様の情報や雑誌などを鵜呑みに
するだけでは明日の生活に未来はございません。
心から語れるパートナーが必要かと思われます。そして住まいに
関しても良きパートナーが必要なのでございます。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

おおい祭り

| コメント(0)

7/16日(日)今年で6回目になります。地元のおおい祭りが開催されました。
大井町はこの度、上福岡市と合併になりふじみ野市となりました。

合併までの地域の歴史
農村地帯だったふじみ野市域は、東武東上線と上福岡駅が開通・開設されたことを契機に都市の芽が出始め、上野台、霞ヶ丘の両団地の建設によって急激に都市化が進み、東京のベッドタウンとして人口が急増しました。当時の旧上福岡市は全国で最も人口密度が高い市として注目されました。

その後ふじみ野駅が開業すると、畑作地帯であった同駅周辺の開発が急激に進み、超高層マンションや日本初のアウトレットモールなどが建設されました。旧大井町は埼玉県内で最も人口増加率の高い町として、また全国で最も人口密度の高い町として知られるようになりました。

平均年齢:41.6歳(男40.6歳、女42.7歳) [平成18年1月1日現在]
総人口 103,754人 (2006年3月1日)

a59.jpg

地理
埼玉県南西部、都心から30km圏内に位置する。 東西約7.5km、南北約6.0kmで、総面積は14.67平方km。北・西は川越市、東は富士見市、南は三芳町に隣接する。

武蔵野台地の北部のほぼ平坦な土地に位置し、地質は関東ローム層である。 北部の市境には、江戸時代から昭和初期にかけて川越と江戸(東京)を結ぶ舟運の水路であった新河岸川が流れている。

市のほぼ中央を東武東上線と国道254号(川越街道)が平行して通っており、北東部を富士見川越有料道路、南西部を関越自動車道、また市の中心部を北東から南西に向けて主要地方道である埼玉県道56号さいたま上福岡所沢線がそれぞれ通っている。

気候は表日本式気候で、夏は高温で降水量が多く、冬は強い北西の季節風が吹き晴天の多い日が続くのが特徴。

※ホームページ引用

a62.jpg

今年は合併ということもありまして、例年にない人の数でございました。
この街が健やかな発展になることを心よりお祈り申し上げます。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

暑中お見舞い申し上げます

| コメント(0)

皆様お暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか
梅雨明けはいつになるのか・・・夏キララでございます。
改めまして暑中お見舞い申し上げます。
自己管理をしっかり行いくれぐれもお体ご自愛くださいませ。

・・・と、ここで終わってしまっては、ブログを見ていただいている
皆様に申し訳けございません。

w89.jpg

今日は電車の中でとある思いに駆られたのでそのお話を
させていただきます。
今、都内に営業に行くことが多ございます。帰りの電車に腰掛けて
前方の席に座る乗客の新聞に目が走りました。
記事の内容はとある元アイドルの自殺と書いてあるものでした。
かなり昔のアイドルで今は引退して主婦をしていたらしい
私には懐かしい名前でございました。驚きもつかの間
この新聞に出会わなければ元アイドルの死は3日後には
分からずじまいで終わっていたかも知れません。

つい最近も元総理の死が報じられました。まだ若いのにこれも
驚きましたがこれまたつかの間でございます。
殺した殺されたと巷では毎度のこと報道されている中で
心が麻痺しているのか、悲しい限りでございます。

なにを言いたいかと申しますと、一度きりの与えられた人生
やりたいことをやったもん勝ちの中、今というこの時が
終わりを告げるときに私なりのヒストリーを残しておきたいと
切に思うのでございます。
そして運よく明日も生かされるのなら、この積み重ねの
ブログを振り返り自分の成長の過程を手繰り寄せることが
出来ます。
お陰さまでこのブログも7ヶ月目を迎えました。
私のブログを何回か見てくださる方もいると思いますが
気づかれた方もいると思いますが大半に私の顔が
登場しております。これは私の意図したことでございまして
1月から今までの私の顔が日々違っているのに
お気づきでございましょうか。

w97.jpg

これが3年、5年、10年となれば今は過去になり私の顔も
変化していくのでございます。その時にこうして縁をいただいた
皆様に生き証人になっていただき

「薄井という人間は生意気なこと言っていたけど、ほんといい顔に
なってきてるなー。こんな男もこんな風になるんだから、きっと私も
 なにかできるかもしれない」と共感していただくためにこのブログ
を続けていると言っても過言ではございません。

仕事を広めるために始めようとしたこのブログもいつしか私の
生き方を残すヒストリーになってしまったのかもしれません。

すみません。また話が長くなってしまいました。
ご拝聴ありがとうございまた。

バチカン

| コメント(0)

7/9日(日)銀座で独自のブランドとして化粧美容液を販売しています
(有)アルティス社長 川崎様に会いに伺いました。
銀座の一等地に事務所を構えオヒィスの中はアロマの香りに包まれ
癒しの空間がそこにありました。

d58.jpg

川崎様は普通の人脈ではない特殊な人脈を持つ人でございます。
芸能人、海外の財界人そしてバチカンに携わる崇高な人に顔が広うございます。
バチカンとは、周囲をイタリアのローマ市に囲まれ存在する世界最小の主権国家
でローマ教皇が暮らし、ローマ教皇庁によって統治されています。
ローマ・カトリック教会と東方典礼のカトリック教会の中心地、
いわば「総本山」でございます。日本でいうと皇居のような感じだと思います。
そのような世界の方たちと交流があることに驚かされます。
私もまたそのような交流ができる川崎様とこうしてこの時間を共有
できることに感謝の気持ちで一杯でございます。


d53.jpg

人類は皆平等でございます。しかしその中でも踏み込められない
世界もございます。普通の人ではローマ教皇並びに側近の方たちに
会うことは不可能な世界でございます。川崎様はそのような方たちに
自分で開発した美容液で疲れた体を癒す提案をされたのでございます。
そもそもカトリックの方たちは上の写真の様に人に肌を触れさすことは
ございません。写真を見せていただきましが、驚く方に治療マッサージ
をされております。ここでは名前は控えさせていただきます。
とにかく人徳のある川崎様でございます。どうしてそのような方たちと
お会いできたのか尋ねましたら、意識を高め会いたいと強く思い行動に
移したそうでございます。

今私はイタリアという国に興味がございます。そして行ってみたいと
心から思っています。イタリアをはじめヨーロッパの美的センスを
時間をかけてでも勉強して自分のセンスを磨いていきたいと
思っております。私も意識をしていたらこうして川崎様と知り合うことが
出来ました。これから今以上に川崎様と交流を深めイタリアについて
ご指導を仰ぎたいと思う所存でございます。

d56.jpg

これがAltis KZのブランドでございます美容液でございます。
私も使用していますが、素晴らしい最高級の商品でございます。
興味のある方は私までご連絡下さいませ。
きっと満足いただけることと思います。

燻し銀のギタリスト

| コメント(0)

7/8日(土)夜 高円寺では老舗の老舗でございますライブハウス
JIROKICHIwww.jirokichi.net/に行ってまいりました。
30年続くこのライブハウスは日本のトップアーティストを無名の頃から
育ててきたところでございます。
今宵知り合いの社長様の紹介で 知る人ぞ知るギタリストの竹田和夫様
の演奏を聞かせていただきました。

q36.jpg

竹田和夫様は「スピニング・トゥー・ホールド」やTVムー一族の主題音楽を
手がけたお方でございまして、今LAに移住しており海外・国内で活躍
されております。ブルース・ジャズに通なお方にはたまらない人でございます。
本当に燻し銀の演奏をされるところに男の色気を感じます。
男は歳を重ねるごとに味がでる生き方をしたいものでございます。

q40.jpg

第一部演奏終了休憩時間の時、トイレに行こうとしたら、ちょうど
竹田様とすれ違い、握手を交わし少しお話しをさせていただき
写真を撮っていただきました。感激でございます。
気取らない普通のおじさんという感じでございますが、普通というのは
そこら辺に居るおじさんではなく「自然体」でいて話し方も優しく
こだわりのない振る舞いの中に音楽にたいしてこだわり追求していく
まさにプロでございます。

ギター・ベース・ドラムの3人構成でありまして、3人でこれだけの
音を出せるのはこれまたプロでございます。
狭いステージだろうが広いステージだろうが環境が変わっても
自分たちの音楽をお客様に満足な演奏をしていく
これは私の仕事にも言えることで、大変勉強になりました。

q45.jpg
      【左 竹田和夫様   中央 五十嵐様   右 私 】

接待

| コメント(0)

昨日の夜。雨の六本木 グランドハイアット東京 www.grandhyatttokyo.com
にありますフレンチキッチンにお客様の接待で食事に来ました。
ここで働いている石川マネージャーは知り合いでございまして、
へんな気を私が使わない代わりに彼がお客様に丁重な気配りをしていただくので
素敵な空間を演出していただきます。お客様は誰もが喜んでいただいております。

a55.jpg

石川マネージャーはカクテルの腕を競うソムリエ大会におきまして
世界一になられた実力のあるお方でございます。
私のあだ名は「の ぶ」と申しまして、彼も信行という名前でございまして
ダブルのぶちゃんで呼び合って下ります。
彼の仕事を観て気づかせていただくことがたくさんございます。
お客様に対する気配り、食事の出すタイミングそれに対するワインの
チョイスもさり気ない振る舞いの中に素晴らしさを感じます。
接待業はなにもサービス業だけの専売特許ではなく、どの分野に
おいても大切なおもてなしだと思います。


a25.jpg

外資系のお店でありますので競争社会の実力の世界で商売をしております。
インテリア・照明等もかなり勉強になります。
フレンチキッチンの詳しい問い合わせは こちらをクリック してくださいませ。

a27.jpg

是非お店に足を運んでみてください。素敵な夜をお約束いたします。
石川マネージャーとお会いしたら ノブちゃんと言葉を語りかけたらなにか
サービスをしてくれるかも知れませんよ。

a41.jpg

石川マネージャーは今までこのオークドアのバーでトムクルース゛
を演じておりました。彼にお店を案内されて拝見させてもらいましたが
素敵なお店でございます。

トライ・テニスクラブ

| コメント(0)

今日は本格的な梅雨の雨でございました。
昨日、ふじみ野市大井町でテニススクールを経営なされている
トライテニスクラブの嶋田オーナーの依頼で、コートを照らし出す
電柱ポール塗装工事を行いました。

d12.jpg

天気が不安定な日が続いておりますが、天気予報をみながら、
今日雨が降るのを予期していましたので、私も作業工事を
手伝い、天気にも恵まれ、昨日無事完了いたしました。


d06.jpg


弊社の職人は良く働いてくれます。梯子に登って高い所の作業も
今の私には怖くてできませんが、何なりとこなしてきれいに
仕上げてくれます。今日集金で嶋田様にお会いしましたが
昨日終わらせてくれたことを喜んでいただき、仕上げも満足して
いただきました。
嶋田様も経営をなされている方なので、笑顔で対応していただきます。
今回のブログに載せる事にも快く受け入れていただきました。
お客様に写真に協力していただくのは大変難しいのですが
笑顔で協力していただいたことに深く感謝申し上げます。

下の写真は2年前物置小屋の屋根の張替え工事をさせていただいた
写真でございます。
梅雨の季節。皆様の屋根も雨漏りしないよう点検をなさいましょう。


P1010018.JPG
【施工前】


P1010034.JPG
【施工後】


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい

小学校フェスティバル 0701

| コメント(0)

ふじみ野市大井小学校の行事であります大井小フェスティバルに
町の役員として、戦後日本の子供が遊んだ竹馬・竹とんぼ・ベーゴマ
メンコ・藁草履つくりを子供たちに教える係りで参加させていただきました。

f 015.jpg


f 016.jpg


f 022.jpg


f 030.jpg

教える係りと申しましても私自身竹馬・竹とんぼ・ベーコマ
などやったことがありません。お恥ずかしい話し児童の子供に御指導
いただいた有様でございます。
隣町の塩野会長様からベーコマの巻き方を教えていただきました。
「最初からうまくはいかないんだ。何回も数をこなさないと
 1回できれば後はできるから ほら、どんどんやりなさい」と
私や子供たちに大きな声で叱咤激励してくれます。
初めて試みる子供や最初はできなかった私がベーコマを回した時
これまた大きな声で
「よくできたーーー。赤飯炊いてもらいなさい」と喜んでくれました。

4/3日 エントリー 亀久保記念公園清掃会議 参照
にも書かせてもらいましたが、私にも別れて暮らす娘がおります。
そばにいて親として守ってあげることができない私にとって
身近にいる子供たちの安全と安心を守ってあげることが
塩野様のような大人がきっと娘を守り励ましてくれることを強く
信じているしだいでございます。

「やってごらん 失敗してもかまわない ほらもう一度」
「君ならきっとできるから」
「よーくできたね おめでとう」

何気ない大人の言葉が感性の強い子供ならきっと勇気をくれた
この言葉を忘れないことだと思います。

        【ベーゴマをする 左 野嵜校長      右 塩野様】

f 028.jpg

大井小学校野嵜校長様と初めてお会いしまして、私は野嵜校長様に

「町の役員をしている薄井と申します。今回のこの素晴らしいフェスティバルを
町の活性化と宣伝を兼ねて私のブログに載せていただきたいのですがいかがでしょう?」
と名刺を渡しました。

「いいですよ。その代わり児童の個人的な写真は載せないでいただきたいと思います」
と常に児童の配慮を考えていて、笑顔で答えてくれました。

児童からも校長先生、校長先生と人気があり楽しいひと時を過ごし、雨にも遭わず
午前9時~正午まで、そして滞りなく終了致しました。

f 031.jpg

工務店・一戸建て・防犯住宅ならマネジメントホーム

一戸建て・工務店をお探しなら、マネジメントホームで防犯住宅の家づくり。一戸建て・注文住宅は家族が安心に暮らせる住宅を建てませんか?

MTBlog42c2BetaInner

2012年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ナイガイセルフ社長


ナイガイセルフ
代表取締役 薄井宣正
住宅リフォームや内外壁塗装など、自然塗料の施工リフォームを提供している会社社長
by Nobumasa-Usui


ナイガイセルフホームページへ!"
ナイガイセルフホームページへGo!
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ
投票お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ


にほんブログ村 ビジネスブログへ

のサイトを登録! by BlogPeople
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.261