2006年4月アーカイブ

お知らせ

| コメント(0)

RIMG0927.JPG

早いもので新しいホームページをたちあげて約2ヶ月がすぎました。
ブログも毎日更新するつもりはございませんでしたが、意外と好評でございまして
うれしさ半分、戸惑い半分で試行錯誤しながら更新をしてきました。

今回、私のブログを見ていただいている方たちにお知らせとして4/25日~4/30日
までブログ更新をお休みさせていただきます。
休む理由は来月まで秘密にしておきます。来月までお楽しみにして下さいませ。

来月はより一層おもしろい情報を提供させていただきたいと思いますので、
変わらぬご愛好と、お引き立てを賜りますようなにとぞお願い申し上げます。

また、ある年配の方から、字が小さすぎて読むのに疲れると、ご指摘を賜りました。

これは、見ていただく方のパソコン操作が必要になります。

画面、左上の ファイル(F) 編集(E) 表示(V)の表示をクリックしてください。


文字が読みづらい方は表示→文字サイズ→見やすいサイズに変更してみてください

これからも色々なご意見お待ちしております。

大井中央町会総会

| コメント(0)

4/23日(日)午前10時 平成18年度大井中央町会総会が開かれました。

私はその中の大亀会自冶会長として出席させていただきましたが
3/26日 自冶大亀会総会 参照
写真の、立ってお話している星様が、今期大井中央町会会長になられ、その補佐役として
私に協力して欲しいとわざわざ弊社まで頭を下げに来ていただき、最初は自冶会長も初めてで
あるので、荷が重過ぎるからお断りしたのですが、星様も仕事で時間が合わなくて辞退するつもりで
いたのだけれど、後継者を作らずには、辞めるに辞めれない。その面ですごく精神的に困っている
と私に熱く語ってくれました。そこまでいわれたのなら、私の心も動き始めました。
そして、今日の総会で大井中央町会副会長に任命されたのでございます。

RIMG0930.JPG

任命されたからといって名誉なことでもありませんし、たいしたことでも仕事が忙しくてそんな
暇などないと仰る方もいると思います。

総会のなかで議長の方が次期役員を選任するのにやる人がいなくて、星様が大変苦労なされた
ことをポツリ話してくれました。この気持ちはやってみなければ解らないことが悲しく思います。
誰かがやらなければ始まらないのです。

なぜ私が社長になったか。そう暇を作るためでございます。暇という響きが悪いのであれば
自由な時間を自分でつくりあげることができるからでございます。
つくりあげた時間のなかで人、町、地域に貢献していきたいのです。仕事を通して貢献していくのも
大事でございますが、仕事から外れたところでお役に立つことが会社の発展に繋がると
今の私は強く信じているのでございます。そして、それが私の生き方でございます。

前期会長のあいさつでも関わりをもちたくないのはやまやまかもしれないが、少しでも地域に
携わっていくことがこの町が発展していくことなので、これからも参加して欲しいと役員の方たちに
呼びかけました。仰るとおりだと私は思います。さすが前会長様でございます。

午前11時、満場一致のなか滞りなく総会修了とあいなりました。

4/3日 亀久保記念公園清掃会議 参照
にも地域について述べさせていただいておりますので、ご覧になって下さい。

床フロアー張替工事

| コメント(0)

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

RIMG0907.JPG
RIMG0921.JPG
RIMG0895.JPG
RIMG0916.JPG
RIMG0920.JPG

司会の進行 その2

| コメント(0)

4/20日(木)午後15時、川口市で不動産を経営している㈱アズ企画設計松本社長
主催による異業種交流会の情報交換に伺いました。

RIMG0910.JPG

月1回定期的にこの会を行っている松本社長にはいつも頭がさがります。
不動産もかなり動き出してきたらしく、ここからも景気が上向きにきていることが感じられます。

3/16日 エントリー 司会の進行 参照】をご覧になっていただきたいと思います。

松本社長は人の意見を引き出すのがたいへん優れております。
今日も充実した情報交換をさせていただきました。
これからも参加させていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

RIMG0911.JPG

人の不幸の上に自分の幸せはない

| コメント(0)

4/17日(月)午前11時、大泉学園の近くで不動産経営をされている(有)総合住販の
五十嵐社長様に会いに伺いました。お邪魔した理由は、御社に来る前に
五十嵐様の紹介で㈱創芸舎の森田社長様に会いに伺ったことの報告とお礼に来たしだいです。

五十嵐様には仕事を頂くこともありますが、仕事関係というよりプライベートでお会いする
ほうが多いかもしれません。

音楽と車が大好きで、好きなことをするために仕事にも、私の前では、いつもふざけていますが
そうとう営業努力をしております。

私の会社にもまめに顔を出していただき、二人きりになると人生についてよく語ります。
五十嵐様の生き方に共感できるところがございまして、常に遊び心と乗りを忘れないで、
フットワークを軽くしておくということです。

「今日飲み行くか?」 「わかった。すぐ行く」みたいな、今日の今日で用があれば別ですが
億劫がらづに誘われたら、喜んですぐに行く軽いのりが経営者には必要なのでございます。

RIMG0887.JPG

そういうことを五十嵐様も自分の尊敬する経営者の方から教わって実践してきたのでございます。
私も五十嵐様から教えて頂いた中からひとつ心にのこるアドバイスをいただきました。それが、

「人の不幸の上に自分の幸せはない 」 ということです。
自分が幸せになりたければ人を幸せにする。人を悲しませれば、幸せにはなれない。
まして弱い立場の人間の上に胡坐を掻くようなことは断じてしてはいけない。
今の私には、それが社員であると思うのでございます。

今日も五十嵐様から昼飯をご馳走になり、冗談を交わして御社を後にしました。

6/25日(日)におこなう音楽バンドライブの練習に今、五十嵐様も充実しているらしく
お互いその日が来るのを楽しみにしています。

超健康革命

| コメント(0)

題名  常識破りの超健康革命

著者  松田麻美子     定価\1,200

RENAME_Manual_20060419_15.gif

----天才たちは知っていた------

●美味しいものは消化器官を腐らせる (ウィリアム・シェークスピア)

●人々は無意識のうちに食卓で自殺行為を行っている (セネカ)

●もし食肉センターがガラス張りだったら、みんな肉食をやめることだろう (ポール・マッカートニー)

●健康と長寿に最も役立つものはベジタリアンの食事である (アルバート・アインシュタイン)

●敵の兵器によって死んでいく人より、自らの歯で墓穴を掘って死んでいく人のほうが
 多いというのはあまりにも悲しすぎる     (ピタゴラス)


ーーー私のひと言ーーー

 天才はさすが単刀直入に言葉の表現をなされます。私のように屁理屈をおっしゃりません。
 今日は私も単刀直入に健康について述べるなら

 アイム・ベジタリアン・・・・・以上でございます。

img002[1].jpg

熱い講演をなされる著者 松田麻美子様でございます。

RIMG0865.JPG

ペイントアート

| コメント(0)

4/6~4/8日まで東京ビックサイトで日本最大塗料・塗装産業の祭典。
第4回ペイントショーが4年に1回。開催されており、私も行ってまいりました。

今回、展示場に来て感じたことは、機能、耐久性、高品質の製品を強くアピールすることよりも
「色」という繊細な部分の中から「美」の感心が市場に向いていると私は、感じたしだいでございます。

ペイントショーのキャッチフレーズも
「ペイントがない世界は何色なんだろう。」でございます。
これでも感じていただけると思いますが、考えてみれば目に見えるもの全てにカラーが
あるのでございます。モノクロの世界は空想のなかでしか表現できません。

そろそろアウトドアからインドア、つまり内なる空間の中から幸せを作り上げていく
時代がようやく来ているような感じがするのは、私だけでございましょうか?

RIMG0795.JPG
RIMG0805.JPG

公共施設の壁、工事中の仮囲い、塀など都内に行くと絵画に近いペイントで歩行者を
楽しませてくれています。
いずれ塗装業界も格好良いセンスと仕事、人格を高めていかなければ、支持されないのでは
ないでしょうか。


 日本塗装工業会とスズカファイン㈱が共同開発したスウェード調仕上げ塗料
「フレツクススウェード」を紹介します。
 塗装の目的である保護、美装、機能のうち、特に美装を重視し、オリジナリティーに富んだ
色や質感に仕上げる芸術性の高い塗装工法でございます。

                【ラグローリング仕上げ】

RIMG0813.JPG
RIMG0814.JPG

                【木目調仕上げ】        

RIMG0815.JPG
RIMG0816.JPG

 ※フレックススウェードの施工は社団法人日本塗装工業会
  フレックススウェード工法技術研修を修了した者に限ります。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本

| コメント(0)

題名  自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本

著者  原田真裕美     定価\1,100


441303449X.09.MZZZZZZZ[1].jpg

本文引用 P66ページ

------ 私たちは人生を通して魂を磨くために生きています。仕事は魂の修行の場として
      大きな意味がありますが、なによりも大切なのは「仕事そのもの」以上に、
      「仕事を通して何が観られるようになるか」、「何を感じることができるようになるか」
      です。
   
      これは人間として成長するために、仕事を通してどれだけ魂的な意味を発見できる
      かです。その発見のクオリティーによって、人生のクオリティーが、大きく変わってきます。
      仕事で業績を上げても、人生の美しさを感じられなくなってしまっては、
      意味がありません。仕事のやる気が起きないときは、仕事を通して魂を磨く
      ことについて考えてみてください。

      それから、自分は仕事をしてお金を稼いで、それをただ欲しいものに使うだけの
      消費者人生を歩んでいないか、気をつけてください。
      やる気がおきないのは、魂が枯渇して虚しくなっているからかもしれませんから

-----私のひとこと-----

 著者の原田真裕美様はニューヨークに住んでおりオノ・ヨーコ様も絶賛しており、
 とてもきれいな方でまだ若く、つい最近お子様が生まれたとのことです。

 サイキック・カウンセラーとして活躍なされ、出会い・仕事・恋愛・お金とあらゆる面から
 幸せについて書かれています。どちらかというと女性向きの本かも知れませんが
 私も楽しく拝読させていただきました。
      


RIMG0864.JPG

金属ルーフ屋根葺替工事

| コメント(0)

 

RIMG0745.JPG

 既存のコロニアルの上にルーフィングを敷き詰めます。

RIMG0763.JPG

RIMG0761.JPG

RIMG0762.JPG

RIMG0791.JPG

 ※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

人の話なんか聞くな

| コメント(0)

題名  人の話なんか聞くな著者  堀場雅夫       定価\1,500

31147945[1].jpg

P1ページ はじめに  文面引用

 人の話に答えを求めてはいけない。答えはすべて自分の中にあるのだ。悩み苦しんでいる時
私は人の話しを聞かない。悩みが大きければ大きいほど、聞いてはいけない。

 誰でも悩んでいる時は人の話を聞きたくなるものだ。しかし私は、どんなに悩んでも
人から助言を受けたいと思うことはない。人の話を聞いたからといって、何も解決できない
ことを知っているからである。

 ときも状況も異なったところからスタートした成功者の真似をしても成功はおぼつかない。
他人に何かを求めても果実は決して得られないことを知るべきである。

 自分が本当にやりたいことをやり、自分の力を大きく伸ばしたいと思う人のために、
私はあえて苦言することにした。日本経済の低迷がまだ続くとしても、個々の人々には
やり方次第、考え方次第でいくらでもチャンスは生まれる。この本は自分の力で
大きくなりたい人へのエールである。

                    平成15年6月         堀場雅夫

----私からひと言----

 私のブログのはじめにも選択の決断について述べさせていただいておりますが、
自分の感じることに良いも悪いもないということです。
自分のやりたいことを素直に信じて実践していくことが、自分なりの自分らしい
生き方ができるとおもうのです。
 また生意気を言ってしまいました。

RIMG0863.JPG

「原因」と「結果」の法則

| コメント(0)

題名  「原因」と「結果」の法則

著者  ジェームス・アレン   坂本貢一「訳」  定価\1,200

ナポレオン・ヒル、デール・カーネギー、オグ・マンティーノなど、現代成功哲学の祖たちが
もっとも影響を受けた伝説のバイブル
聖書に次いで1世紀以上ものあいだ多くの人々に読まれつづけている。

31120322[1].jpg

ジェームス・アレン

1864年、英国生まれ。父親の事業の破綻と死から15歳で学校を退学。以後、さまざまな仕事
に就きながら独学で学び、38歳で執筆活動に専念する。
作家としてのキャリアは他界した1912年までの9年間と短いが執筆された19冊の著書は
世界中で愛読されている。

本文引用 P20ページ

-------自分の心をしっかりと管理し、人格の向上に努めている人達は、
      「環境は思いから生まれるものである」ということを熟知しています。

      思いと人格はひとつです。そして、人格は環境を通じて、それ自身を
      表現しています。私たちの環境は、私たちの内側の状態とつねに調和しています。

      環境は人間を創りません。私たちの環境は、私たち自身のことを外側に漏らすのみです。
      気高い思いばかりめぐらしている人が、邪悪な道に落ち、苦悩する、などということは
      けっして起こりません。同様に、邪悪な思いばかりめぐらしている人が、
      気高い目標を達成して真の幸せを感じる、などということも絶対に起こりません。


--私のひと言--

【2/2日 エントリー 盛和塾 参照】
 ここで私なりの環境と人格について生意気なことを書いてありますので、ご覧になって下さいませ。

盛和塾塾長稲盛和夫氏もこの著書を推薦しておられます。
 
RIMG0866.JPG

ノラ・ジョーンズ

| コメント(0)

ノラ・ジョーンズ

togp15006.180[1].jpg 
題名 Come away with me

cd0403[1].jpg

題名 feels like home


ジャズの名門、ブルーノートから02年にデビューしたノラ・ジョーンズ。シンガーであり、ピアニストであり、ソングライティングも手がけ、おまけに美人、という"大型新人"のふれこみに偽りのない逸材なのだが、音楽性をとってしても1つのジャンルに収束しないスケールの大きさを感じさせる。名匠アリフ・マーディンがプロデュースを手がけたデビュー作『ノラ・ジョーンズ(原題:Come Away With Me』を聴いてみれば、ジャズを媒介にしながらもカントリーやR&Bといったエッセンスの出汁がよく効いているのがわかる。もちろんスモ―キーなトーンのヴォーカル・スタイルも魅力充分だ。それを証拠に、第45回グラミー賞で「最優秀アルバム賞」「最優秀新人賞」など主要4部門独占、ノミネート8部門すべて受賞という快挙を成し遂げている。その後も破竹の勢いは留まることを知らず、2ndアルバム『フィールズ・ライク・ホーム』では全世界28ヶ国でヒット・チャート1位を記録。06年には、彼女の良きパートナーとして知られるリー・アレキサンダーらと共に、ザ・リトル・ウィリーズを結成。自身のルーツとも言えるカントリー・ミュージックに敬意を表したアルバム『リトル・ウィリーズ』を発表し、話題を呼んでいる。


朝の目覚めに久しぶりに聞くと、彼女の独特なスモーキーな声に癒される。
私も15年前、彼女がデビューしたブルーノートでレイ・チャールズを目の辺りにし、お会いしました。
その偉大なレイとデュエットしている「Here We Go Again with」も、なんともいえない味を出しております。


RIMG0774.JPG

チャイルドアート

| コメント(0)

4/6~4/8日まで東京ビックサイトで日本最大塗料・塗装産業の祭典。
第4回ペイントショーが4年に1回。開催されており、私も行ってまいりました。

RIMG0798.JPG

ピカソの絵は今だ私には理解できません。ゴッホの色合いには興味を持てるようになりました。
そんな私の目を引いた光景でございます。

小さな子供たちが意味も分からずただペンキを塗りたくって楽しんでおりました。

子供たちの絵はとても共通した書き方でございますが、大人には決して真似のできない
世界をかもし出します。これはまさにアートでございます。

チャイルドアートと私は名づけさせていただきました。


RIMG0799.JPG

大人になると、うまく書こうという完璧さを追求いたします。でも子供たちはあるがままの
素直な気持ちで、楽しく書こうとします。

大人も子供も精神が不安定ですと共通して色がくすんだ暗い色に変わっていきます。
絵画とはひとつの世界だと私は思うのでございます。

将来子供部屋の壁紙もキャンパスにして好きな色を作り出す。そんな家作りも素敵ですよね。

RIMG0800.JPG


 ※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

輪読

| コメント(0)

4/11日(火)雨。午後19時さいたま市東大宮、㈱テルミ御社で盛和塾埼玉Aグループ
輪読勉強会を行いました。

㈱テルミの高田社長様は不動産・建設関係の事業を展開しており、Aグループ世話人であり
盛和塾埼玉の副代表世話人でもあります。

RIMG0861.JPG

私は盛和塾という経営者の勉強会に参加させていただき、いずれ一流の経営者になるために、
色々な経営者の方とお会いしてご指導をいただいております。

今夜は一時間30分。盛和塾塾長の講演の機関誌の中から歴史上の西郷隆盛のリーダーになる
ための人材登用について輪読して意見を交わしました。

堅苦しいと思われる方もいらっしゃるとおもいますが、学校の授業のような、この声をだして
書物を読むということはやってみるとなかなか難しいのでございます。

視界に入ったものを声に出すということは、とても大切なこととされ、言霊として形になって
いくのでございます。「有言実行」とはまさにこのことかもしれません。

高田社長は徹底的に稲盛塾長哲学を咀嚼し実践実行しておられます。その結果が会社の
業績を伸ばし、着実な堅実経営をされております。
社員の方たちを「社員という名の家族」として接しておられ社員指導しておられます。

 下の写真は去る4/7日懇親会での一こまでございます。
4/8日 エントリー 世話人 参照
           (左下 和田様   中央 高田様  右下 私)

RIMG0851.JPG
P1010850.JPG

 上の写真は、昨年暮れの忘年会で焼きそばを焼く鉄板よりも熱く語っていただきました。

お金に学ぶ

| コメント(0)

題名  お金に学ぶ

著者  草間俊介    定価\1,500

31605040[1].jpg

P306ページ 本文引用


------あとがき-------


 人生では「好むと好まざる」とにかかわらず、誰にもお金の問題は付いて回る。
お金とどう付き合うかという設問は「人生をどう生きるか」という設問とほぼ等価
である。人生をどう生きるかを決めることが、お金とうまく付き合うために必須
なのだ。お金は、人生の強力かつ最高の道具である。しかし、その力故に使い方
を誤ると、人生そのものをこわしてしまう道具ともなり得るのだ。極めて鋭利な
ナイフと同じように慎重かつ大切に扱う必要がある。

 本書ではお金とは何か、稼ぎ方、使い方、貯め方、増やし方「投資」等について
役に立つと思われることを述べた。自分がどう生きるかという尺度を持って読んで
いただければ、参考になると思う。

 この本を書いて思ったことを結論的にひと言で言えば、豊かに暮らすにはお金だけでは
充分ではないということだ。どう生きるかということを抜きにしては、お金に降り
回されたり、お金に使われる人生で終わってしまう。その意味で江戸時代の昔より
「世の中は金と女が敵(かたき)なり」といわれている諺は正しい。

RIMG0773.JPG

富をつかむ運命の読み方

| コメント(0)

題名  富をつかむ運命の読み方

著者  浅野八郎     定価\1,300

31420995[1].jpg


現代のユダヤ人エリートに脈々と受け継がれる
数字で運命を読む技法カバラ
ヤンキース松井秀喜のメジャー行き決断を導いた著者が
明かす自分の運命の流れを知る指南書


P181ページ最後の行から

 なんども述べたが、社会の動きによって、なぜか、同じようなことが
一定の周期でくりかえされている。人間ひとりひとりに与えられる運命の
周期だけでなく、社会の動きや自然のリズムをも判断するさまざまな
方法をカバリストたちは工夫によって編み出してきた。その年に
どんな災害があり、どのような動きがあるのか。その年の持つ運命の
周期を知るためには、その年の運命数をチェックしてゆけばよい。

 冒頭でも述べたとおり、2004年の運命数を知りたければ、この年を
構成する4つの数字を全部合計して、一桁の数にする。もしも
「11」「22」になった場合は、足して「2」「4」にはせずに、そのまま
運命数と考えればよい。

※2006年の場合2+6で「8」になるのでP194ページ文面引用。


------運命数「8」の年 繁栄と驕りの年------

 9年間のカバラ周期の完結を前に、明るさと暗さが共存している。
昨年までの7年間の結論が、それぞれの物事に、はっきりとくだされる。
その象徴こそが、1997年の山一證券の経営破綻である。

 しかしながら、繁栄という審判がくだされたとしても、安心はできない。
じつは大きなリスクをはらんでいると考えたほうがいい。
苦労が実ったという実感はある。なんでも力で押し通すことができるという
嫌なムードも忍び込んでくる。

 たとえば1970年に催され、大成功を収めた日本万国博覧会は、戦後復興、
高度経済成長の象徴である。それは、まさに繁栄を意味するが、その後、
日本は経済力をバックに世界を制しようと動き出し、エコノミックアニマル
という蔑称を得るにいたった。だからこそ、審判を冷静に見つめなければならない。
繁栄の喜びにわれを忘れてはならない。また、たとえ衰退という審判が
下されても、すべてを奪うものではなく、「変われ」という合図だと考えていい。
そこを見極める確かな目があれば、ビジネスチャンスがはっきり見える。
 そのとき、富をつかむ鍵となるのは、主張である。自らの主張はもちろん、
他人の主張に耳を傾けることで、審判の本質がわかる。

RIMG0775.JPG

※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

地上デジタルテレビ情報

| コメント(0)

4/10日(月)午後14時30分雨。 ふじみ野市大井総合支所で町会の役員さんを集めて
地上波デジタル放送移行に伴う基礎知識の説明会がありました。


RIMG0859.JPG


大井町自冶会会長の青柿様の司会で約1時間30分行われました。

2/11日 エントリー 灯油の価格より高いもの 参照

RIMG0858.JPG

2011年7月24日をもって、地上デジタル放送に対応していないテレビのままでは視聴
できなくなります。
地上デジタル放送に対応したテレビに取り替えるか、地上デジタルに対応したテレビチューナー
の取り付けが必要となりますのでご購入時は、ご注意下さい。

地上デジタル放送は、放送方式の特性から、建物や送電線等による受信障害の多くは
解消されることが見込まれます。

RIMG0860.JPG

質問のなかで詐欺事件について心配されている町民の方が多く見受けられました。

デジタル放送になるからとケーブルテレビへの加入を勧められることがあるようです。
ケーブルテレビへ加入をしないと地上デジタル放送が見られなくなるわけではございません。
加入契約に際しては、本当に必要なものかどうか、慎重に考えましょう。

第4回ペイントショー2006

| コメント(0)

4/6~4/8日まで東京ビックサイトで日本最大塗料・塗装産業の祭典。
第4回ペイントショーが4年に1回。開催されており、私も行ってまいりました。

RIMG0793.JPG

「ペイントがない世界は何色なんだろう。」を、キャッチフレーズにたくさんの人達が
訪れました。

RIMG0794.JPG

塗料の技術もかなり進んでおり、環境をテーマにすばらしい商品が展示されていました。

おって、リホーム知識のなかで紹介していきたいと思います。

RIMG0796.JPG
RIMG0820.JPG

今回、車で行きましたが、電車より車のほうが楽ですしぜんぜん良いですね。
有明の景色が気持ちよかったでございます。

RIMG0821.JPG

世話人

| コメント(0)

 4/7日(金)午後17時。ふじみ野市立産業文化センターで経営勉強会が行われました。
私は、経営とは何かを学ぶため盛和塾という経営者の勉強会に参加させていただいて
おります。

 【2/2日 エントリー 盛和塾 参照

盛和塾埼玉では四つのブロックに区分けして、Dブロックの代表世話人を私がやらさせて
いただくことになり、盛和塾東京代表世話人の石塚様を講師としてお招きして、会の主催を
私たちDブロックが担当することになりました。

 【3/10日 エントリー 持て成す心 参照

RIMG0824.JPG

 準備期間から約2ヶ月。このような会をまとめることは初めてのこころみであり、
責任を全うできるか正直不安でございました。
 
 集客数も20名来ればいいだろうというところを私は倍の40名を目標にかかげ
当日32名の方に出席していただくことができました。

RIMG0825.JPG

 石塚様の堅苦しい話ではなく、笑いを交えての話のなかで今までの生い立ちを語って
いただきました。大変な苦労をされたことが笑いを交えての話の中に、すごい重みを感じる
のは、石塚様の度量の深さだと思うのでございます。

 1時間30分の講演も滞りなく終わり、懇親会には全員参加に近い29名の方が参加して
いただきました。これもまれだと皆さん驚いていました。

 懇親会はふじみ野駅西口の「大(ビック)」で楽しい2時間を過ごしました。
 
 【4/6日 エントリー 乾杯 参照

RIMG0827.JPG

 来ていただいた皆様から、「大成功だね。ほんと来て良かったよ」と言っていただき
うれしく思っております。いままで招かれてた私が、招き入れる立場になり
いかに、参加してくださる人達に心から「ありがとうございます」という気持ちになれたか、
その答えが、こうして来ていただいた方たちに喜んでいただけたことだと思います。

RIMG0839.JPG

            【左 神田 様      右 島崎 様】
            【左 高橋 様      右 金子 様】

RIMG0834.JPG

 全ての会が終了して、事務所にもどり、ふとこんな詩ができましたので
紹介させていただきます。


  
------幸せすぎると生きている意味が分からなくなる
    
     傷つく心があるからあなたをみつめられる

     幸せすぎて笑っている顔より

     苦しくても笑っているあなたの顔が好き

     無理してがんばっているあなたの背中に手を触れたら

     一粒の涙を見せてくれたね

     あなたがそばにいると明るくなる

     あなたがそばにいてくれるだけで希望が見える

     そんな人間に私はなりたい----------


                              作詞  薄井宣正

      

名刺

| コメント(0)

4/4日(火)午後4時 東京武蔵野市堺で名刺を作成していただいております
(有)ジャストウィング吉川社長に私の新しい名刺を作っていただき、完成したと
連絡がありましたので伺いに行きました。

RIMG0783.JPG


名刺とは氏名・住所・職業・身分などを印刷した小形の紙。
語源・由来は名刺の歴史は古く、中国では唐の時代から見られる。
当事の中国の名刺は紙ではなく竹木を削って姓名を刻んだもので「刺」といった。
そこから、その名刺のようなものを「名刺」と呼ぶようになり、
日本でも「名札」や「名紙」ではなく「名刺」という語を用いるようになった。
江戸時代以前の日本の名刺は、和紙に墨で手書きされたもので、
印刷名刺は開国前後といわれる。

RIMG0785.JPG


今回、私がデザインしたイメージは、この名刺の常識に外れた考えで
構成してみました。
名刺交換でまず名前が最初にきて自分をアピールしますが、はじめてお会いして
第一印象が良く、キムタクのような有名な方なら覚えていただきますが、
私のような人間ですと第一印象が良いとはいえませんし、これという
インパクトもございません。
複数の方たちの集まりの場所で、名刺をいただいても誰の名刺か判らなくなって
しまうのは私だけでしょうか?

 どうせ名刺交換させていただいたのなら、目立った方が良いと思うのでございます。
先ず、名前よりもその人の存在を植えつけるところからはじまり、名前はみよ字さえ
判れば良いし、下の名前に興味のある方はそれほどいないと感じます。
名前も一回だけでは印象が薄くすぐに忘れられてしまうかもしれません。

 私は弊社のホームページを少しでも多くの人に見てもらいたく、その一環もふまえて
ホームページのドメインをトップメインにさせていただきました。
そして、シンプル・イズ・ベストで祖国日本。日の丸をイメージさせていただきました。
名刺はその会社・人格の象徴であり、とても大切な物だと重々察しております。
年配者の方が見たら「なんだこれは、常識のない奴だ」と思われる方もいるとおもいます。
吉川社長も「薄井さんの内容を聞く前は私もびっくりして今までの名刺の常識では
考えられなくて、これからどうなるか楽しみだよ」と言っていました。

 何回も何回もコミュニケーションをとりながら時間をかけてお互いの信用を築いていきます。
しかし、出会いの中で、そこまでたどり着けずに過ぎ去ってしまう人が大勢います。
それをご縁というのかもしれませんが、ただ名刺交換という形で終わらせるのではなく
ご縁を自らの手で作り上げていくことも必要だと思うのでございます。

 私から名刺を渡されて、何日かしてふと名刺を見たとき、たしかこの人あすこで会ったよな
と、ふと思った時にホームページの私のブログを見ていただけたら、私のことをもっと
理解していただけるのではないかとおもうのでございます。

 そんな上手くはいかないかも知れませんが、私の理想であり、そうなっていくと思います。
吉川社長ともひさびさにお会いして、変わらない笑顔でいろいろ話しを聞かせていただきました。

 「薄井さん。やっぱ金額で仕事をとっても限界がくるね。去年それを強く感じたよ。
 お客さんは、安さよりもその会社、その人の安心を求めてるんだよ。信用が
 一番大切なんだよ。それを改めて気づかせてもらったよ」

笑いながら私に教えていただきました。これからもよろしくお願い申し上げます。

 ※裏面には、名前・住所・電話番号を記載しております。

亀久保記念公園清掃会議

| コメント(0)

19時。大風吹き荒れるこの日。大井中央自冶会大亀会会長として、初の会議参加でございます。

今までこういう町の参加には積極的ではありませんでしたので、幾分緊張しておりました。
今回の議題は18年度ふじみ野市亀久保区画整理記念公園清掃分担の打ち合わせで
ございます。星会長の進行のもと1時間の会議で無事終了いたしました。

RIMG0776.JPG

会社の会議と町の住民様の会議では、内容も感じ方もぜんぜん違ってきます。
会社の場合は多分にトップの権限、進行で方向性が定まります。ところが
住民の方たちにはトップはいません。会長というリーダーはいたとしても権限は
ございません。だから会社の会議よりまとめるのに大変だと感じました。

意思の伝達・決定・連絡・報告これを末端の住民の方に理解してもらうには、
お互いの町を良くしていこうという意識がなければ意思の疎通は図れません。

若いときは、こういうことに無関心でございました。しかし現在の事件をみても
殺人・強盗・窃盗・誘拐・幼女虐待とおぞましい事件が多発しております。

RIMG0701.JPG

弊社の隣がその亀久保記念公園でございます。午後の陽ざしを浴びてはしゃぐ子供たちの
笑い声が絶えません。私にとってとても喜ばしいことです。

ニューヨークのセントラルパークでレイプ連続殺人事件がおこり、また一人の女性が狙われる
瞬間に警察に取り押さえ逮捕されました。犯人はその時奇妙なことを言ったのです。

「確かに襲うとしたが、彼女は一人じゃなかった だから襲うとは考えなかった」と、
しかし、彼女は一人で歩いていたのです。

お化けでしょうか。そうかもしれません。それでも犯人に一人ではないということで助かった
のです。彼女自身、強運の持ち主かもしれません。それもあると思いますが
私は、何かに守られたと思うのです。守護霊というものかもしれませんが、その時の自然の
流れかもしれません。
私にも別れた娘がおります。今どんな暮らしをしているのかも分かりません。いつも幸せ
でいるように願っています。そして身近にいる名前も知らないここで遊んでいる子供たちが
安全で安心した環境で過ごせるよう、少しでもお役に立つことが回りまわって私の娘も地域の人もしくは、縁した方たちから助けられて生きていけると強く信じているのでございます。

きれい事抜かすなと言われる方もおられると思います。生意気ついでに言わせて貰うと
一文字足りません。きれい事ではなくきれいな事を私はやろうとしているのでございます。

自分の子供をみるだけで精一杯。とにかくわが子を守りたい。ならば他の子供に意識を
向ければいい。仕事で精一杯。自分の家庭を守りたい。ならば仕事以外の地域に目を
向けてみればいい。それが偽らない今の私の考えでございます。

あーーーーー。また生意気なことを言ってしまいました。申し訳ございません。

1/29日 エントリー 地域町内の役員さん 参照

3/26日 エントリー 自冶大亀会総会 参照


【下の写真は昨年12月に行われた中央町会もちつき祭りの様子でございます。】
P1010869.JPG

生きがいの創造

| コメント(0)

題名  生きがいの創造著者  飯田史彦 様    定価\1,500


31107005[1].jpg

P126ページの本文より引用。

-----人生設計のしくみ------


 私たちの人生計画を、研究者たちの成果にもとづいて、私なりにわかりやすく
表現してみると、次のように説明することができるでしょう。

 私たちは、自分で自分に与えるべきいくつもの問題(人生の課題)が、人生の
最適な時期に生じてくるように、いわば「自動発生装置」をしかけておきます。
その問題が生じた時に、「良心的な、愛のある、前向きの解決方法」を選ぶか
逆に「良心的でない、愛のない、後ろ向きの解決方法」を選ぶかという、大きく
二通りの選択肢を用意しておくのです。それら多数の問題のそれぞれの選択肢を
分かれ目として、私たちの人生は、まるでフローチャート(枝分かり図)のような
しくみになっているのです。

 そして、その問題に直面した自分が、ここで、「良心的な、愛のある、前向きの解決方法」
で対処することを選ぶことができた時、私たちはその問題をみごとに解いたことになり、
成長の階段をひとつ上がることができます。もしも、そこで
「良心的でない、愛のない、後ろ向きの解決方法」を選んでしまった場合には、
依然としてその問題は残ったままで、さらに厳しい試練に直面するようなしくみを
用意しておくのです。

したがって、次々とあらわれてくる問題に対して、つねに
、「良心的な、愛のある、前向きの解決方法」
で対処するよう心がけていれば、その人生は
どんどん楽しい方向へと進んで行き、自分を助けてくれる温かい人々が不思議なほど
次々にあらわれ、充実しきった人生になっていきます。しかし、いつも
「良心的でない、愛のない、後ろ向きの解決方法」で対処してばかりいると、緊張
争い、疑い、敵意に満ちた方向へと進んで行き、転落と苦難につながる事件が不思議
なほど次々におそってきたり、自分を守ってくれる人々が次々に去っていき、厳しく
さびしい人生になっていくのです。

このような現象のことを、私たちは、「運が良い」とか「運が悪い」とか呼びますが、
「運」というのは、こうして自分自身で用意しておいた「ごほうび」や「試練」を、
自分でえらんでいるということなのです。

 これらは、すべて生まれる前に計画ずみのことであり、
「良心的な、愛のある、前向きの解決方法」で対処した場合にあらわれてくる温かい
人々も、「良心的でない、愛のない、後ろ向きの解決方法」で対処した場合に冷たい
態度をとってしまう人々も、みな「ソウルメイト」(魂の友)です。

 それぞれのソウルメイトには、生まれる前に、「自分がこのような言動をとったら、
あらわれてくれ」とか、「自分がこのような言動をとったら、こう対処してくれ」という
お願いをしておきます。相手の人間は、その時、
「どうしてなのかわからないが、なぜかそのような態度をとってしまう」というかたちで
自分の人生計画に協力してくれるわけです。

 その意味では、のちほどくわしく説明しますが、自分に協力してくれる人も、
自分と敵対している人でもすべて大切なソウルメイトなのです。
敵対している人でさえ、たまたま今回の人生では、「自分が間違った選択をした場合
に警告を発してくれる役割」をになってくれている場合がすくなくありません。
もちろん、相手の人々もみな、自分の人生設計を生きているわけですから
「だかいに良心的解決を心がけた場合」「一方だけが良心的解決を心がけた場合」
「たがいに良心的でない解決を心がけた場合」など、いくつもの問題解決状況に
応じて、事態の展開を計画しておくこともあるわけです。

-----動機こそが大切------

「自分が何をしたかということよりも、なぜそうしたのかということの方が、はるかに
重要だということに気づきました。例をあげれば、人生の回想のなかで、理由もなく
他人をなぐりつけた時の方が、相手からけんかをふっかけられたために、しかたなく
やり返した時よりも、ずっと胸がいたみました。
おもしろ半分にだれかを傷つけている自分の姿を思い返すのが、何よりもつらい
ことでした。何か理由があったうえで、やむをえずだれかを傷つけてしまった時の
ことを思い返す場合は、それほどつらい思いはしなくてすむのです」

この証言からもわかるように、私たちが予定どおり問題に直面して解決を迫られた
場合、そこで「正解か、不正解か」を決めるのは、「なぜ、そうしたのか」という
動機の質であるようです。

私たちがとる言動の動機(理由)が、「相手を傷つけようとする意図的な悪意」で
あった場合がいちばん「不正解」であり、「おもしろ半分の悪意」も、やはり
「不正解」です。「悪意はなかったが、しかたなく相手を傷つけた」という場合には
結果として「良心的な、愛のある、前向きの解決方法」ではないため「正解」とは
いえませんが、はっきり「不正解」というわけでもなさそうです。

3/7日 エントリー ブログ 参照。」
ここにも同じ考えを書いてありますのでご覧になって下さいませ。


RIMG0765.JPG

MISIA ; SINGER FOR SINGER

| コメント(0)

アーティスト   MISIA

題名       SINGER FOR SINGER   


RIMG0753.JPG


歌姫と呼ばれてふさわしいアーティーストでございます。
このアルバムは色々なミュージシャンとの作品をアレンジした曲で構成されています。

その中で私が一押しする「風のない朝 星のない夜」の素敵な詩を紹介します。


         
            ------風のない朝 星のない夜--------

                                   作詞  宮沢和史(THE BOOM)


全部じゃなくていい 笑い声 横顔

あなたの小さな欠片を ひとつだけください

いつか見せてくれた 遠い国の写真

あなたが夢見る世界へ 私を連れて行って

  風のない朝は風になり 羽ばたくあなたを包みたい


全部じゃなくていい 独り言 ため息

あなたの小さな欠片を 少しだけください

あなたの声が好き 選ぶ言葉が好き

あなたが話す物語 そこへ連れて行って

 
   星のない夜は星になり 微笑むあなたを照らしたい 

   風のない朝は風になり 羽ばたくあなたを包みたい


   星のない夜は星になり 微笑むあなたを照らしたい 

   風のない朝は風になり 羽ばたくあなたを包みたい

                  羽ばたくあなたを包みたい

| コメント(0)

RIMG0737.JPG

春本番。今日から4月でございます。入学式をふまえた親御様とお子様の行事がある
季節でございます。

朝7時前、穏やかな朝日が照らす弊社玄関前の花壇の花たちでございます。

親    「こらー。いったい誰のおかげで生きてると思ってるんだー。親の言うことを聞きなさい」

子供   「好きで生んでくれと頼んだわけじゃないよ」

どこにでもある、とある親子の会話でございます。

花はいったい誰のために生きているのでしょうか?
私が思うに誰のためでもなく、ただそこに生きているだけだと思うのでございます。
自分のためとかだれかのためとかで花を咲かせているわけではない。
季節の変わり目のなかただ生きつづけているだけだと思うのでございます。

しかし、それを見る側は、なにかを感じ、花から色々なものを与えてくださいます。

現に近くを通った住民の方たちから「いつもきれいな花をみせてくれてありがとう。」
「目の保養になるね」とかお褒めの言葉をいただきます。

花はその人達にとってなにかを与えたのです。そして私も花のお陰でその人達から
素敵な言葉をいただきました。とある場面でございます。

戦場のピアニスト」という映画を見た時、最初のシーンだと思いますが、戦争という
日々をおくっている悲惨な状況のなかでピアノを弾いているスタジオの片隅に
花束が花瓶のなかで私の目のなかに焼きついたのでございます。

asby-2361[1].jpg


生活が荒んでいても、苦しくても花束を飾る西洋の人達の気品の高さと部屋の空間を
昔から大切にしていることがこのシーンで分かりました。

私も花のようにただいるだけで素敵な人間でいられるよう自分を磨いて生きたいと思います。


2/26日 エントリー 登録商票 参照。】にも花について書いてありますのでご覧になって下さいませ。


※ナイガイセルフのホームページは こちらをクリック して下さい。

工務店・一戸建て・防犯住宅ならマネジメントホーム

一戸建て・工務店をお探しなら、マネジメントホームで防犯住宅の家づくり。一戸建て・注文住宅は家族が安心に暮らせる住宅を建てませんか?

MTBlog42c2BetaInner

2012年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ナイガイセルフ社長


ナイガイセルフ
代表取締役 薄井宣正
住宅リフォームや内外壁塗装など、自然塗料の施工リフォームを提供している会社社長
by Nobumasa-Usui


ナイガイセルフホームページへ!"
ナイガイセルフホームページへGo!
人気ブログランキングへ
人気blogランキングへ
投票お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ


にほんブログ村 ビジネスブログへ

のサイトを登録! by BlogPeople
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.261