2006年6月アーカイブ

親バカの美しさ

| コメント(0)

 昨日メール便が届きました。中には一枚の手紙とCDが
入っていました。
このごろいろいろな方から頂き物が多くなりありがたく思う
反面これから私も与える人間になっていかなければと
思う今日この頃でございます。

贈り物を頂いた方は鳥取県で車のガラス製造を展開している
ダックス㈱ www.duks.co.jp の大畑社長様からでございます。

大畑様とは今月17日・18日と長野での旅先で寝食を共に
させていただいて知り合ったお方でございます。

6/20日 エントリー 芸と気 参照

大畑様とは初めてお会いしたと思いましたが、縁があるのか
私たちは共に盛和塾という経営の勉強会の門下生でございまして
2/1日盛和塾東京例会の同じ場所にいたのでございます。

2/2日 エントリー 盛和塾 参照

そこで歌の披露をした歌手のMIKIKO www.mikiko.jpの父親ということで私の
ほうは大畑様を存じ上げていたしだいでございます。


gfd4.jpg

旅館でその時の娘様の話で盛り上がり、名刺交換をさせていただき
帰ってからお礼のはがきを出してから大畑様と頻繁にメール交換
させていただくことになりました。この人は社交辞令だけの人ではないと
感じました。今度東京に来たら西新宿にあるおいしいスペイン料理に
連れて行ってくれるということで楽しみにしているしだいでございます。

下の写真は2/1日高輪プリンスホテルでの盛和塾東京例会で歌を披露した
娘様でございます。

G0199.JPG

手紙の中で親バカで申し訳ありませんが娘の唄を気に入ってくれた薄井さんに
是非聞いてもらいたいと照れくさそうな大畑様の顔が伝わってきました。
娘を持つ私にも大畑様の気持ちがよく分かります。

私はお礼のメールに
「親バカでいいじゃないですか。 お金で買えない感性を持った娘様を
 持てて敬意を称します。今キーボードを打ちながら 頂いたCDを聴いて
 います。バラードがとても良いですね その中でも 『 ふたり 』という
 曲めちゃ良いですよ」

大畑様から返事のメールが届きました。
「薄井さんありがとう。親バカを貫き通していきますわ 」

なんともいえない男親としての絆ができたようなうれしいひと時です。
永遠の恋人である娘を想う気持ち、親バカの美しさを感じるのは
私だけでしょうか? とてもいかしております。

私の理想は決して社交辞令だけで終わる出会いではなく
ちょっとした出会いから素敵な縁を築き上げる人と出会いたいと
想っております。

今月のブログのテーマを「 美 」と題しまして今日までつづけて
きましたが、よくここまで話をテーマに合わせてこれたと自分なりに
感心しております。
御拝聴誠にありがとうございました。

artist_photo[1].jpg


生年月日:1982.1.22
出身地:鳥取県

小学校5生の頃、ローカルTV主催のコンテストに出場。MIKIKOの参加した4組が勝ち抜いてテレビに出演、それがきっかけとなり歌いはじめ、中学生の頃から歌手に憧れるようになる。高校卒業前に、地元鳥取県米子市で行われたオーディションに出場、生まれて初めてのオーディションで見事優勝し、スタッフの目にとまる。

2002年1月23日シングル「214~Believe in me tonight~」でデビュー。その透明でどこまでもストレートな声と抜きんでた歌唱力が高い評価を得て、首都圏ラジオ各局のパワープレイを獲得。4月24日、2ndシングル「I wanna be…」をリリース、7月24日には、村上てつや(ゴスペラーズ)が作曲、安岡 優(ゴスペラーズ)とMIKIKOが作詩した3rdシングル「Summer time」をリリースし、全国各地のライブイベントに出演。9月19日、全11曲を収めた1stアルバム「First Emotion」をリリース。「First Emotion=初めての感情」は、歌うことを選んだ彼女の11篇の自分物語であり、声の標本である。

流音

| コメント(0)

6/27日(火)東京京橋にあります東京近代美術クラブにおきまして
レッドサンダイヤモンド 重富社長様の個展 『流音』発表会に
伺いました。
重富様には色々な意味で人生のアドバイスをいただいております。

2/15日 エントリー 永遠の輝き】 に重富様の事を書いてあります。
ご覧になってみてくださいませ。


04.jpg

上下の写真の作品は来月 京都にございます清水寺本殿になんと奉納され、
仏の御心になる貴重な作品でございます。
重富様は清水寺の住職様と交流がありこのような形で拝見させていただく
ことができました。

03.jpg

重富様はダイヤモンドを極めた方でございます。デザイン加工・販売をしており、
今回の絵画は独学で学びタオという気を込めた墨による水彩画でございます。
インテリアデザインにこの作品を取り入れて住宅環境を考えていく提案を
私に勧めていただき、海外に事業展開する重富様の息子様を紹介して
いただき、構想の話に花が咲きました。

01.jpg

私はすごく仏縁に強い男だと自負しております。宗教家ではございませんので
誤解のないよう御拝聴いただければと思います。
お寺、お墓、お坊さんを見ると心が和むのでございます。
先日も藤木相元先生とお会いすることができまして、御指導を賜りました。

「薄井さん あんたは金儲けに走る人間ではないから 似合わない
 ことはしなさんなよ。45過ぎたら財を蓄えていきなさいよ。それまでは
 時間と自分に投資をしていきなさい 無駄な金は使わないようにして
 絵画や芸術の本物をたくさん見ていきなさい。勉強して人と違うことを
 していきなさい」 と高輪プリンスホテルのラウンジで二人で過ごせた空間を
 この絵画を観てふと思い出しました。

6/8日 エントリー 男の美学 参照】をご覧になって下さいませ
6/10日 エントリー 男のおしゃれ 参照

02.jpg

重富様からも
「薄井君 人を気にしてはいけないよ人に救いを求めてもなにも生まれないよ
 自分の内なる声に素直になり自分しかできないものを築いていくことだ」
と優しく胸元に突き刺さる重い言葉を賜りました。

v12.jpg

重富様のホームページを紹介します。是非ご覧になってください

www.be-stream.net/

13.jpg

『流音』発表会
       日時 平成18年6月25日~7月1日
           午前11時~午後6時
       ※7/1日の最終日は午後3時までとなります。

       場所 東京近代美術クラブ 
           東京都中央区京橋2-7-12

ブルースの美

| コメント(0)

6/25日(日)東京成増でライブパーティーに招待されてお伺いさせていただきました。
練馬区で不動産経営している(有)総合住販 五十嵐社長様の企画による
コンサートでございます。取引先のお客様、友人、知人を集め、楽しくそして粋に
音楽を聞かせていただきました。
五十嵐様が昔からお世話になっている自動車整備工場の会長の三味線と民謡
を取り入れたアットホームな演出に彼らしさを感じました。
会長も御満悦の様子が笑っている顔を拝見して感じました。

4/20日 エントリー 人の不幸の上に自分の幸せはない 参照
にも、五十嵐様の生き方考え方を学ばせていただいているのでご覧に
なって下さいませ。

s012.jpg

柳瀬ブルース・新宿ブルース・函館ブルースとブルースにも色々
ございますが、演歌とはちょいと感覚が違うブルースについて
私なりの考えを述べさせていただきます。

もともとブルースは黒人奴隷たちの悲しみ怒りのソウル( 魂 )の音楽
であり歴史は古うございます。
ギターもピアノも楽器というものがなかった時代 アフリカの黒人たちは
神の崇拝を大地の恵に感謝しながらその大地に黒人の熱き思いを
足でビートを刻み創めました。
静寂の夜には月に向って炎の光の影に揺られて体をくねらし創めました。
それが踊りとなりソウルダンスになっていったのでございます。

時が過ぎ奴隷解放となった現代でも人種差別、個人的ないじめは
後を絶ちません。なぜ私が仕事以外のことをブログに載せているかと
いうと自分の魂の思いを語り続けていくことにより人格が磨かれて
素晴らしい感性を研ぎ澄まし、自分の思いそしてやろうとしていることに
共感を抱いてくれる人たちのお役にたてることを強く信じているからで
ございます。
金儲けのためにイベントで人を集めることもできますが、そうではなく
自分の生き方を音楽に奏でてソウルブルースを心から喜びを分かち合う
仲間と共感することにより信頼を築き上げることはとてもいかしていると
私は思うのでございます。

s 019.jpg

下の写真は、そんな五十嵐様から6/13日~6/16日 社員旅行に
私を40になった祝いも兼ねて沖縄の旅をプレゼントしていただきまして、
一緒に動向させていただくことになりました。
そのときの様子は来月沖縄特集としてブログに記載していこうと思いますので
楽しみにしていてくださいませ。

今月のブログのテーマは「 美 」でございます。
美とは格好良さを演出する間の取り合いだと思います。

御拝聴ありがとうございました。

s013.jpg

植え替え花

| コメント(0)

6/25日(日)午前9時 町の自治会での公園の花壇植え替えの行事があり
役員として参加させていただきました。
町の美化運動の一環として多くの町民の方たちが参加されました。

ff5.jpg

私が一番若い年代でございまして、困惑しながらお手伝いさせていただきました。
花を愛する私にとって花の美しさはあるがままの自然さでございますが
人間の美とは意識だと思うのでございます。綺麗なものを見ても何も感じない
人もいます。
その逆で些細なもの、もしくは汚いものまでも美しいと感じる人もいます。
赤ん坊の口にした食べ物をもどしたゲロをすかさず口に含む母親の美しさも
ございます。
町の環境の美しさはそこに住む住民の美化に対する意識の表れだと思います。

ff10.jpg

前にも述べさせていただきましたが私が言っていることはきれい事ではなく
きれいな事をする意識なのでございます。CMでハリウッドスターのリチャード・ギアー
の宣伝で男の夢は理想を追い求めることだとたしか言っていた記憶がございます。
カッコウいいですね。

kk 003.jpg

kk 004.jpg

文字

| コメント(1)

今月のテーマを「 美 」とさせていただきブログをすすめております。

文字の中に含まれる数多くの想いのイメージを皆様で観賞していただき
たいと思います。

テーマはもちろん 「 美 」についてでございます。

25.jpg

作品 相田みつを

芸と気

| コメント(0)

6/18日(日)長野県上伊那郡辰野町 (株)マブチ・エスアンドティー御社
会社訪問見学をさせていただき馬渕社長様とお会いすることができました。
マブチ・エスアンドティーは、光学・半導体・電子など様々な分野の工業用資材、研磨・研削を中心とする加工機械、測定器を取り扱う専門商社でございます。

馬渕様は私と共に盛和塾で経営を学ぶ門下生でございまして、その盛和塾東京様の
計らいで会社訪問と7月にオープンする新社屋を見学させていただくことが出来ました。


RENAME_Manual_20060620_10.jpg

今年で3回目となる蛍観会と題して前日は辰野町ほたる祭りの夜
夕食懇親会でも大変お世話になりました。

馬渕様は多彩な趣味の持ち主でございまして、大変芸達者な方でございます。
芸は身を助けると昔の人はよく言ったもので、集まりの場所では
相手を喜ばせる最高の武器となります。会社見学の最後の見せ場として
新しい社員食堂をコンサートホールとしてギター演奏を披露していただきました。

ギターは30年以上も使用している愛着と年季のあるクラッシク・ギターでございます。
普通私だと自慢していると思われるのが嫌で躊躇しがちですが馬渕様は臆する
こともなく堂々と演奏を聴かせてくれました。
そして御世辞抜きに素人を超えたレベルでしたのでそれは感動ものでございました。
私も何処そこのパーティーの場で何気なくギターやピアノなどの楽器が置いて
あったらそれを何気なく演奏をして周りの人たちに喜んでもらえるような
粋な社長でいたいと思っています。格好良いではございませんか

RENAME_AUTO_20060620_111.jpg

馬渕様は最初のご挨拶で自分のことを長野の西川きよしと称して周りの人を
和ませて、食事の時は食べ終わった割り箸を人に握らせてティッシュペーパー
一枚で二本の割り箸を割ってしまうのです。これは手品ではございません。
空手をやっていた馬渕様は相手の呼吸に合わせた気で割ると仰っていました。
中国でプラッチックの箸をティッシュで割ったら200人くらいの中国人が
握手を求めてきたそうでございます。

RENAME_AUTO_20060620_112.jpg

新しい会社もそれは立派な建物であり大きさと冷暖房設備の省エネ設計に
驚かされました。外国の建築方法で地価で暖房を一気に暖めた地下の土が
建物本体を暖めて光熱費を抑える施しとなっており県や自治体も参考に
しようと見学にくるくらいの大変勉強になる建設施工でございます。

今回 馬渕社長から教えてていただいたことは、とにかく自分の可能性を信じて
潜在意識をだし自分はできるんだと思うことが必要だと諭していただきました。
一緒に写真を撮っていただいた時、強く私の手を握ってくれました。
勝手ながら馬渕様のパワーを頂いてしまいました。

43.jpg

帰りの中央高速諏訪湖インターからの梅雨時の晴れた美しい湖の様子でございます。
都内は雨でしたが長野は晴れた一日であり素晴らしい一日でございました。

蛍の村

| コメント(0)

6/17・18日 長野県上伊那郡辰野町に行ってきました。
17日(土)は晴れていましたが夕方から雨が降り出してまいりました。

アニメ映画で火垂るの墓という作品がございましたが
皆様もご覧になったと思います。
戦争中の兄妹の愛しく切ない兄妹愛の物語でございます。
声優の声のなんとも言えない感情の起伏が涙を呼びます。

「さちこ 寒くないか」
「兄ちゃん 見て 蛍がおる きれいやなー」

B00005EL6L.01.LZZZZZZZ[1].jpg

何も罪のない幼い子供が戦争という時代に生まれ親を亡くし
二人きりで必死に生きていく。 絶望の暗闇の中に希望の光を
信じて朽ち果てていくあどけない妹の魂が蛍の光となって静寂の夜
を照らします。
そんな映画のシーンを思い出しながら蛍の夜をこの村で過ごしました。

周りが明るすぎると小さい命の光は目立ちませんが周りが深いくらいに
暗闇であればあるほど小さい命の光は美しく輝き照らし出されます。
そんな美しいスターライトがゆっくり点滅して自然の緑に溶け込んでいきました。

011.jpg

蛍の数より見物客の人間のほうが多いことに時代の流れを感じます。

警備員の村の方たちの運営によってより良い祭りが出来ます。
アナウンスで何度も何度もそれまた何度もご来場の感謝の言葉と
蛍は強い光を嫌うのでカメラ・携帯のフラッシュはしないでくれと呼びかけて
いるにも関わらず話を聴いていないのか言葉が解らないのか平気で
フラッシュ撮影をしている人が何人かいらっしゃいました。

これも時代の流れなのでしょうか 理解に苦しみます。
思い出を写真に残すことは悪いことではありませんし私も好きでございます。
言葉の文字だけではなく目に焼きつく写真をこうして取り入れて皆様に
少しでも理解してもらおうと私も写真を撮っております。

しかし止めてくれといわれたのなら嫌がることはしないと思うし、撮るなら
フラッシュ撮りなしの方法をとると思うのですが・・・
いくら性能がよくなったからと言って安いデジカメや携帯で自然の
臨場感は表現できないと思います。まして蛍の光だけをフラッシュ撮りしたところで
きれいに取れるわけはないのでございます。

平和ボケした日本人は自分だけの思い出と自分だけのゴミをその場所に
残して平気でその場を後にします。
戦争中の物がない苦しさだけの日々を送りつづけた少年とサチコはいったい
蛍になにを感じたと写真を撮り続けた人は思うのでしょうか?

話が長くなるのでこの辺で止めておきます。

今月のブログのテーマでございます 「 美 」とは感性を磨くことだと思います。

007.jpg

合同町会役員連絡会議

| コメント(0)

午後19時 ふじみ野市大井町の4つの町会役員さんが集まり
連絡会議が行なわれました。
今回の議題のテーマは毎年恒例で行なわれている夏の花火大会
について今後の取り決めを行ないました。
結果として今年は花火大会は中止という運びになりました。
いろいろな意見が交わされましたが
いろいろな事情がありいろいろな事を踏まえた上での議決となりました。

kj.jpg

遅くまで会はつづき役員さんの意見を聞けましたので大変参考になりました。
皆さんの心は町の皆様と仲良くふれあうために一生懸命であることを感じました。
会の話も楽しくそして滞りなく終了いたしました。

RIMG0927.JPG

【お知らせ】

    6/13日~6/18日までブログ記載をお休みさせていただきますので
    よろしくお願い申し上げます。

よこのつながり

| コメント(0)

梅雨本番。今日も一日中雨が泣いておりました。雨がないているのでは
なく、雨に泣かされている人たちがいると表現したほうがいいかもしれません。

今夜行きつけの焼肉屋に(有)垣内工業社長垣内様ご夫妻と夕食を
共にさせていただきました。垣内様とはかれこれ15年のお付き合いで
塗装吹き付けガン吹き専門会社としてゼネコン関係の仕事を従事して
おります。弊社の仕事もしていただいておりお互い助け合って仕事を
しております。

私は垣内様のことを「 兄貴 」と言い、垣内様は私のことを「 のぶ 」と言う
間柄でございます。

仕事で工期に間に合わない時とか苦しい時にいつも力になってくれます。
サブちゃんの歌ではございませんが親の血をひく兄弟よりも固い絆の
二人でございます。
4.JPG

つい最近も仕事のことで討論とはいかない話になりまして、教えて
いただいたことがございます。

「のぶは今経営者として物事を考えているとおもうけど、俺は親方として
 職人を手配している。今回の現場の手配ののぶのやり方では職人は
 納得いかないと思うぞ、利益を上げることには問題ないけれど
 それだけでは職人は付いてこないぞ」

といつもの明るい口調で私に諭してくれました。社長の仕事とは売上げ
のばして利益を上げることてすがその他に働いてくれる人たちにより良く
働いてもらえるモチベーション作りも必要でありベクトルを合わせて仕事
に取り組んでいかなければなりません。

美しい生き方とは相手を喜ばせる生き方かもしれません。

そういった意味でたてのつながりとよこのつながりを大切にしていかなければ
物事はうまく前に進みません。たまにくち喧嘩になる時もありますがこうして
楽しいお酒を飲んでいただけることに深く感謝しております。
奥様も綺麗な方でいつも二人で行動している仲の良い夫婦でございます。
愛犬家で犬の散歩が日課になっており、この食事が終わった後、雨が
降っていてもワンちゃんのために散歩に行くそうです。
私もワンちゃんを飼うことになったらご指導のほどよろしくお願いします。

男のおしゃれ

| コメント(0)

6/4日(日)午前11時 原宿神宮前の閑静なビルでサロン・ソフィア表参道店を
オープンしたソフィア・モネ高杉社長様からレセプション・パーティーにお招きいた
だきまして、高杉社長様の師と仰ぐ藤木相元様とお会いすることができました。
 
6/8日 エントリー 男の美学 参照

今日は現場検査で何件か回りまして夜疲れて帰ってきましたら、
メール便でぶ厚い封筒が届いており中身を見たら なななななんと
藤木相元先生から直筆の手紙と出版された【男のおしゃれ 開運学】が私に
微笑みかけているではございませんか。
さっきまでの疲れは何処へいったやら・・・・

先日のパーティーでのお礼のおはがきを出させていただいたお返しの
お手紙だとありがたく読ませていただきました。

2 (3).jpg

本当にうれしゅうございます。身に余る光栄とはこのことを言うのでしょうか
私の魂のはがきの文字が藤木相元先生の心に届いたのか恐縮ですが
今夜はこの本の読書三昧とさせていただきます。


2 (4).jpg

その本の冒頭の文面を紹介させていただきます。

P004ページ

 ----男のおしゃれが注目を集めている。
    いわゆるドブネズミ色のスーツにネクタイさえ締めていれば
    いい、という時代は終わりを告げた。
    書店にも男性向けファッション誌がズラリと並ぶようになった。
    私は男性もおしゃれに関心を持つようになったのはたいへん
    よいことだと思っている。なぜなら運をつかむにはおしゃれは
    欠かせない重要な要素だからである。
    おしゃれのないところに運は寄ってこない、と言ってもいい。

    おしゃれというと、自分にはセンスがないからなどと自信の
    ない顔をする人がいるが、運をつかむおしゃれには、法則
    がある。その法則を頭に入れておけば、誰でもおしゃれが
    楽しめるようになるはずた。 


今月のブログのテーマは 「 美 」でございます。美的センスは
男のほうがあると私は信じております。

2(2).jpg

31723250[1].jpg

書籍名
男のおしゃれ開運学

著者名
藤木 相元 著

出版社名
ゴマブックス

発行年月
2006年6月

価格(税込)
1,050円

ISBNコード
4-7771-0413-3

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい

関東入梅宣言

| コメント(0)

今日関東地方も入梅となりまして、外の仕事を携わっている弊社
としましては嫌な季節でございます。自然にはかないませんので
雨が消えた今弊社の隣の公園に咲いている花を撮影しました。

というのも昨日の夕方近所の方が弊社に来て
「薄井さん。公園の花だけど新しく植えてあるみたいだけど、薄井さんが
植えてくれたの」と尋ねにきました。

「いやー勝手にそんなことしませんよ。今月の25日に花の植え替えを
するんでしたよね」

「そうなんだよ。だけど薄井さんの玄関の花が無くなっていたから植えて
くれたのかなって思ったんだ」


この方はいつも朝公園の花に水を与えてくれたりゴミ拾いをしてくれて公園の
美化にものすごく協力的な方でございます。
きっと誰かがそっと善意で植えてくれたと勝手に二人で決め込んでしまいました。

「薄井さんはいつも会社の周りを綺麗にしているね。花を見ると心が和むよ」

「そう言っていただけるとすごくうれしいです。水をあげすぎても根ぐされしてしまって
すぐ枯れてしまうんですよ。花がなくなっているのは枯れたものを取ったんです
だけど何人かの通る人も喜んでくれる言葉を投げかけてくれるんです」

「そうでしょ。朝喧嘩して外を出ても花を見れば気分が変わるもんね」

近所の方と私の煎れたコーヒーを飲みながらこうした話ができて
外はじめじめしたなか心は晴れやかな気分でございました。

4/1日 エントリー 花 参照】もご覧になってみて下さいませ。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

男の美学

| コメント(0)

6/4日(日)午前11時 原宿神宮前の閑静なビルでサロン・ソフィア表参道店を
オープンしたソフィア・モネ高杉社長様からレセプション・パーティーにお招きいた
だきました。
高杉社長様の師と仰ぐ藤木相元様とお会いすることができました。
故中村天風哲学者の7人弟子と称されテレビ・ラジオにも出演されており
昔笑っていいともに顔相診断をして人気を託したことで皆様もご存知だと思います。

今回のパーティー締めのご挨拶でお話を賜りました。
ご高齢にも関わらず話し方には矍鑠として凛としたパワーを感じました。
そのお話の中で私の今月のブログのテーマでございます「 美 」について
偶然にも語っていただき、鳥肌が立ちました。


29.jpg

「 私は今雑誌の編集で『男の美学』と題して原稿を書いております。
 これからは男性も美を追求していかなければいけません。お洒落で
 あることはとても大切なことであり相手に対しても身なりをきちんと
 することはその人を重んじることに繋がるのです。

 また人間の体の中心は臍です。武士は覚悟の末を腹にすえ
 あわやくば切腹も辞さない覚悟がございました。腹にすえる意味に
 ギリシャ語でこのソフィアという言葉が含まれるのです。
 そういった意味で高杉さんがソフィアと名づけたことによくぞ
 この名を付けたとうれしく思いここに来させていただきました。
 今日は本当におめでとうございます。 」

34.jpg
 【相元会会長 藤木相元様            相元会理事 佐野生光様】

とかく日本人は有名人や先生と名づく人に弱い風潮がございます。
隣に座ったからといって何様気取りで自分も偉くなったと錯覚されてはこまりますが
こうして偶然にもこの空間で一緒に共有させていただき時間を持てた
ことに深い感謝と深い意味がそこにあると意識しながら写真を
撮らせていただきました。

私が「 先生この写真私のブログに使わせてもらいたいんですが
     よろしいですか?」 と尋ねたら

   「 良いですよ どんどん使ってください 」

となんの躊躇もなく返事をいただきました。器の大きい人はすべてを
受け入れる体制があるのだなと感激いたしました。

私は人相はとても大切だと思います。人相が良いから幸せなのか
幸せだから人相が良いのか・・・
鶏が先か卵が先かの話になってしまいますが私は人相が良いから
幸せになれると思います。
藤木先生が診れば私がどんな人間かすぐに判ると思いましたので
気飾らずに名刺交換させていただきました。
今後ともご指導のほどお願い申し上げます。

   

 ※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい

書道

| コメント(0)

6/4日(日)原宿サロン・ソフィア表参道店オープンニングレセプションパーティー
にお招きいただき書道家萌音流の山本琴麗先生と初めてお会いしました。
名刺交換だけでお話はそれほどできませんでしたが、皆様に紹介スピーチを
された時のエレガントな面持ちは大変素敵でございました。

今月は「 美 」をテーマにブログを繰り広げていきたいと思います。
今日は書道について私なりの思いを述べたいと思います。

12.jpg

東洋の極める術としてすべてに「 道 」という言葉が付きます。

柔道・剣道・弓道・茶道・華道そして書道と道を究めるものでございます。
武道は一瞬の勝負事。茶道は室内の空間からお茶の出来ばいを喉下で感じる世界。
華道も空間からつくりだす美の演出で花もいずれは枯れ果ててしまう儚い命の
表れでございます。

しかしこの書道と絵画だけは半永久に後世に残すことができる世界でございます。

絵画は観る人それぞれの感性で違うイメージを広げていきます。
書はひとつの文字をテーマにしてそこから観る人たちのイメージを広げていきます。
この書くということはとても大切な夢の実現化に必要不可欠といわれております。
自己啓発において、自己スケジュールにおいてメモを取ることは成功の一歩だと
も言われておりますので優秀な方は必ずメモを取っていますよね。
私も見習って意識して習慣化していかなければと日々思っております。

10.jpg

上の写真は今回のサロン・ソフィア開店祝いにオーナーの高杉様に贈られた
作品でございます。
高杉様の友好関係の素晴らしさに心が躍ります。そんな高杉様の経営理念
である 「愛」 「美」 「調和」 を表現されております。

字から湧き上がる躍動感の中に女性特有の美しさを皆様にも強く
感じていただいたと思います。

人生は中道。恋愛は武士道( 作家 宇野千代様の名言から)そして
書道は夢の現実なり。
たまには私もいいこと書きますね。
ご拝聴ありがとうございました。

歌かた

| コメント(0)

6/4日(日)昨日のブログのつづきでございます。
原宿サロン・ソフィア表参道店オープニングレセプションパーティーでございます。
【6/5日 エントリー ソフィア・モネ 参照】

オペラ・ソプラノ歌手小川えみ様を紹介させていただきます。
小川様とは、先月ニューヨーク盛和塾勉強会で初めてお会いしました。
お招きくださいましたソフィア・モネ高杉様の友人でもございまして
今回のパーティーで歌を披露していただきました。

7.jpg

歌い手は歌だけ歌ってるのではなく経営のことも知らないといけないと感じて経営者
ではないれれど経営の勉強をしている素晴らしい女性でございます。
愛嬌があり、えみちゃん。えみちゃんと誰からも好かれて、盛和塾東京では小川様の
ファンクラブもあり彼女の活動を応援しています。

RIMG1069.JPG
           【セントヨハネ大聖堂の内拝堂にて】

また小川様の凄いところは、ニューヨークで一緒に行動させていただきましたが、
オペラコンサートを観た後、アポも取らずにプロデューサーに売り込みでございます。
常識ではアポを取ってお会いするのが礼儀かもしれません。しかしそんなことしていたら
会えるものも会えないかもしれません。無名という悲しいさだめなのかもしれません。
私はそんな行動をした小川様に敬意と感銘を受けました。

駄目だと人に言われながらも自分の足で他人が不可能だという世界に足を踏み出していく。
ビジネスでも人間関係でも物事には順序があることは理解できます。
その理解できないところに自分という存在を知らしめる行為を認めてくれる人は
必ず存在します。少なからず世界の中の一人として私は共感を感じました。
これは人と違う突拍子もない行動したことに感銘をうけたとは意味が違います。
世間の常識でしか理解できない世の常に突拍子もないことをしなければ太刀打ち
できない小さい無名の弱さを克服した勇気に感銘したのでございます。

小川様は誰かに歌ってと言われると、何処そこ関係なくすぐに歌を披露してくださいます。
これもすごいなと思います。自信があるのだろうと人は言うかもしれません。
私はそれだけではなく、音楽を愛する人たちは皆ピュアでございます。
心が美しいのでございます。相手が喜んでくれることを歌で表現したいと思うので
ございます。

下の写真は4/28日ニューヨークでの懇親会で皆様に歌を披露した様子でございます。


「 美 」とは喜び、歓喜だと思います。苦しい時悲しい時、人に対して喜びを与えられる
人のオーラは美しい輝きを照らしだしていると思うのでございます。

5.jpg
        【左 小川様     私      右 ピアノ伴奏者 森様】

ソフィア・モネ

| コメント(0)

6/4日(日)午前11時 原宿神宮前の閑静なビルでサロン・ソフィア表参道店を
オープンしたソフィア・モネ高杉社長様からレセプション・パーティーにお招きいた
だきました。
店の門を開いた瞬間アロマの香りと贈り物のお花の香りでエステ・サロンにふさわしい
空間にコーディネイトされており、女性スタッフの皆様の笑顔がおこしになった来客の
皆様を和やかなムードに包んでくれました。


高杉様とは先月盛和塾ニューヨーク勉強会で初めてお会いすることになり、帰りの
飛行機の中では隣に同席させていただき、盛和塾に入ったきっかけ、人生について
そして今後の事業の夢についてお話をお聞かせいただきました。
そんなご縁で今回この席にお招きいただいたしだいでございます。

会場に来られた方も素晴らしい魅力のある方たちばかりでしたので、楽しいひと時
を共有させていただきました。心より感謝申し上げます。

私の贈らせていただいた薔薇の花束のひとつを一輪挿しに頭の上につけていただき
喜んでくれたことにうれしく思うしだいでございます。
この高杉様も笑顔の素敵な女性の一人でございます。

9.jpg

さて、場違いという言葉がございます。自分にふさわしくない所で身の丈もしらず
背伸びをしている状況でございます。このブログをご覧になっていただいてる方は
多分理解していただいていると思いますが、初めてこのページをご覧になった方で
なにこの人と思われる方もいると思います。まーそうならないために事前にこの
ブログをみていただく選択として A と Bを選んでもらっていますので、私の考え
を述べさせていただきます。ご理解のほどお願い申し上げます。

また屁理屈を並べてしまいましたが、私自身もまだまだこういう場所にふさわしい
風格を持ち合わせていませんし、もっと勉強しなければならないことがたくさん
ございます。場違いと思われる方もいると思いますが、今までそういう人たちの
声に気にしすぎてた自分がいました。私は今背伸びなどしていないつもりでございます。
私の心の声を素直に聴くと私はこういう場が好きなのでございます。

自分は思わなくても相手が場違いと感じるのなら、5年後にはたぶんふさわしい風格
を持った笑顔を感じていただけることと思います。
それは自信とかうぬぼれで言っているのではございません。
ただそういう人間になりたいのでございます。

前にも述べさせていただきましたが、短パン姿で行きつけの居酒屋で近所の方と
楽しく焼酎が飲める。タキシードを着て素敵なレストランで異国の人たちと楽しく
ワインが飲める。大会社の経営者様だろうと小さな会社の代表として楽しくビール
が飲める。人の心の大きさの価値観は人それぞれでございます。ただ私は
そういう人間でありナイガイセルフの社長でいたいのでございます。

生意気ついでにもうひとつ、このようなパーテイーというのは自分が来たいと思っても
お招きいただかなければ現実にならないということでございます。
ですから選ばれた人間同士が集まる貴重な時間だと私は強く自負しているしだいです。

          【この日にお集まりになった方たちとスタッフの皆様】

今月は「 美 」をテーマにさせていただいております。
エステ・サロン。これから外面だけてはなく内面の心のケアーも必要とされることでしょう。
その中でアロマ・テラピーは重要視されることは間違いないと私は思います。
弊社ホームページ【天然塗料】をクリックしてみて下さいませ。詳細が書いてございます。

この日のことを次のブログでまた、紹介させていただきます。

マドンナ

| コメント(0)

本名はMadonna Louise Veronica Ciccone。17歳の時ダンサーを志して、たった35ドルを手にNYへ。その後パリへ渡りヴォーカル・レッスンを受け、帰国後ロック・シンガーとして歌手デビュー。84年に発表したアルバム『ライク・ア・ヴァージン』は大ヒットしてセクシーな衣裳と共に“モンローの再来”と話題になった。その後はワールド・ツアーも敢行し、スーパー・スターとして活躍。映画出演は(下積み時代に成人映画「堕天使」に出演しているが)「マドンナのスーザンを探して」からで、持ち前の魅力を活かして多くの作品に出演。虚実を混ぜ合わせたドキュメント「イン・ベッド・ウィズ・マドンナ」の評価も高いが、「プリティ・リーグ」や「エビータ」など、女優としての活躍も目覚ましい。85年ショーン・ペンと結婚するが89年離婚。ウォーレン・ビーティと交際したがその後、トレーナーとの子供を出産。00年にはガイ・リッチーとの間に子供をもうけて結婚した。

生年月日 1958年8月16日
出身地 アメリカ/ミシガン州

※ホームページ本文引用

80-large[1].jpg

今月は「 美 」をテーマに繰り広げていきたいと思います。
6/1日はマリリン・モンローを取り上げましたが、マドンナは冒頭の解説でも
書きましたが「モンローの再来」と話題になりました。金髪のヘアースタイル
からどことなく似ていることも頷けます。

私が思うのに二人とも「 美 」を利用したと思うのでございます。
マリリンは生まれ持った美貌に世間から踊らされて、外見の自分の美しさに
自分自身が利用されてしまったと思います。
脚光を浴びた虚像の世界で一人歩きしてしまったスターのマリリンに本当の
自分自身は女である弱さを隠し切れずに若い命を落としてしまったと思われます。
要するに恋におぼれてしまったということです。

ところがこのマドンナは35ドルを片手に握り締めアメリカン・ドリームを掴むため
あらゆる手を使って業界に自分を売り込んで行きます。
自分の女性としての美をスターになるために利用してきたと思います。
いろいろな意味で嫌な思いもたくさんしてきたと思います。

40歳をすぎてこの美しさを維持しているのは並大抵の努力ではないと思います。
生まれ持った美しさに努力をせずに崩れていく女性もいれば
一世を風靡しても美しさを維持していく人の違いはいったい何なのでしょうか。

「 美 」イコール努力の継続だと思うのです。女性に限らず弊社も美しさを
追求する会社として継続していくことに意味があると思います。

勿論。このブログも価値あるものにしていく努力を継続していきます。

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

ミセス・パワー

| コメント(0)

今月は「 美 」をテーマにブログを進めていきたいと思います。

        【左 霧本様    中央 中村様    右 小島様】
1.jpg

先月26日 四谷での全国経営者団体連合会交流会の様子でございます。
写真中央の中村様の紹介で参加させていただきました。そこでまた中村様の知人で
霧本様と小島様を紹介していただきました。皆様自営業者でございます。

皆様明るい方たちばかりでブログに載せて欲しいと尋ねたら喜んで受け入れてくれました。
懇親会の最中小島様が違う場所で飲み直そうということで4人で四谷の居酒屋に
入りました。

男は私一人でしたので、おばちゃんパワーいやいや失礼。ミセスパワーに圧倒されっぱなし
でございました。しかしこうして複数の女性経営者の声をじっくり聴けたことは
私にとってかなり参考になりました。ほんのちょっとした男性の振る舞いなどを女性の
視点からよく観察しておられこれからの人との接し方にすごく勉強になりました。

女性とはいえ世間にもまれながら日々頑張っておられます。いろいろな人生経験を
私にアドバイスとして語っていただき違う一面も見せていただきましたが
3人のミセスの共通点はとにかく明るいということです。笑顔が素敵でございます。

男は度胸、女は愛嬌ともうしますが、「美」に不可欠なのは男女問わずこの笑顔
だと思うのでございます。

RENAME_Manual_20060602_27.jpg

                  【 私         谷口様】

上の写真の方はこの全国経営者団体連合会の理事長谷口様でこざいます。
この会の始まる前に中村様と近くの喫茶店でコーヒーを飲んでいたら後ろの席
で谷口様と偶然お会いすることになり名刺交換させていただきました。

これもものの考え方ですが、中村様がいなければ谷口様が誰かもわからず
名刺交換もできなかったと思います。名刺交換も大勢のいるところで渡すよりも
こうして個人的に渡すのとではインパクトがぜんぜん違うと思うのでございます。

ここにも私は出会いという運の強ささがあることとそう思える自分に感謝しています。

谷口理事長様も会の初めの挨拶でこの出来事を話していただき、出会いも
ちょっとした行いの積み重ねだと語っていただきました。

懇親会では谷口様のほうから話しかけていただきこの写真をブログで紹介したいと
尋ね終わる前に、私の肩にそっと手をあてて笑って違う席に向かわれました。
やはり頂点に立つ人たちというのは懐が大きいと改めて感じさせていただきました。

素晴らしい出会いに今宵も感謝でございます。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

| コメント(0)

皆様今日は晴天に恵まれ暑い一日でしたが、いかがお過ごしでしたでしょうか
仕事日和で弊社としましてはありがたいかぎりでございます。

今日から6月。あらためまして月日の速さに驚かされます。これも歳をとった
証でございます。先月40という節目の歳を迎え人生で言うと折り返し地点で
ございます。

このブログも6月という新しいページを重ねていくことができました。
これもひとえに皆様に観ていただくご支援の賜物と深く感謝いたしております。
この場をかりて改めまして御礼申し上げます。

さて今日6月1日は何の日でございましょう。
ひとつの歴史の一こまとしてマリリン・モンロー生誕の日でございまして
生きておられたら生誕80年と相成ります。

セックス・シンボルとして当事の男性諸氏をメロメロにさせた噂多き女性でございます。

昨日のブログで紹介しました映画キングコングに出演したナオミ・ワッツのほうが
私の感覚からまた時代背景もあるとおもいますが断然美しいと思うのでございます。

しかしマリリン・モンローというブランドと名前の美しさには太刀打ちできないので
ございます。

【5/31日 エントリー キングコングに学ぶ 参照】でも述べましたが、「美しさ」という
私が今一番興味を引くこの「 美 」について今月のテーマとして情報提供させて
いただきたいと思いますのでお楽しみ下さいませ。


thumb[1].jpg

マリリン・モンロー(Marilyn Monroe, 1926年6月1日 - 1962年8月5日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の女優。本名ノーマ・ジーン・モーテンセン(Norma Jeane Mortensen)、その後改名してノーマ・ジーン・ベイカー(Norma Jeane Baker)。1950年代中盤から現在に至るまで「アメリカのセックスシンボル」と称される。

身長166.4cm 体重53.5kg B94 W61 H86。トレードマークは、真っ赤に塗られた唇、口元のホクロ、モンロー・ウォークと呼ばれた独特な歩き方。フェラガモに作らせた靴のサイズは、24.5cm。ノルウェー人の血を引いているが、本当の髪の色はブロンドではなく褐色(ブルネット)であった。

1962年8月に36歳で死去。死因は睡眠薬の大量服用のよる急性バルビツール中毒で、自殺とされるが、謀殺説も根強い。彼女が遺体で発見されたとき、手には受話器が握られていたものの、電話局からは通話記録はなく、部屋からは彼女の日記が消えていた。仮に謀殺だとすると、電話の通話記録の改ざん・隠蔽を行うことができる政治力の持ち主が関わっていたとする主張がある。

その墓所は故郷ロサンゼルスのウエストウッド・メモリアルパークにある。

※ホームページ本文引用

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

工務店・一戸建て・防犯住宅ならマネジメントホーム

一戸建て・工務店をお探しなら、マネジメントホームで防犯住宅の家づくり。一戸建て・注文住宅は家族が安心に暮らせる住宅を建てませんか?

MTBlog42c2BetaInner

2012年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ナイガイセルフ社長


ナイガイセルフ
代表取締役 薄井宣正
住宅リフォームや内外壁塗装など、自然塗料の施工リフォームを提供している会社社長
by Nobumasa-Usui


ナイガイセルフホームページへ!"
ナイガイセルフホームページへGo!
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ
投票お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ


にほんブログ村 ビジネスブログへ

のサイトを登録! by BlogPeople
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.261